黒ギャル

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディアンがとても偏っている証拠に、「黒ギャル」の項目はまだありません。アンサイクロペディアンとの格の違いを見せつけてやりましょう。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「黒ギャル」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「黒ギャル」の記事を執筆しています。

黒ギャル(くろ-)とは、1990年代後半の日本で発生した突然変異種である。

概要[編集]

全盛期に渋谷を闊歩していた黒ギャルの群れ。

黒ギャルはその名の通り外皮が茶色若しくは黒色をしており、一見すると黒人のような外見をしているが血縁上は日本人であり体型等の特徴は日本人そのものとなっている。人種的に日本人は北方系モンゴロイド(古モンゴロイド)と南方系モンゴロイド(新モンゴロイド)の混血末裔人種であり、また気候に対する遺伝子対応[1]により基本的には黄色人種な筈だが黒ギャルはその流れから大きく外れているのである。

体色以外での特徴としては、言語体系の独自化が挙げられる。所謂ギャル文字やギャル語を更に先鋭化したような特殊な言語を使用するが、発声や表記が独特なだけで日本語のコミュニケーション自体は不可能ではない。ただしギャルより更に知能が低い為、そういった意味では意思の疎通は困難である。また生殖意欲が高い[2]わりに生殖機能が低いというのも特徴である。その為頻繁にセックスを行いたがるが個体数は殆ど増えておらず、2010年代には絶滅危惧種に指定されている[要出典]

その後[編集]

二次元メディアでの黒ギャル。

黒ギャルは個体数の激減により、保護施設観察する程度でしか御目にかかれない稀少な存在となった。更にその場合、日焼けやボディメイクで日本人が偽装している事も多く本物に会うのはかなり難しくなっている。一見では分かりにくいが、偽装の場合言語能力が明らかに高かったり漢字が書けたりする。疑ってかかれば判別は容易である。

しかしその代用という事で、イメージアイコンとして二次元メディアで盛んに用いられ始めた。黒ギャルにすることで「セックスに抵抗がない」「人間関係にルーズ」「他も基本的にだらしがない」「色々な意味でとにかく奔放」というキャラクターイメージを付ける手法がその代表である。

尚黒ギャルとは逆にメラニン色素が殆ど生成されない「白ギャル」も確認されているが、体表面以外に黒ギャルとの差異が乏しく本質的には同じ生物ではないかと言われている[誰?][3]。また黒ギャルと白ギャルの交雑結果として灰ギャルも存在する可能性があり、今後の研究が待たれている。

脚注[編集]

  1. ^ 分かりやすいのが皮膚のメラニン色素生成限界の差異。黒人の場合はメラニン色素生成量が非常に多く紫外線に強く反応するが、日本人は紫外線を受けてもメラニン色素が生成されにくく皮膚が炎症を起こしてしまう。
  2. ^ 黒ギャルではない日本人が同じことをした場合、ビッチ扱いは免れない。
  3. ^ ただし白ギャルはメラニン色素不足から日光の強い場所を苦手としており、両者の棲息域は基本的には重ならない。

関連項目[編集]

Bouncypotato.gif
この記事「黒ギャル」は何故か「ギャル」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。