風車の弥七

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

風車の弥七水戸黄門の部下。黄門に同行し全国各地で犯罪捜査を行う。

捜査手法[編集]

かつて、風車の弥七の捜査手法といえば、地元の賭場客を装って入り情報を集めたり、ヤクザ用心棒に雇われて情報収集したり、汚職をしている代官の屋敷の屋根裏に侵入したりといった方法であった。

この方法は大変効率がよく、どんな汚職も60分(正確には45分ぐらいか?)以内で見つけられた。

また、水戸黄門(徳川光圀)も弥七に絶大な信頼を置いており、弥七の証言であれば録音録画を求める必要はなかった。

近況[編集]

最近、人権団体などがおとり捜査に対する批判を強め、悪代官屋敷への侵入による捜査などが規制されつつある。
これは、全国の悪者に泣かされている庶民を無視したもので、批判が多く寄せられているが、人権団体犯罪者人権を守るためには被害者の人権を無視するというスタンスのため、いっこうにこの状況が改まる様子はない。

このため、弥七の捜査手法も変化を余儀なくされている。

捜査対象のに着いて、昔だったら、まず町の賭場に行ったりヤクザと接触を試みたりしていたものだが、今は違う。 今は、まず町に着いたら行くのはネットカフェだ。そして検索エンジンで、例えば「仙台藩ってどうよ」とか「津軽藩 裏事情」とか検索ワードを入れて情報を集めるのである。

したがって、武術はもちろんだが、ネットでのさまざまなテクニックも身につけておかなければならない。

関連項目[編集]