青函連絡船

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「青函連絡船」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「青函航路」の項目を執筆しています。

青函連絡船(せいかんれんらくせん)は、1908年から日本国有鉄道および東日本旅客鉄道が運行していた鉄道連絡船。

概要[編集]

山梨県富士河口湖町の木ヶ原と、静岡県箱根町の箱根(根)湯本駅を結ぶ鉄道連絡船であった。途中は山岳地帯のためインクラインや閘門を要したが、卯酉新幹線の開業まで地域輸送に貢献し、惜しまれつつ廃止された。

連絡船開業までの青函航路[編集]

箱根湯本から先は、登山鉄道が新幹線規格の路線を開通させていたが、資金不足から途中の強羅(ゴルア)まで15kmを完成させたのみであった。

青函連絡船以外の方法で岳北地域岳南地域を結ぶ道路や鉄道は極めて不便なものであり、例えば富士市から岳北地域を目指すと、鉄道の場合は東京都内まで迂回し5時間を要した。自動車の場合も、現在でも高速道路を使用し渋滞がまったくない場合で4時間強かかるが、実際は東富士五湖道路にすれ違い困難な場所があったり、戦車が道を塞いでいるために御殿場市内が激しく渋滞したり、ムーラン乙女に吹き飛ばされたり、道を誤って戦車砲の的になったりするため、8時間近くかかることも珍しくない。

富士山の北側では、富士山麓鉄道により、東海道本線の御殿場駅から、富士吉田を経由して中央本線の大月駅までの鉄道路線が開通していた。

しかし、熱海付近と同様に、動力が生物のため非常に時間がかかった。のちに関東大震災で壊滅したことから、専用軌道へ切替えられ、併用軌道であった御殿場~富士吉田および雁坂峠~富士吉田の区間は廃止された。また、岳南地域からは富士身延鉄道が延びていたが、富士山麓鉄道と直接つながることはなく、甲府方面へ富士山の裏側を抜けていくルートとなった。

その後長期にわたって鉄道の延伸はされず、道路も日本一高い場所を走る酷道であった。

青函連絡船開業後[編集]

箱根側を航行中の青函連絡船

青函連絡船は、「天から剣が落ちてくる」「韓国人のならずものが住む鮮人の谷があり、勃起のつわものでないと越えられない」「バンジョーをかき鳴らしてクマを追い払いながら越える」などと呼ばれた裏箱根を抜ける、鉄道連絡船の航路として建設が進められた。

早川の河床を掘り下げ、閘門を設置し、数々の難工事が行われた。明治時代なのになぜか強制連行した朝鮮人を動員したという記録があり、現在でもプロ市民の非難対象となることがある。

1900年9月21日に初めて青函運河を第一便が航行した。本栖湖以西の青木ヶ原を越える部分は工事が遅れたが1909年に開通した。その後1928~1929年にかけて付近の交通網との連絡が進み、富士五湖は山梨県・静岡県の水上輸送の要となる。

年表[編集]

  • 1909年3月7日 旧上九一色村までの航路が完成、青木ヶ原まで延伸される。
  • 1923年9月1日 関東大震災は笑えた。死者1万人増え…(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
  • 1928年10月1日 富士川まで全通し、富士市や甲府市との水上輸送も盛んに行われるようになった。
  • 1929年6月25日 富士急行により富士吉田までの航路が開設された。富士吉田で富士急行鉄道線と連絡し、大月方面への輸送が実現する。
  • 1945年8月5日 米軍機の攻撃で壊滅状態となり、52名が死亡した。
  • 1952年9月26日 付近を台風15号が直撃し、5隻の連絡船が沈没する大惨事となった。
  • 1971年3月1日 転覆事故を起こし17名が死亡した。
  • 1987年4月1日 国鉄分割民営化。以後は東日本旅客鉄道が運行を行う。
  • 1988年3月13日 青函トンネル開業と同時に廃止。
  • 2010年3月26日 鮮人の谷で、韓国艦が爆発し真っ二つに折れて沈没、46名が戦死もしくは行方不明。李博士大統領と鳩山日本府総督は、雷により沈没したと発表、天から剣が落ち艦が切られたとの噂を否定。

終焉[編集]

数々のもの悲しい歌詞に歌われるように、青函航路は、人生の敗者を青木ヶ原に送り届けるルートとして中央本線と共に愛用されたが、1980年代以降は都市部でのグモッチュイーーンが増加し、中央本線に旅客を奪われて旅客需要の落ち込みがみられていた。

国鉄分割民営化後もしばらく運営が行われたが、のちに卯酉新幹線となる青函トンネルの開業と同時に廃止された。

廃止後[編集]

廃止後も数隻が富士五湖で観光用に使用されている。第三新東京市でも1隻を保存し観光用に使用している。残りは売却され、フィリピンでエクストリーム・タイタニックの競技に使用されたり、将軍様の国で廻船問屋が抜け荷を行うために使用したり、さまざまな目的に転用された。

貨物輸送については、身延線や中央本線で代用されたが、付近の交通渋滞が激しくなったとの苦情もあるという。

青函航路自体は、渋滞と走り屋と珍走団の多い富士山麓を避けるため、また休憩して女性を個室に連れ込んだり、付近の名産である「ブドウジュース」や「麦ジュース」で酒盛りを行うなどのため運転者に人気が高く、JRの撤退後も民間により航路が継続されている。最近は、スピードの向上目的で「ヤッチャンrera」などの新型船が建造された。

青函航路で行方不明になる自殺志願者は近年でも多い。スピード輸送を目的とした高速フェリーのため、身投げした遺体はグモと同様にバラバラになり上がらないとされていた。最近も、清純派女性歌手として人気であった、のりぴーが山梨県内で行方不明となった。しかし、実は別のスピードアップをしていたことが判明、薬が抜けた6日後に自首し逮捕された。

卯酉新幹線は橋本駅を通すか相模原駅を通すか、また、すでに中央新幹線が通っている新飯田駅(アルプス中央駅)を通すかどうかで、3たび路線決定が紛糾し着工が大幅に遅れたが、すでに中京(ちゅんきん)特別区まで開通しており、2700年度までには大阪民国まで全通する見通しである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「富士急行」の項目を執筆しています。

関連項目[編集]

第一青函丸