1+1=2じゃない

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事には冗長性が不足しています。
改善には十分なメモリーとブロードバンド回線と大きなディスプレイくじけぬ心が必要です。
アンサイクロペディア法
を熟読した上で、分量を増やして下さい。

1+1=2じゃない(いちたすいちはに‐)とは、天文学的数字のこと。

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「1+1=2じゃない」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

1+1=2ではない理由[編集]

このフレーズは精神論を語る熱血漢や、一部の先生、教授などその他大勢がこぞって語る常套句となりつつある。誰が言い始めたのかは定かではないのだが、これを口にするのは結局n番煎じとなる。かの有名なエジソンも泥団子を一つと一つ作り組み合わせると一個になる、つまり1+1=1という式を生み出した。つまり1+1=2じゃないってことさ。

1+1=2にならない場合[編集]

  • たんぼ
  • 1=2という方向性。
  • 1+1=無限の可能性、という可能性も。

そもそもなぜ1+1=2なのか[編集]

数学という教科では、まず数字の概念を学んだ後に加減乗除の計算を学ぶ。加減乗除の中の加法(足し算)を学ぶ際にまず最初に習うのは、1+1の式である。ここではほぼ100%答えは2であり、(数学では)余程の阿呆な教師でない限り、他の答えは出て来ない。カメラマンのシャッターを押すときの掛け声として「1+1は?」と言われたときの返答としても「2」[1]という。これらのことからわかるように、「1+1=2」という数式は数学の世界の根本だけに留まらず日頃の生活にも深く根差している。にも関わらずそれを否定する説を誰も否定しない。これは誰も気にしないのだろうか。 また、物心ついた幼児反抗期のDQNがわかっているくせに発言し、食卓が凍りつき気まずくなる究極の質問、「赤ちゃんはどこから来るの?」という質問に対し、正当な答えは、「あなたと合体=1+1」からの「できちゃった」による「1+1=できちゃって3」だが基本的に「こ…ここココウノトリが運んでくるんだよ」なる回答を正当化するための陰謀だと思われる。

脚注[編集]

  1. ^ 理由としては「2」というのが正しい答えであるからというのと、「2(にー)」と言う際に笑顔が作りやすいから、と言われている。

関連項目[編集]