高嶋ちさ子

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
存命人物
この記事は、存命している人物に関する経歴等が記載されています。執筆の際は存命人物の伝記に基づいた編集を行ってください。出典が無い、あるいは信頼性の乏しい出典による潜在的に論争となりうる記述、特に名誉棄損や侮辱等に該当する内容を見つけたら、速やかに除去した後にノートにて報告および議論してください。
Stop crap.png クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「高嶋ちさ子」の項目を執筆しています。

高嶋ちさ子(たかしま ちさこ)とはヴァイオリニストである。ただし、息子のゲーム機バキバキ事件が有名になってからは、ヴァイオリニストというよりもむしろそれ以上にヴァイオレントであることが知れ渡ってしまった。


概要[編集]

東京都出身。父の高嶋弘之東芝EMIの元ディレクターで、ビートルズを日本に紹介した人物。その兄が放送時間の都合上カットいたします。そんな父親の家庭に生まれた高嶋ちさ子は6歳からヴァイオリンを習い始め、徳永二男江藤俊哉ショーコ・アキ・アールに師事した。普通にすごい。しかしながら、知的障害を持つ姉をいじめる連中に反撃をするという荒んだ少女時代を経て、彼女の人格は非常に攻撃的になっていった。(どうかその穂先を自分の子供達に向けるのはやめてくださいお願いします。)

やがて結婚の末に子供も授かるが、医師から自然分娩での出産を勧められながらも陣痛に耐える自信がなかった高嶋は帝王切開を希望し、話し合いの末に麻酔による無痛分娩を選択することとなったが、麻酔が効かなかったようで結局は帝王切開による出産となった。

なお、余談として高嶋は自他ともに認めるドラえもんファンであるが、そんなこと誰も気にしない。

ゲーム機バキバキ事件[編集]

ヴァイオリンや音楽に興味がない人々の間でも高嶋を有名なものとしたのがこのゲーム機バキバキ事件である。同事件はその名の通り、高嶋が息子のゲーム機をバキバキに破壊したことが世間で物議を醸したというものであった。

エリート高嶋が仕切る高嶋一家では子供たちは厳しいルールのもとで教育が施されており、そのルールの一つとしてコンピューターゲームを遊ぶに際してのこともまた厳しかった。彼ら高嶋家の子供たちは休日の午後5時から午後7時の間、宿題が終わった後でしかゲームを遊ぶことが許されていなかったのである。

しかし2015年10月のある日、高嶋がコンサートから帰ってくると長男がゲームを遊んでいた。「だって、だいたい宿題終わったんだもん」とその理由を説明する長男に対して、高嶋が「だいたいってことは、全部終わってないんでしょ?」と追及すると、長男は「終わってない…」と潔く罪を認めた。するとこの会話の後、高嶋は怒り心頭してゲーム機をへし折った!悲鳴を上げ崩れ落ちる長男。一般的な精神の持ち主から見たらただの虐待である。さらにこの後、次男がチェロの練習をしていなかったという理由でまたゲーム機をへし折った!(だからなんでゲーム機にあたるんだ?)あと、長男のゲーム機は長男の入院中、つまらないからと友人の親がくれたいわば貰い物だったらしく...。(高嶋の頭はどうなっているのか...。)

そしてこの一言。

Quote1.png 「自分で働いたお金で買ったゲーム機を自分で壊す気持ち、あなたには分かるの?あなたは一生ゲームができないことを嘆くより、ママからもう二度と信用されないということを心配しなさい! Quote2.png

その後も怒りが収まらなかったのか、高嶋はバキバキになったゲーム機の写真を新聞やツイッターに投稿して教育の何たるかを語ったが、結果としてあっという間に大炎上高嶋はこの近年稀に見るレベルの大炎上を鎮火するため、「ゲーム機をへし折っても修理できることは知っていた」「ちゃんと計算されており、ゲーム機だけを壊した」と弁解したが、前者の発言は真っ赤な嘘で、本当はツイッターで教えてもらったことだったと判明して結局は火に油を注ぐ結果となった。その後も被害者となった息子が「なんで知らない人が怒っているんだ、僕は怒ってないのに」[1]と反論しているとも伝えられたが、母親本人伝いでそんなこと言われても信用ならないという意見もあり、この話題も特に火消しになることはなかった。

なお、この騒動の外野では葉加瀬太郎が高嶋を擁護。「あんなに純粋で美しい音色を奏でられる人に悪い人がいるわけがないから」[2]とその理由を語った。しかし、なんとここであの黄金のイラストレーター・岸田メルが反応。「美しい音を奏でる素晴らしい音楽家が「美しい音を奏でる人に悪い人はいない」と言い切ってるあたり、普通に才能と人格って関係ないなと良くわかってすごい」[3]という皮肉いっぱいの感想をツイッターに投稿し、「葉加瀬太郎 vs 岸田メル」という他では見れないような夢の対立が実現したことで観客たちは大いに興奮した。

脚注[編集]


Hito.png この項目「高嶋ちさ子」は、手抜き状態のため発狂寸前です。正気に戻すかもっと発狂させてください。 (Portal:スタブ)