黄色い子はいらない子

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
こういう子

黄色い子はいらない子(きいろいこはいらないこ、Kiroi Ko-ha-iranai Ko)とは、アメリカ白人至上主義団体KKKがかつて用いていた、黄色人種追放キャンペーンのスローガンである。

概要[編集]

黄色人種を串刺しにする図

この語が誕生した時期ははっきりしないが、1910年代にはすでに登場していたと見られる。その後、1924年排日移民法の制定を機にこの語は急速に広まった。しかし、KKKの衰退とともにこのスローガンも廃れていった。しかし、現代でもインターネットでこの語を用いるネット弁慶が後を絶たず、依然として人種差別問題が根深いことを物語っている。

派生として、「黒い子はいらない子」「ユダ公はいらない子」「黄進煥はいらない子」というスローガンもあった。三段論法として、「神は自らの姿に似せて人を作られた」「神は黄色くない」「故に黄色い子は人ではない」というのが彼らの論拠であった。

斯様に、様々な迫害に会いながらも、ゲッター線に選ばれた黄色い子たちは持ち前のゲッターガッツでしぶとく世界中にはびこり、今日も「黄色い子はいらない子」と言われ続けている。

私は黄色いけどいらない子じゃないよ[編集]

朕も黄色である

そもそも「黄色」と言っても本当にカラーチャートで見ると薄い茶色のことです。


公式ソング[編集]

  • 要らない黄色い子のテーマ
    「4ね、氏ね、史ね、市ね、シネ、ツネ、神事前~、黄色いサルめを(以下略)」

関連項目[編集]


ひよこ この項目「黄色い子はいらない子」は書きかけだよ。書いた本人とひよこ陛下が言うんだから間違いない。より素晴らしい記事にできるってなら、してみやがってください。お願いしましたよ。 (Portal:スタブ)