高根沢町

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「高根沢町」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「高根沢町」の項目を執筆しています。

高根沢町(たかねざわまち)とは、栃木県中東部に位置する町。もともと宇都宮以西は芳賀町益子町市貝町などがごちゃごちゃと狭い範囲に集中していることもあり、存在感が非常に薄い。しかし、皇室御料牧場があるため、ごちゃごちゃ5町(先述+茂木町)の中では一番存在感がある。あちらの人には那須御用邸がある那須町に次いで有名。町の広さはあまり大きくはなく、パズルのどこだか悩むピースのような大きさである。

概要[編集]

宇都宮市と隣接しており、高度経済成長期からベッドタウンとして発展。その後、2010年の国勢調査までは人口増加を遂げ、2010年調査でも400人ほど下がっただけと人口の増減は多くない。なお、2014年に3万人を割った。また、栃木県内の町では珍しくバスが通っている。市でも珍しいが。2つあった路線のうち09年に1つが廃止されており、やはり過疎だということが分かる。10km×11kmと大して大きくもない町だが、小学校は6校ある。中学校は2校、高校は高根沢高校が存在する。高根沢高校は初戦敗退、よくても2回戦敗退だった夏の甲子園予選でまさかの準々決勝進出、県民が「ファッ!?」と驚いた。町には温泉があり、「高根沢温泉(キリッ」と謳っているが、さくら市同様日光の二番煎じにさえもなっておらず、町民の憩いの場にしか過ぎない。また、鉄道はJRの2路線3駅があり、県北の都市・大田原より駅数が多い。烏山線の始発駅でもある宝積寺駅がある。なお3駅の利用者数はお察し下さい

狭い町だが、図書館は分館含め3館もある。さらに「エコ・ハウスたかねざわ」という環境施設のほか、野球場、陸上競技場、テニス場に加え、相撲場まである立派な町民広場があり、人口も広さもないくせに見る人が見れば仕分けられても文句は言えないだろう。この野球場で練習して成長したのかどうかはわからないが、町出身の有名人として千葉ロッテマリーンズ岡田幸文がいる。

町には工場などが(町の規模にしては)多かった。年々去っていっている気がするが気にしないことにしておこう

塩谷郡に属しているが、実質芳賀郡みたいなものである。しかし、塩谷郡のもう一つの町、塩谷町にある塩谷高校は、矢板市の矢板高校と統合しており、自治体同士が合併する可能性がないとも言い切れず、むしろ合併しそうであるため、塩谷郡最後の砦になる日も近い。

主要産業[編集]

主要産業は農業で、などまったくバイト数稼ぎにならない栃木県の主要農産と同じもの。他にも工業があったが、先述のように撤退している企業が多い。また、環境についても力を入れている。そんなに金があるなら住民サービスに使え。

関連項目[編集]

この項目「高根沢町」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)