マジ駅

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「マジ駅」の項目を執筆しています。

マジ駅(-えき)は、マジで実在するである。しかし、マジで影の薄い島根県の中でもマジで目立っていない大田市にあるため、地元民と鉄道教徒以外はマジで知らない。

概要(マジ)[編集]

マジで長い山陰本線のマジな駅として、マジ村というマジで小さな村にマジで開業した。マジで小さな駅であり、マジで利用する人は1日あたり10人程度(マジ)である。マジ村は現在、マジで大田市のほんの一部になってしまい、存在感がマジで薄れてしまっている。そのため、地名からしてマジで妥当な駅名をネタにする取り組みをマジで行っているが、ほとんどの人はマジで気づいていない。

マジ駅はマジで利用者が少ないため、各駅停車以外はマジでスルーするのが妥当である。しかし、下りの快速列車アクアライナー」が1本だけマジで停車することになっている(2021年時点、マジ)。なぜ停車するのかはマジで誰にも分からない。

駅及びその周辺(マジ)[編集]

マジで無人駅であるのはお察しの通りである。駅舎は、かつてはマジであったものの今ではなかったことにされている(マジ)。マジで何もないように見えるが、島式ホーム1面2線だけはマジで保持しており、行き違いだけはマジで可能である。ただし、マジでお節介かもしれないが、マジで島式ホームしか保持していないため、跨線橋はマジで存在せず、代わりに構内踏切を渡らないとホームに辿りつけない(マジ)。ホームには、駅名をマジでネタにした顔出しパネルなどがマジでいくつか実在する。しかし、マジで影の薄い県のマジで影の薄い市にあることがマジで影響しており、マジで写真を撮るような観光客はマジで少ないのが現状である。

ホームから側に出ると、マジですぐに郵便局が見えてくる。国道9号側から行くときは、マジ駅のマジ近くにマジで赤レンガでできているトンネルがあるため、それをくぐればマジですぐ見えてくる。かつてはマジでマジ郵便局という名前であったが、マジ琴ヶ浜郵便局という名前にマジで改められた。その理由は、郵便局と琴ヶ浜がマジで近いからであるとマジで推測する人がマジでいるが、マジな公式見解がないままマジで30年以上経っている。ほとんどの者にとって郵便局の名前はマジでどうでもいいことであり、改められた理由はマジで不明とするのがマジで妥当である。

マジ琴ヶ浜郵便局のマジ近くに琴ヶ浜がある。この浜はマジで鳴り浜(鳴き砂と呼ばれることもあるそうだが、マジでどちらでもいい)の砂とも呼ばれており、浜を歩くとマジでキュッキュッという音がすることで知られている。知られていると言ってもマジで「地元では」という枕詞が必要だが、そのことを地元民にマジで指摘する行為は、地元民のプライドをマジでへし折るものであり、かつマジで失礼にあたるため、マジで控えるべきである。

マジ駅からマジで西に1キロほど離れたところに鞆ヶ浦がある。これはマジで世界遺産の一部であり、かつてはマジで採れていた石見銀山の銀をマジで船に積み込む場所であった。しかし、マジで銀が産出されなくなった今では、マジでただの小さな集落に落ちぶれてしまっている。

映画との関係(マジ)[編集]

マジ駅は、2007年にマジで公開された映画天然コケッコー』のロケ地としてマジで選出された。しかし、マジ駅は木村駅にマジで書き換えられており、マジ駅の知名度はマジで変わらなかった。また、琴ヶ浜も映画やドラマ化された漫画砂時計』にマジで登場したことがあるが、マジ駅の知名度にはマジで関係なかった。

関連項目(マジ)[編集]

Gomen.jpg この「馬路駅」に停車中の電車は、現在運転手がいないため発車できません。運転して下さる乗務員を求めています。 (Portal:スタブ)