MFC

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
麻雀格闘倶楽部から転送)
移動先: 案内検索

MFC(麻雀格闘倶楽部 , まーじゃんふぁいとくらぶ)とは、ゲームセンター等におけるインターネット回線を利用した麻雀玄人養成ゲームである。麻雀格闘倶楽部の英語訳であるMah-jong Fight Clubの各単語の頭文字をとり、MFCと呼ばれることもある。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「麻雀格闘倶楽部」の項目を執筆しています。

概要[編集]

目的[編集]

このゲームは日本全国(時々海外)のいわゆる「麻雀ファン」を、パイニンや勝負師の高みまでに育て上げ、日本の裏麻雀界を支配するというKONAMIの大いなる野望から発生している。表向きには、「NEETをはじめとした人生の負け組共にもう一度、人生を逆転する圧倒的チャンスを与えるッ・・・!!」という大義名分が付されている。

場代は100円から200円と安価に設定されており、その安さから何も知らぬトーシロ(カモ)がフラフラと寄ってしまう姿も散見されている。しかしこれが罠で、ゲームの利用には自身の身銭を切って手にしたカードを機械に預ける必要がある。点棒計算・精算は自動的に行われるため、払えないからと逃げる輩の封じ込めに成功している。しかし、稼働当初から、特に近年顕著に見られるが、金さえあれば勝てるという課金量で勝敗が決まるゲームに成り下がっている傾向もあるが、その傾向についてはKONAMIによって無視黙殺されている。 尚、近年よく見られる様になったネットカフェ等において、場代が更に格安となる代わりに店舗内滞在料金を別途徴収するシステムを敷いている店舗も見られる。

いずれの場合においても、場合によっては風営法に定められている1時間600円(税抜)の上限を突破してしまう事もあり、この辺に関しては法的解釈も含めて今後議論を呼びそうである。この件に関して運営会社は「全自動卓でテーブルひとつ貸し切る場合には2400円(税別)が適用されるため、当社としてはなんら法的問題は無いと考えている」というコメントを発表している。

時折スポンサーつきのトーナメント大会も開催され、決勝大会ではBS局放送で中継される。この際も場代や点棒による金銭のやり取りは存在しており、賭博行為に当たるのではないかとの批判も受けているが全て黙殺されている。

ルール[編集]

アリアリの上がり連荘、赤は筒2他1。裏ドラ・カンウラまで存在する極めてインフレなルールで、大きな得点差やハイレートでも怯まない度胸が身につく。東風戦・半荘戦・秋刀魚などが存在する。

現在ではドボンありで一般的なレートが採用されているが、将来的には青天井ルールや点棒の代わりに自分の血液を賭ける鷲巣麻雀ルールをも採用する予定であるという。

対戦相手[編集]

君や君の友人、日本全国の老若男女が参戦しており、時折香港アメリカヨーロッパから参戦する奇特な人物もいる。向こうの麻雀とルールが合うのかどうかは知らないが。 一応、同一店舗からは基本的に天マチしないようになっている。面子が足りない場合や対局中に匙を投げてしまった愚か者が逃亡した際にはCPUが代走に入る。

階級[編集]

同じIDの利用で一日に1000円以上つぎ込むと、「ありがとうございます!!」の意味で昇級・昇段及びレベルアップする。しかし、近年この課金システムに味をしめたKONAMIは更に2,000円~10,000円程度つぎ込まないと昇級・昇段及びレベルアップ出来ないばかりか降級・降段及びレベルダウン、最悪の場合は地下強制労働施設行きも覚悟しなくてはならない現状である。技術は特に関係しないので、どんなに麻雀が下手でも金さえあれば頂点を目指せる。

自分と同レベル以下の対戦者がいる場合、「下手くそ初心者でも、楽しませる」ことを狙いとして補正がかかり、ハコテンは免れない。そのため、一見は「段」が手に入るところまでは誰でも昇格できる親切設計と見える。しかし、これはまったくの初心者に中二病的感覚を与え、博打の世界に引きずり込もうと言うKONAMI腹黒い男気溢れる思惑が秘められているための罠であって、その後闇に消えていくハンチクなユーザーも少なくない。

階級は「黄龍」(金獅子ではありません)を頂点に、四聖獣のマスター・段位者、初心者と階級分けされている。開発者曰く、「名称は中二病患者がとっつきやすいように」という意味で付けられたと語っている。

黄龍という称号はゲーム内で最強を意味するが、全ユーザー比にして黄龍が約6割を占めているという不可思議な状況で、ありていに言えば帝王だらけなので結局は皆平等で、平民とほぼ同意義である。そのため、それより下はマスターだろうが段位だろうが実際に意味する数字よりも遥か下、どれだけ初心者ではないかを示すだけのものに過ぎない。

これは同時に、どれだけ投資を行ったかを表している。黄龍者は例外なく10万円以上をつぎ込んでいるとされている。しかし、それだけ練習したのに本番となるとツバメ返しのひとつも使えない、チーを対面からしようとする、第一自分がどこに座ればいいのか分からないというとんでもない輩が多いというのも事実である。

プロ 色々と選ばれし人がなれる。君には多分無理だ。
極み 黄龍 金をつぎ込んだ人がなれる。よく働いて、よくつぎ込もう。
三下 青龍 運の良い人がなれる。ようするに実力そのものは皆無。
白虎 無駄に高いあがりを繰り返すとこれになる。
朱雀 早漏な人がなれる。
玄武 臆病な人がなれる。
カス 初級者 戦闘力5のゴミクズと同意だが、突然戦闘力が上がることも。

段位はそれぞれの階級で9段まで存在し、その上はMASTERとなる。

3人麻雀で3~4連勝すれば、新規プレイヤーも簡単に段位取得が可能。要するに10~1級が存在するシステム自体がザルなのである。

一人用モード[編集]

対戦相手[編集]

MFCは家庭用ゲームとしても発売されている。インターネット接続によっての対人戦も可能だが、友達のいない人向けに一人でのプレイモードも用意されている。

この際に対戦相手としてあてがわれるコンピュータープレイヤーは福本伸行プロを模範した思考ルーチンを搭載しており、実際に対局してみるとやはり神の様に強い。プロ戦同様に諦めて地下強制労働施設送りにされる以外に手は無い。万が一、プロCOMと互角に3半荘を戦い抜いたなら、あなたはどこの雀荘でもどんなレートでも無敵であると言って過言ではない。自信を持ってマンションルールに参加しよう。

シナリオ[編集]

なお、通常のCOM戦ではシナリオが設定されており、大半はシナリオどおりに手が進む。

三色ドラドラのダブルリーチ(フラグ発生) → 他家から追いかけリーチ → 一発でズドン
→-18000点
その後自分が上がることなく速攻で局を進められてビリに固定される。

プロのルーチンが搭載されているCOMは、一般人がいかに戦術書を読み漁ろうとも一切の隙が無く、勝ち目が無い。さらに、プロから一段落ちた設定となっている普通のCOMに到っても前述のシナリオ構築によってプレイヤーをいじめるという内容である。チートコードなどの作戦を試みた例もあるが、店員に腕を掴まれて「お客さん困りますよ」と警告されたという事例もあるためおすすめはできない。

このゲームで見事に黄龍になれたならば、プロテストにチャレンジすることをお勧めする。金さえかければ合格率は100%である。

極み[編集]

黄龍のレート[編集]

このゲームにおいて黄龍位を持っていると、フリーでは負け無しの実力とされている。また、黄龍位にもレベルが存在し、ある一定レベルに到達すると黄色の龍が一回りでかくなる。

一番小さい龍ならテンピンも怖くなくなり、中くらいならばデカピンも怖くない。一番大きい龍にもなったりすると、マンションルールでも物足りなくなり、点棒を使わなくなり、黒棒を廃して1000点を1万円札でやり取りするようになる。この人たちは半荘という概念は無く、親は散家が上がるまで続き、積み棒一本につき3000点を上乗せする。 東場25局・南場25局・西場25局・北場25局で終了し、所持金が尽きたものは全額をクレジットカードを切ってでも払わなければならない。クレジットカードを持っていなければ名前から住所から全てを調べ上げられ払いきれるまで一生追い続けられる。

公認プロ参戦[編集]

日本の麻雀業界にはプロフェッショナル団体が存在し、それに所属する麻雀戦士(略称:プロ雀士)が多数在籍している。聖闘士星矢でいうと黄金闘衣くらいの実力である。こういった場では一切負けることは無いぐらいに強い存在で、同じ卓になってしまった場合は諦めて辞世の句を考えたほうがいい。君の命と金が惜しくなければ、率先して挑んでも構わないがおすすめしない。

MFCにおいても、まれに自称プロを騙るユーザーが参戦するが、80%くらいの確率で本物のプロ雀士が中に入っている。間違いなく身包みひっぺがされるが、カードを抜き出して逃げようとしても、トーシロの技術では店員に腕を掴まれて「お客さん困りますよ」と警告されるのがオチなので、おすすめしない。この時は運が悪かったと諦めて、素寒貧にされた上で便所でボコボコにしてもらいましょう。ただ、相手が麻雀十段位のムツゴロウさんだった場合は、ライオンの餌にされかねないのでカードを放り捨ててでも逃げよう。

また、このゲームにおいて参戦するプロの人たちのスケジュールが公開されており、どの日にどのプロが何回1位を取り何回2位を取るかを言い当てるトトカルチョが存在する。これも一口1万円からで配当はズバリ言い当てれば10倍、1位の回数か2位の回数のどちらかが当たれば5倍の配当となっている。

SUPERドラゴンJACKPOT(SDJP)[編集]

1ヶ月に1度発動する大判振る舞いシステム。詳しいことは公式を見るとよろし。

関連項目[編集]


Ronjeremy mario.jpg このゲーム「MFC」には、致命的なバグ・不具合が含まれています。このままでは発売できませんし、仮に発売しても非難の嵐となるでしょう。発売を延期してでもデバッグに参加して下さる開発者を求めています。 (Portal:スタブ)