預言

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

(よげん)とは、文字通りけられた葉のことである。予言とは全くの別物であるが、共通点も多いため混同されることがある。、要するに予言のことである。早い話、無意味なたわごとだ。

言葉の主体[編集]

先にも述べたが、預言とは預けられた言葉である。つまり、言葉を預ける主体が、言葉を発する主体とは別に存在している。大体において他人に何か言わせるなんてろくな奴のすることではないと相場が決まっているがでは、誰かに言わせた言葉なら何でも預言かというとそう言うことでもない。言葉そのものの主体は、を名乗るろくでもない電波でなければならない。

預言と予言[編集]

預言の「預」とは、「あらかじめ」「前もって」という意味である。正しくは「豫」と書くが、その同義異体字が「預」である。さらに、この右側を略した「予」という字ができた。意味はいずれも同じであり、「預言」も「予言」も「あらかじめ言う」という意味の言葉である。

とまあ、これは中国での話。日本では「預」の字に「あずける」というやまとことばが当てられ、そのうち、「あらかじめ」の意味は「予」の字がもっぱら受け持つことになった。なので、「将来起こることをあらかじめ言うこと」を「予言」とし、「何か超常的な存在から言葉を預かる」ことを「預言」と分けるようになったのも、まあ、流れとしては理解できる。

まずは相違であるが、預言が預けられた言葉であるのに対し、予言は今後のことをうものであるということだろうか。もっとも、違うところなんてその位だが。

では共通点だが、もっとも大きな共通点はただ、どちらも「言葉自体はなんだかもっともらしいがよく聞くと言っていることの意味がさっぱりわからない」ので、どっちにしても聞き流してしまって全く問題ない。さらに、言葉に従ったところでろくな結果を招かないと言う共通点もある。宗教にはまるか、宗教のようなものにはまるかと言うくらいの差はあるが。なんで、頭の硬いウィキペディアン以外は、違いを気にする必要はない。本来違いのない言葉なのだから。

ここからわかるように、成り立ちが違っても結局行き着くところは同じなのだが、違うものだと頭の固いところに書かれているので違うものなのだろう。

現代の預言[編集]

こういうところでいくらでも聞くことが出来る。もっとも聞きすぎると仲間入りしかねないので注意が必要だが。

街中でそう言うのを聞いた場合は、警察の怠慢だ。交番に文句を言いに行くと良い。もし、そう言うのが本当だと思うのなら…あなたには先祖のカルマがついている。落とすには壺や印鑑を購入すべきだ。私が販売しよう。

Bouncywikilogo.gif
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「預言」の項目を執筆しています…


この項目「預言」は、気違い死に物狂いで書いたものです。今はまだ狂った内容しかありませんハイ狂わせてくれる精神異常者を探しています。 (Portal:スタブ)