静物

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情メロンパンが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。
静物界
分類
ドメイン: 非真核生物? Uneukaryota
界: 静物界 Objectia

静物(せいぶつ)とは、動物の対義語、死に物(⇔生き物)と同義語であり、外部から何らかのエネルギーを得て動く能力のある存在ではないものである。

概要[編集]

脊椎、無脊椎静物[編集]

  • 形がはっきりしており、持ち上げても形状の変化しないものを脊椎静物という。(例:花瓶、岩)
  • 逆に、形がはっきりとせず、持ち上げようとしてもへんまがったり落ちたりしてしまうものが、無脊椎静物という。(例:粘土、水)

[編集]

  • 鳥類

脊椎静物の中で、空を飛ぶものを鳥類という。静物のなかで鳥類は比較的多い。(例:飛行機)

  • 哺乳類

をどうにかするものを哺乳類という。(例:哺乳瓶、牛乳瓶、粉ミルク)

  • 両生類

水、地上、両方で生息している静物は両生類と呼ばれる。(例:ジオン水陸両用モビルスーツ)

  • 爬虫類

うろこを持つ静物は、爬虫類とされる。(例:うろこのよろい)

  • 魚類

海にのみ生息できる静物は、魚類として分類される。(例:魚雷)

その他の静物[編集]

  • 身体が複数のパーツの集合で成り立つものを節足静物という。(例:三節棍、電車)
  • 無脊椎静物の中でも特に軟らかいものを軟体静物という。(例:豆腐)
  • 棘が生えていてちくちくするものを棘皮静物という。(例:まきびし、剣山)
  • 毒があり触ると激痛が走って手が腫れたりするものを刺胞静物という。(例:硫酸、高圧電線)
  • なんだかもっこりしていてうねうねするものを海綿静物という。(例:バイブ、電動こけし)

芸術における静物の価値観[編集]

人間の、静物という存在に対する興味にはすさまじいものがあり、芸術面にも大きな発展を遂げた。それが静物画である。静物画の歴史は古く、発見されているうちで最古のものでは、紀元前1世紀のものがある。またルネサンス全盛期にも、静物というものの再発見ということで、静物画を描く画家たちが後を立たなかった。現在は、擬人化美少女という形で引き継がれている。

絶滅危惧[編集]

動物と同じく、静物にも絶滅危惧となっている静物種が存在する。以下に、主な絶滅危惧の静物を紹介しておく。

  • 魔法瓶 (LC,軽度懸念)
  • 8インチ型フロッピーディスク (CR,絶滅寸前、CD(コンパクトディスク)に突然変異したという説もある。)
  • ポケットベル (EW,野生絶滅)

関連項目[編集]

この項目「静物」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)