出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「」の項目を執筆しています。

(ほね)とは、脊椎動物における骨格を形成する硬質の組織であり、株式会社の主力商品である。医療向け金属チタン(Ti)や、医療用セラミックを素材として製造されている。近年では、(Fe)や(Pb)を素材とする、安価なモデルも販売されている。

骨の歴史[編集]

かつて、地球には、軟体動物をはじめとする無脊椎動物しか存在していなかった。株式会社の当時のCEOであった人物(名称は不明)が、「これではバラエティー性に欠けてつまらん! もっと歩いたり飛んだりするヤツも作るぞ!」と言ったとか言わなかったとか。

当時の社長は軟体動物に硬質の構造物を挿入し、筋肉の動きが効率的に伝わる構造を作ることで、生物のラインアップを拡張することを思いついた。当初は開発が思うように進まず、無脊椎動物の体内で融解してしまったり、わずかな衝撃で折れてしまったりした。当時、加工が容易で、ある程度の頑丈さを持つ素材といえばが一般的だったが、(Fe)は酸に弱く、生物の体内で長期間その形状を維持することは難しかった。一方、(Au)は酸に強く、弾性に冨み、衝撃によって変形した場合に元に戻すのも容易であったため、骨に向いていたが、コストの面から、採用は見送られた。

21世紀に入ると、工業製品の加工技術や、新素材の生成技術は飛躍的に進歩した。チタンやセラミックといった、生物の体内で長期間その形状を保っていられ、かつ十分な強度を持った素材が台頭したのも、この頃である。株式会社はいち早くチタンやセラミックなどの新素材に着目し、その効率的な生成技術を進歩させるとともに、構造的に優れた骨の研究にも着手する。

同社が人間といった代表的な生物の骨格のプロトタイプの製造に成功したのは、2000年代初頭のことだとされている。株式会社ははじめ、タコや、イカなどの軟体動物に骨格を挿入することで、新たな形状を持った生物の開発に成功した。初期はすべての生物の体表がタコやイカっぽく、ぬるぬるしてキモいといった問題もあったものの、形状に合わせて体表を着色したり、毛や羽毛を植えたりすることで、この問題も解決した。

株式会社の当時のCEOは骨の開発成功によって莫大な資金を手にし、ポルシェフェラーリと言った高級車を数十台以上も購入し、毎晩、街を爆走して遊んでいたとされている。

骨の役割[編集]

骨の役割は、前述の通り、生物の体内に骨格を形作り、筋肉の動きを効率的に伝達する構造に作り替えることで、さまざまなタイプの生物を実現することである。株式会社は、5種類か6種類くらいの生物が地球上に存在する状態を目指していたが、骨の特許が切れた以降は、他社も製造に着手。いまでは、骨を作る技術を持った企業は無数にあり、亜種なども含めると、その種類は数百万にも登るとされているが、実態は明らかになっていない。

一方で、株式会社が初期に作った「(型番:B-01BONE)」「(型番:F-01BONE)」「人間(型番:H-01BONE)」「(型番:FR-01BONE)」といった骨格は現在でも世界中で愛用されており、同社の骨の製造方法には、未だ明らかになっていない企業秘密も多く盛り込まれている。株式会社が業界のパイオニアであるとともに、業界の最大手企業として君臨し続ける所以である。

株式会社と株式会社の関係[編集]

一時、株式会社は製造ラインを大幅に増やしすぎ、骨格を挿入する素体としての軟体動物の供給が追いつかなくなったこともある。その際、株式会社は納入先がうまく見つけられず、業績不振にも陥り、かつ、協業する企業に敵対的買収を仕掛けられた。しかし、この様子を見ていた株式会社は友好的買収によって同社の株の過半数を取得し、株式会社と株式会社の双方を子会社とする&ホールディングス株式会社を設立したため、株式会社は、その名称を残したまま、事業を継続することが可能となった。

したがって、現在の株式会社は&ホールディングス株式会社の子会社である。

敵対的買収騒動について、当時のCEO(名称は不明)は「骨を作り続けることができなくなるかもしれないと思い、怖かった。骨は当社の商品だが、いまや生物の発展に欠かせない社会的資産としての側面もある。株式会社には感謝している」と述べたという。

骨の製造方法と、価格について[編集]

骨の製造方法については、特許がその期限を喪失しているため、すでに公表されている。基本的には主に鋳造方式で生産され、チタン(Ti)、セラミックなど骨の素材を高温の溶鉱炉で溶かし、金型に注ぎ込み、冷却することで形作る。チタンは、1800℃台と非常に高い融点を持ち、鋳造が難しい金属であるが、神の力でなんとかなるのである。金型から取り外された骨のパーツは、職人が1本ずつ磨き上げ、丁寧に組み上げることで全体の骨格が完成する。この組み上げには極めて高い技術が要求されるが、その職人の多くは老齢化しており、後進の育成が業界の急務となっている。

しかし一方で、現在は、鉄(Fe)や鉛(Pb)など、より安価で加工が容易な金属を使った骨を作る企業も数多く存在しており、比較的簡素な設備でも骨を作ることが可能となっている。本来、骨の価格は日本円で200万円から400万円程度と極めて高価だったが、それは前述の加工や組み上げの難しさに由来するものである。鉄や鉛を用いた骨格は、市場価格で20万円から30万円程度で購入でき、台頭した当初は「骨の価格破壊」として世間に歓迎されたが、チタン製やセラミック製の骨に比べて脆く、長期間の形状維持が難しいことから、「本来の骨の役割を果たしていない」と評する意見も多い。

「骨の価格破壊」について株式会社の現CEO(名称は不明)は、「私たちの創業者は、生体内で長期間形状を維持することが難しいとして、鉄の採用を見送った。現在の状況は、彼への冒涜である」として、あまり快く思っていないと報じられている。

「骨の価格破壊」を契機として登場した安価な骨の代表的なモデルとしては、「骨骨ボーン」や「骨マックス」「骨&骨」といった商品が挙げられる。これらはしばしば粗悪な骨の代名詞のように語られるが、骨&骨においては、9割程度を鉄(Fe)で作りながらも、安価で科学的にも安定しているニッケル(Ni)を表面に蒸着塗布することで、長期間の使用に耐えうる性能を持たせるという技術革新が見られ、「安価であるから粗悪である」という図式は、崩壊しつつある。

骨&骨を製造する骨&骨Inc.は、世界企業番付フォーチュンの「Global 500」に選出されたこともある。代表取締役CEOの骨谷・BONE・骨男は当時のインタビューで、「ほら、ボクの名前っていかにも骨を作りそうでしょ?ボクって骨のために生まれてきた男なんだよね」と語っている。「ボクの名前っていかにも骨を作りそうでしょ?」は日本においても流行し、主に若者を中心に「ボクの名前っていかにも◯◯を作りそうでしょ?」と、「骨」の部分を任意の単語に置き換えた言葉遊びも流行している。

関連項目[編集]


Nodasori.jpg この項目「」は、壮大なネタ振りです。誰か、人類の歴史に残るようなとてつもなく面白いネタを書いてください
私には書けません。 (Portal:スタブ)