飛ぶ教室

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「飛ぶ教室」の項目を執筆しています。

飛ぶ教室』(とぶきょうしつ、Das fliegende Klassenzimmer)は、私エーリッヒ・ケストナーが夏の真っ盛りに書いたクリスマスストーリーです。なぜそんな奇妙なことをしたかですって?だってそうでもして書かなかったら、その年のクリスマスプレゼントはなしだって、がいったものですから。

概要[編集]

母に手紙で絶えず急かされながら私が書いたのは、寄宿学校に暮らす色々な子供たちの物語です。われらが小さな文学者ヨナタン・トロッツや苦学生マルチン、物知りなゼバスチアン、ボクサーのマチアス、そして「弱虫」ウリーがクリスマスを迎えるまでのお話をここに全部書いてしまってもいいのですが、みなさんの楽しみをぶちこわしにしかねませんし、何よりアンサイクロペディアの偉い人たちに怒られてしまいます。どこにも偉い人たちはいて、たいがい怒るのが好きなものです。もちろんベク「正義先生」のような人もいるのですがね。

愚かで、むだに勇気のある乱暴な大人たちは、自分の子供時代を忘れ、子供がいつも陽気なものだと思い込んでいます。本当は悲しい時も、不幸な時もあるというのに。私の本を読んだ子供たちには、大人になっても子供時代を忘れないでいてほしいと、それだけを心から願っています。

かつての子供たちの声[編集]

とある女性[編集]

やっぱこの絵柄ですよね!

『飛ぶ教室』ってやばくないですか?もろアンテナに反応するんですけどww まずマチ×ウリは鉄板ですよね、ヨナ×マルもまあると思うんですけど、やっぱりマルチンはテーオドールとのカップリングが最強ですよね、ビジュアル的に。まじ『トーマ』みたいな。あとヨナ×ベクでヨナが攻めだったら萌えますよねフヒヒ…涎が

とある男性[編集]

ホームシック
ウリーは勇気を振りしぼって…

ああ、名作ですよね。ドラマははっきり言って失敗でしたが。学校っていうのは思うにああいう特殊な出来事がなくても既に一種の閉鎖空間であって、それが実によく描かれていると思います。あの小さい、ウリーですか、彼に特に感情移入して読みました。ホームシックになる場面とかね。あと勇気を証明する方法としてアレは正直ちょっとやり過ぎですけど、まあアレも何て言うんですか、一種のイニシエーションですかね。でも個人的には『まことちゃん』の頃が一番好きかな。

その他[編集]


おわりに[編集]

さて、現代の読者の声を受けて、ケストナーさんの思いを伺ってみましょう。ケストナーさーん!

おーい、ゴッドフリート、おいでおいで、チョウチョさん……おお元気だったかエドアルド、なでてやろうな…猫さんもおいでおいで…………おい…みんなどこへ行くんだ、待ってくれ…いやだ、嫌だよ…ぼくはみどり色の鉛筆でしか書けない、書かないとママのところへ帰れないよ……ママ!やめてお願い、ぼくを置いていかないで!パパよりママの方がずっと好きだよ、ぼくはママを選ぶから!…あ、あ、ぼくの本が燃えていく、ぼくの本が、ちくしょう、ぼくの町が…爆撃だ!ママ、怖いよ戻ってきて!……ママ!

ケストナーさんは今ちょっと疲れているのか、どうやら子供時代に戻ってしまったみたいですが、皆さんも子供時代を、辛いことや苦しいこと、もちろん楽しいことも含めて忘れないようにしましょう。ケストナーさんのような勇気ある賢い大人になるためにね。では心から、メリークリスマス。