鼻炎

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「鼻炎」の項目を執筆しています。
消火活動中。

鼻炎(びえん)とは、の中が燃え盛っている状態である。

概要[編集]

人間には「鼻」と呼ばれる2つの穴があり、とても無用心な事に鼻の穴よりも小さいものは比較的簡単に侵入を許してしまう。侵入者が害のない空気ならば良いが、稀にウイルスアレルギー物質などの放火魔が侵入し、鼻の中を燃やし始めてしまう。この放火された状態を「鼻炎」と呼ぶ。

炎上による被害[編集]

  • 鼻が燃えているため、とても話しづらく会話に支障をきたす。
  • 当然ながら鼻が燃えているため鼻が痛くなる。特に後述の「鼻水」を過剰に排出した場合に痛みを発する。
  • 燃え盛っているため炎上地域拡大の恐れがある。

炎上地域の拡大[編集]

炎は燃え広がるものであり、人体も例外では無い。鼻で燃え上がる炎は副鼻腔中耳に飛び火し、被害を拡大させる場合も多く、鼻のみの火災と侮ってはならない。鼻は人間のあらゆる部分と繋がっているため、鼻を超えると被害は拡大する一方である、何せ鼻から耳に燃え移るほどなのだから。

この炎は明暦の大火明和の大火といった大火災のような広がりを見せることは無く、じわじわと広がっていくという特徴がある。そのため本人が気づかぬ間に予期せぬ範囲まで被害が広がっている場合があり、注意を要する。

直接的なものでは無いが、くしゃみなどの放火活動により他者に燃え移る場合がある。これを防ぐ為にはマスクと呼ばれる防炎グッズを着用すると良い。

花粉による大規模な炎上[編集]

日本で植林を行う場合多くはの木を植えるが、杉の木は花粉と呼ばれる物質を大量に発生してしまうというデメリットが存在する。この杉の花粉を筆頭に、白樺などの樹木やブタクサなどの野草にも花粉は存在し、花粉に耐性の無い人間は花粉症と呼ばれる病に冒される事となる。

花粉症に冒された人間は鼻が燃え続ける長く苦しい地獄に囚われ、その期間は驚くべき事に概ね4月から10月と半月にも亘る。このような大規模災害に対し、環境省は事態を重く受け止め、花粉の飛散情報を提供している。

人体による鎮火作用[編集]

鼻炎が発生している場合、人体が消火活動を行う為に鼻腔などに鼻水と呼ばれる消火液を送り込む。鼻水は粘性が高いものから低いものまで存在し、粘性が高い場合は鼻が詰まり、低い場合は鼻の外に飛び出てくる。そのため不要な鼻水を体外に排出する「こう鼻」と呼ばれる行動を行うのだが、こう鼻を行い過ぎると鼻が痛くなるなどの弊害が存在するため、決してこう鼻をしすぎてはいけない。

鼻炎に関する注意[編集]

鼻炎が発生した場合は消防署に通報するのではなく、最寄の医者を訪ねるべきである。仮に消防署に通報した場合は「お前は何を言っているんだ」と説教されるのがオチである。

関連項目[編集]


Upsidedownmainpage.jpg 執筆コンテスト
本項は第24回執筆コンテストに出品されました。