捕食

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
食物連鎖から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
ExtremeSportsLogo.PNG
この捕食は顕著な普遍的価値を有し、我々人類の尊守すべき伝統であると同時に実用性且つ効用性に優れたスポーツであり、我々アンサイクロペディアンオリンピック種目登録を含め、世界にその価値観を広めていきます。

捕食は、地球の生成と人類歴史によって生み出され、過去から引き継がれた貴重なたからものです。それは国際協力を通じた保護のもと、国境を越え今日に生きる世界のすべての人びとが共有し、次の世代に受け継いでいくべきものです。さあ、本記事をご覧になっているあなた、我々の崇高な目的に協力をお願いします。

Donation button.png
Stop crap.png クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情鉄分が必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「捕食」の項目を執筆しています。

捕食とは、種を問わず生物の間で行われる命がけのSMプレイの事である。場合によってはエクストリームスポーツにもなる。

概要[編集]

ある生物が別の生物を食べる。そしてその生物をまた別の生物が食べ...と、連鎖し続いていくエクストリームスポーツである。

陸上の生物の例では、ネズミ(M)をキツネ(S)が食べる→そのキツネ(M)を、トラ(S)が食べる、といった連鎖である。

水中でも同じように、例えば海ではイワシ(M)をサメ(S)が食べる、→そのサメ(M)をシャチ(S)が食べる、などの連鎖がある。

このように、食う・食われる(犯す・犯される)の関係をたどっていくと、ある一定の場所の生物間に、1つの鎖状の関係を見いだせる。それを一つの鎖として見たとき、食物連鎖という。

が、実際には複数種をヤる生物がほとんどであり、また、複数種にヤられることも当然なので鎖というよりは網である。

ルール[編集]

最終的に食べて尿にすればなんでもあり。そして、最後に誰にも食べられずに生き残った者が勝者、アーン♥♥されたり分解されたり吸収されたりしたものが敗者となる。ただし、地球が滅亡でもしない限りその終わりは訪れないと思われる。

ただし、食べなくてはいけない。ただフルボッコにするだけではだめなのだ。

多様な側面[編集]

生物のプレイの形態は上記のようなものだけでなく、S側がM側から栄養をとっていると見ればまた違った変態プレイの連鎖が見えてくる。 寄生者と宿主の関係では、寄生関係による食物連鎖が考えられる。たとえば

カエル(M)をヘビ(S)が食べる→ヘビ(M)に寄生虫(S)が入り込む→寄生虫(M)の体内に細菌(S)が入り込む…

というようなものが考えられる。ここまでくると半ば誰得である。

プレイヤーの役割[編集]

生産者といくつかの段階の消費者、そして分解者という3つのポジションで構成される。

生産者[編集]

最も最初に食われる役割。主に植物であるが、こいつのプレイで盛り上がることはほぼない。

消費者[編集]

生産者を食うものが第一次消費者、それを食うものが第二次消費者である。以降は第三次、第四次…と続く。 プレイで盛り上がりを見せるのは第二次消費者が現れてからである。

分解者[編集]

プレーヤーの死骸や尿などを掃除する役である。こいつがプレイする場面はかなり人を選ぶので見ないほうが良いとされるが、一部のマニアに需要がある模様。

名勝負・名場面[編集]

ライオンvsシマウマ
ライオンの勝利。散々に群れで追いかけまわし、その尻にいやらしく噛みついた。
ワニvsジャガー
ジャガーの勝利。背後から強姦するといったいやらしい戦法を使った。
ワニvsカワウソ
ワニに集団で襲い掛かり、輪姦。カワウソの勝利。
ヘビvsワニ
ヘビの勝利。激しくいやらしい束縛プレイをした挙句、丸呑みにした。
ヘビvsウシガエル
意外にもウシガエルの勝利。生きたまま丸呑みにした。いやらしい。
キツネvsトラ
トラの勝利。草むらの中、いやらしく外でヤるみたいに女狐を食べた。
クモvsチョウ
いやらしく尻から糸を伸ばすクモによりチョウが身動きを封じられ、体中を縛られた挙句にいやらしいキスをされた挙句、トロトロに身も心も溶かされてしまった。クモの勝利。
スズメバチvsミツバチ
単身スズメバチミツバチのハーレムの中に突貫。蜜まみれになりながら、お尻から伸ばした生殖器を用いてミツバチを次から次に貫き、イかせていった。ついには女王バチすらその剛直で貫き、ミツバチは天国に旅立っていった。スズメバチの圧勝。
サメvsミズダコ
ミズダコの勝利。ミズダコは足の間に口があるので、サメを食べるときに大変いやらしい光景となった。
シャチvsアザラシ
シャチの圧勝。アザラシは散々にシャチに弄ばれ、身も心も汚され尽くされた。
カマキリvsハリガネムシ
ハリガネムシの勝利。カマキリ非常にいやらしい部分から出てきた。
ヘビクイワシvsコブラ
ヘビクイワシの長くしなやかな足が唸る。レギンスに包まれた美脚による足コキで、いきり立つコブラは打ち震えた末に激しく飛沫を撒き散らし、シオシオとうなだれたところをトドメとばかりにイラマチオされた。ヘビクイワシの勝利。
コブラvsマングース
長くしなやかな体をいやらしいダンスで見せつけるコブラに、血気盛んなマングース鋭く硬いモノを幾度となく突き立てる。激しく絡み合いながらもマングースがコブラを押さえ込み、鋭く硬いモノの連続ピストンで絶頂させた。マングース勝利。この名勝負を経て、沖縄でのハブとの戦いが組まれた。
ハブvsマングース
試合開始早々、マングースはさっさとハブを食い尽くすとリング外に逃げ出して観客席のネズミやウサギを犯し始めた。マングース失格に付き無効試合。
アリvsアリクイ
当初、アリクイがいやらしく長い舌をちろちろと嘗め回してアリを食べつくしたかに思えたが、やがて倒れ、そのカラダにアリたちが群がり骨の髄までしゃぶりつくした。アリの逆転勝ち。
マンモスvs原始人
マンモスの豊満なお尻に原始人たちが剛直を突き立て、逃げ惑うマンモスを追う野蛮な原始人たち。やがてマンモスは泥沼にはまり、もがくマンモスを組み敷いて毛むくじゃらのアソコに原始人たちはいきり立つ巨大な棒をかわるがわる突き立てて行った。「ぱおーん」と激しく一声鳴くとマンモスはシオシオとうなだれた。倒れたその尻にコウフンした原始人たちは雄たけびを上げ、その毛皮のコートを剥ぎ取って丸裸にしたあげく、女や子供も呼んで回した。原始人の勝ち。
グドンvsツインテール
1億5千万年ぶりに開催された大地を揺るがす激しい攻防。激しく抱き合い絡み合い、ムチで互いをぶち合う両者。先にツインテールがビクンビクンと震えて絶頂するも、残されたグドンがウルトラマンジャックに押し倒され、フィニッシュに勢いよく出した白いモノをぶっかけられて昇天。勝者ウルトラマンジャック。だが、ジャックはグドンを一口も食べていないので失格である。
オイルドリンカーvsアストロモンス
オイルドリンカーはアストロモンスのビラビラのアソコに入ってそのまま食われてしまったが、アストロモンスがオイルドリンカーをスカトロモンスする前に、ウルトラマンタロウが乱入。ビラビラのアソコから激しく飛沫をまき散らし、ひるんだタロウをムチでしばきまくったが、タロウがバックを取って抱き着き、形勢逆転。最後はタロウが勢いよく出したナニかにより昇天。勝者ウルトラマンタロウ。が、これまたタロウは一口もアストロモンスを食べていないため、失格となった。
トムvsジェリー
トムはジェリーを執拗に追い回し、たびたび捕食を試みるようだが全くジェリーを捕まえられない。取材チームは1940年から密着し彼らの戦いを見守っているが、結果は2021年現在も出ていない。そもそも80年近く生きている彼らは本当にただの猫と鼠なのだろうか。もしかしたら彼らは我々とは違う世界を生きている存在なのではないだろうか。
キツネの死骸の分解
こちらは分解者。死んだ女狐にカラスや虫が群がっている。そこに、イヌワシがやってきてNTR。さらに別のイヌワシがやってきてNTRしようとする。そうしている間にも虫やらカラスやらがのびのびヤっている。
うんこの分解
先ほどのキツネvsトラを覚えているだろうか。ところで先ほどの草むらで、うんこにハエがたかっている。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

需要[編集]

動物バトル好きと捕食フェチ、衝撃映像中毒患者などに需要があるとされる。その証拠に、このクソ記事の初版投稿者がその捕食フェチである。 思考回路としては「生物(人、虫、動物)がまたほかの奴に食べられてる」という所に興奮する異常性癖である。

関連項目[編集]

この項目「捕食」は、気違い死に物狂いで書いたものです。今はまだ狂った内容しかありませんハイ狂わせてくれる精神異常者を探しています。 (Portal:スタブ)