高松市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高松市(たかまつし)はのぅ、四国の都市の一つでな、香川県の首都なん。ちゃうかった、讃岐うどん王国の首都やったっけのぅ。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「高松市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「高松市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「高松市」の項目を執筆しています。
  • 香川県の首都は、香川県以外の人々から、「香川市」だと思われているが、そんな市はない。ただ紛らわしいことに「さぬき市」という、なぜか旧国名を平仮名にした市はある。
  • 香川県以外では、高松市の存在を、知ら無い人が多い。
  • 「讃岐香川高松」は、豊臣秀吉が水攻めした「備中高松」に「知名度」で負けている。
  • 香川県の首都の高松市は、「香川市」への「改名の検討」が必要で有る。
  • 高松市よりも、丸亀市の方が、有名である。

概要[編集]

讃岐香川高松は、讃岐うどん王国の首都でな、うどん市と住民からは呼ばれよんやが。うどん王国の首都やけんちゅーわけで、JR高松駅の近くにはうどんタワーが建てられとん。父の水戸は「水戸納豆王国」と呼ばれとるもんやけに、「親父は納豆ばかり、息子はうどんばかり」って皮肉られよるわ。それもそのはずや、市民は朝はイマージュのカタログを読みながらうどん、昼は加ト吉のうどん、夜はセシールのナイティを着てうどんを食べることが義務付けられとるけんのぅ。

方言[編集]

方言はのぅ、基本的に、エセ関西弁や。 このページでも分かるんやけど、讃岐弁の記事見てもらった方が、良う分かるんやが。

讃岐うどん王国の首都[編集]

うどんタクシー[編集]

略して「どんたく」や。讃岐香川高松のタクシーはまんでがんこれや。 中でうどんを食べさせてもらえるけどのぅ、高松市は交通マナーが悪うて運転手が運転を拒むけんのぅ、 このタクシーに乗って何処か行く事は出来んわけやがこれが。 料金は 600 円前後で、普通のうどんより高いんやわ。


うどん[編集]

とりあえず、うどん まあうどん 困ったらうどん、みんなで仲良ぅうどん うどんを年間300玉食べん場合、讃岐香川高松から追放されるが。

うどん、うどん、UDON、UDOooooooooooN!!

その他の名物[編集]

栗林公園[編集]

ミシュランガイド三ツ星認定の庭園。ああ、それなのに、全く、宣伝しない。一ツ星でも、世間は大騒ぎなのに。紫雲山と広大な庭園の池や滝、ソテツやマツなどの植物のコラボが見事。水の足りない県とは思えないほど水をふんだんに庭園に使っている。江戸時代から代々の殿様の別荘として愛され、中には高松城に住まずに栗林の別荘を住居とした殿様もいた。

その他のその他[編集]

  • 讃岐国香川郡高松城瀬戸内海の水を堀に入れとるけんのぅ、「水城(みずき)」と呼ばれようけど、うどんの陰に隠れとる。
  • 一方で、茨城県水戸市では「水城」を「すいじょう」と読んで、水戸城を指しとる。
  • まぁ豊臣秀吉が水攻めした備中国賀陽郡高松城に、知名度で負けとるが、混同せんようにな。
  • 高松平家物語資料館:残念ながら、2019年に閉館した蝋人形館。元々は平家物語のエピソードでお馴染みの、那須与一がパチンコ玉で扇の的を射抜いたことで有名な屋島の戦いの戦場が高松市内であった。
  • 杉原真奈美:微熱妄想少女
  • 高松築港駅自動改札がある!と思いきやICカード専用。券売機で買った切符は駅員さんが検札してくれるよ!

外の都市との関係[編集]

四国島内
  • vs 伊予松山 : 伊予!ポンジュースwwwwwwwwww
  • vs 土佐高知 : 龍馬龍馬が、大好き!
  • vs 阿波徳島 : ポカリスェットwwwwwwww、スポーツには、ポカリ!と、勝手に応援している。


本州
  • vs 備前岡山 : 瀬戸大橋を挟んだ対岸で、県外では最も身近な都市。岡山市民は、瀬戸内ダービー、いけるかもと思っている。

岡山市民も瀬戸大橋で香川県とは、近距離。「中四国州は、四国には、不便すぎるから勘弁してほしい」

水戸と高松の関係[編集]

水戸徳川家(水戸藩)の分家が高松に入ったお陰で、本州では最も縁の深い都市になった。そもそもの原因は、初代水戸藩主の徳川頼房は、なぜか生涯正室を持たない不思議な殿様だったが、側室との間に子供はできた。同じ側室の間に長男と三男(次男は夭折)が授かるも、頼房は喜ぶどころか堕胎を命令。しかし堕胎したと見せかけて、家臣が独断で養育した。結局、後になって頼房は母ちゃんの取り成しで息子たちを認知したが、どういう訳かタイミングで、先に弟の光國(水戸黄門)が頼房から認知されて跡継ぎとなってしまった。同じ母親から生まれた長男の頼重が置いてけぼりという珍事になったが、同情した江戸幕府が頼重を讃岐高松藩主に据えたことで、水戸と高松の縁が始まった。

ただ光國は後に全国を旅して、悪代官の不正を糺してまわった正義感の塊のような人物である。兄の頼重を差し置いて水戸藩主になったことを申し訳なく思い、頼重の子を光國の次の水戸藩主に、光國の子を頼重の次の高松藩主にするという協定を申し出て、合意に達した。江戸時代を代表する美談と言われているが、光國の一人息子で高松藩主になった松平頼常は実子に先立たれてしまい、結局は水戸藩も高松藩も、頼重の血統となった。

関連項目[編集]