黄エン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情錆びないユーモアが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。
Walkingmonkey.jpg
独自研究:この記事や節の内容は独自研究であるとする見方もあるようですが、ここアンサイクロペディアで笑いを取るためには自分のアイデアを記事に注ぎ込む事が不可欠です自己言及的なページにならない程度に我が道を突き進んでみてください。
国家社会主義ドイツ労働者党 Dieser Artikel ist von der NSDAP geschrieben worden! 国家社会主義ドイツ労働者党
この記事は国家社会主義ドイツ労働者党によって書かれた!
この記事を疑うものは、われらが総統及び全アーリア人に背いたものとして、アウシュビッツに送られる!
このページの項目名には呪われた機種依存文字があるため、仮名・略字または代用文字を用いて封印しています。本来の表記は「黄琬」です。
一度でもこの表記を使ったものには「正確な表記」の呪いが刻まれ、終わりなき訂正活動に手を出してその身を滅ぼすであろう。
「よくも俺のいとこ曹真の父曹邵のこと)を惨たらしく斬ってくれたよなあ?!代わりにお前の息子に報復しといたぜ。」
「酷吏」の黄琬 について、曹操

オリヴァー・カーン = 黄、(おりふぁー・かぁん = こうえん、141年 - 192年)は、古代中国&三国志に登場する人物。は「子琰」(『後漢書』「校勘記」の皇族の章懐太子・李賢が引く註(章懐註という)の『文選』(梁の昭明太子蕭統の著本)では「公琰」だと載っているYO!)。

ちなみにドイツサッカー選手で、ドイツ代表のオリバー・カーンは、ドイツ人のような厳格な風格をもっている黄琬と類似していることもあり、彼の生まれ変わりだといわれる。

祖父は司空郡太守の黄瓊。父の諱はわからない。子は黄門侍郎の黄奎(字は「苗澤」、『三国志物語』では「苗沢」という奴隷がいた設定となっている)。

略歴[編集]

後漢の「酷吏」と謳われた厳格な黄琬の肖像。

前半生[編集]

江夏郡安陸県出身。名門のボンボンだが少年時代に父親を失い、祖父に教育された。幼年時から聡明で、三公黄瓊の孫として神童と謳われ、「童司郎」を拝命したが、病気と称して出仕しなかったらしい。147年正月日食を目撃した。時の梁皇后(諱は」(どう。跋扈大将軍・梁冀の姉)が黄瓊に向かって「その“日食”とやらはどれくらい続くんでしょうか?」と質問した。これに黄瓊は答えを窮し歯切れが悪かった。その時に七歳の黄琬は祖父の耳に「約三日(三日月)ほどとお答えください」と囁き、こうして祖父はなんとか難関を越えて、「さすが、わが孫ぢゃ~」とかわいい孫の黄琬を頬ずりをしたという。

ある時、司空(三公)の盛允は病で床に伏した。彼は祖父の親友なので、黄琬を見舞わせた。すると盛允はこの少年が聡明だと聞くので「江南地方にある江夏郡は広大な地域ぢゃが、なにしろ蛮地で東南アジア系の民族が多く、ワシら漢族に反発しおる。君はどう思う?」と茶化すように難題をふっかけた。すると黄琬少年は「それは、司空どのがいい加減かつ適当で、彼らから馬鹿にされてるのでしょう。これはあなたの責任ですよ。」と答えた。これを聞いた盛允は「アッー!、君の言うとおりぢゃ…」と言って降参したという。

やがて、成長した黄琬は五官中郎将となり、硬骨漢で、極端な左翼的思想の持ち主で、が非常に多かった。しかし、彼を尊敬するホモ達の光禄勲・陳蕃と一緒になって、「金持ちの子弟ばかり、要職につくのはおかしい。貧農の子で有能な人材はいっぱいいるはずだ。彼らを、茂才(郷里推挙)に推そう」と運動し、こうして劉諄、朱山、殷参ら若者が官職についたという(漢だな!黄琬よ)。

だが、そのことで金持ちの官僚たちが「あいつらは有害だな!!さっさと消そう」と叫び、その裁判を黄琬のホモ達であった御史中丞王暢、侍御史刁韙に向かって「なんとしても、黄琬のクソを有罪にしろ!」と恫喝した。しかし刁韙、王暢はホモ達の陳蕃、黄琬だ大事だったので、逮捕さえもせず「俺たちは仲良くやろう」と言って、適当にやったのである。これに激怒した官僚たちが、ミカドに讒言し「あいつらはホモなんですよ。さっさと有罪にしましょう!」と言ったので、王暢は降格され、陳蕃は懲戒免職され、黄琬は刁韙とともに仲良く庶民に落とされ、田舎に左遷された。

後半生[編集]

ガチンコ左翼派の女子高生に生まれ変わった黄琬たん。

しかし、20年間の下積めを経て、184年に数少ない良き理解者である上司の太尉楊賜がミカドに上奏し「黄巾党の乱を鎮めるのは、黄琬しかいません」と言った。こうして黄琬は議郎として復帰した。やがて戦功で、青州刺史、侍中、右扶風郡太守、将作大匠、少府、太僕などを歴任し、関内侯に封じられたある意味運のいい男である。

その一方、彼は麻酔専用の医師華佗を幕僚に招聘するも、巧みに逃げられた。さらにベトナム人士壱を、配下にすることに成功し、士壱は黄琬の手足として活躍した。

間もなく、188年に豫州として赴任した。189年に蜂起した曹操をうかつに逃がしてしまった。同年に黄琬は中央に召還されたため、配下の沛国の相の袁忠(字は正甫、袁紹袁術兄弟の親族)に曹操誅殺の厳命を下した。翌190年、袁忠は軍勢を率いて、曹操のいとこ曹邵(字は伯南、曹真の父)を、曹操の代わりに嬲り殺しにした。こうして、彼は豫州全域の取り締まりに成功したのである。

曹邵を討ち取った功績などで間もなく、191年初頭に権力を握ったホモ達のひとりの董卓の推挙で、都に栄転して司徒、太尉に昇進し、陽泉郷侯に栄封された。しかし、まもなく董卓の長安遷都が強引に実施された。

これを見た左翼的な黄琬はホモ達の楊彪(恩師・楊賜の子、楊脩の父)とともに「太古にの帝族の周公は帝室の姫姓の安定を実現するために、洛邑(洛陽)を統治し、後漢の世祖(光武帝)が前漢の長安に代わってここ(洛陽)を都として、漢王朝を復興したのは人智にかなった事業です。それに逆らうのは天にさからうのと同じです!」と諫言した。さらに黄琬は「同じく太古にの王族の白公の公孫勝(太子建の子)が惣領(王室)に対して謀反を起こしたときは、おなじく楚の王族の屈廬(屈原の遠祖)が「本家(王室)に牙を剥く逆賊め!!」と叫んでこれを斬っています。これこそ古来の節義にかなったやり方です」とズバズバと直言しながら猛反論した。そのために、激怒した董卓から「この恩知らずめが!」と叫ばれながら、官職を剥奪される硬骨漢ぶりを見せた。

その後、同じくホモ達の王允の仲介で光禄大夫、司隷校尉に復帰した。やがて、王允・呂布らと共に董卓を「野郎!!」と罵って、惨殺した。火を点けてその遺体を燃やした。裴の字が引用する謝承の『後漢書』(『後漢書』とも、范曄の著書の『後漢書』とは別…らしい)によると、人望があった学者蔡邕センセを「豚野郎(董卓)の宗匠だった」という理由で斬り捨てた(これが彼の命とりとなった)。

その時、董卓の旧武将の郭汜らが平伏し「我々を部下にしてください。何でもしますから」という両人の嘆願に対して、冷酷非情な黄琬は王允とグルになって「貴様ら遊牧民は死ね死ね!!ワシらはお前らを一切赦さんのだ!」と暴言したために、激怒した両人は長安を占領し、王允を殺害し、呂布をうかつに出奔させて逃してしまった。だが、黄琬は捕らえられ投獄され、その間に虐待によって獄死してしまった。享年52。


  • 『漢末英雄記』(王粲著)、『続漢書』(東晋の皇族の司馬彪の著本)では、同郷である劉璋の祖母のにあたり、同時に蜀漢の武将の来敏の姉の夫でもあった…と記載されている。
  • 異説としては、荊州牧劉表の武将の江夏郡太守黄祖は、黄琬の遠縁の「いとこ」で、その子の黄射は「おい」にあたる…らしい(なんか、『野史』っぽいけど…)。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「黄琬」の項目を執筆しています。
歴史の渦に巻き込まれる! この項目「黄エン」は、歴史に関連した書きかけ項目から歴史に残る記事進化しなければならない。
歴史は今作られている!君の名をこの記事(の履歴)に刻むのだ。 (Portal:スタブ)