鹿せんべい

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

鹿せんべい(しかせんべい)とは、奈良の、もっと言えば東大寺近辺でのみ販売されている珍味。また使いようによってはフリスビーにも使える。

概要[編集]

これを食べたものは思わず「しかぁああああああ!!!」と叫んでしまうところからこの名前がついた。鹿の字は、偶然に奈良にシカが多いため販促のためにつけられた当て字であり、決して鹿肉が使われているわけではない。

ほのかな甘味のある素朴な味わいで、DHMOの含有率を下げることによってその食感と保存性を高めている。

自分で食べる以外の利用法[編集]

奈良公園でターゲットの人間に鹿せんべいを渡せば、たちまち獰猛な鹿の餌食にすることができる。せんべいを求めて集団で襲いかかる恐ろしい姿を見た目撃者は少なからず悪夢にうなされることになるだろう。万が一誰かに鹿せんべいを渡されてしまった場合には急いでフリスビーが如くせんべいを投げ飛ばすのが望ましい。

しかし、飛ばしたはずの鹿せんべいがブーメランの如く戻ってくる場合もあるため、その場を離れるか、自分の飼いにキャッチさせるなど対策を講じる必要がある。

問題点[編集]

近年、この鹿せんべいに鹿肉が混入された闇鹿せんべい京都あたりで売られている。これに関して 鹿を眺めて悦に浸る会 の 馬鹿 善次郎会長補佐 は「な、なんてことを!鹿は私なんですぞ!私は鹿なんですぞ!鏡見るだけでうはうはなんですぞ!!でもわしも一度食ってみたいのう、どんな味がするんじゃろか。うひひひひひひいるht;いおあhらtrふじこlp」と述べている。

なお、政府は闇鹿せんべいについての情報を調査中。 約1000年後に改善される見込みです。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「鹿せんべい」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「奈良公園」の項目を執筆しています。


Dish.png この鹿せんべいは、まだ火が通っておらず、生焼け状態です。このまま食べるとお腹を壊します。あなたがしっかりと火を通して下さい。でも、どこかのどじっ子のように、塩と砂糖を間違えてはいけませんよ。 (Portal:スタブ)