シルバーウィーク®対策協議会

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

2009年秋季ゴールデンウィーク®対策協議会(にせんきゅうねんしゅうきごーるでんうぃーくたいさくきょうぎかい)は2009年9月におそらく初めて訪れる奇跡の大型連休を如何にして過ごすかその方法を検討していた団体である。その後シルバーウィーク®対策協議会に改称した。

奇跡の大型連休とは[編集]

September2009.JPG
上の画像を見てほしい。9月20日9月21日9月22日9月23日の4日間が立て続けに赤くなっているのが分かるだろう。これは日本の怠惰な政治家がハッピーマンデーという怠惰な連休法案を通したことによって数年周期で起こることになってしまった現象なのである。この団体はいずれ来るこの連休を如何にして楽しもうかということを検討することを目的としている。

何故2009年秋季ゴールデンウィーク®対策協議会は設立されなければならなかったのか[編集]

簡単である。人を会社などで雇っている雇用主は2009年9月になるとこう言うだろう。「お前は今年5月のゴールデンウィーク®で十分十分十分休んでいるではないか。それなのに書き入れ時に」そう、上司にとって部下に与える休暇など5月の大型連休と夏休みくらいでいいのだ。できれば休まずに一年三百六十五日働いて欲しいくらいである。しかし、2009年9月は4日間の祝日が用意されている。祝日はキチンと休むべきだ。そのためには権利を主張しなければならない。そうして生まれてきたのが「2009年秋季ゴールデンウィーク®対策協議会」である。また、別の側面もある。今のうちから何をしようか考えておこうというわけだ。

2009年秋季ゴールデンウィーク®対策協議会の主な活動[編集]

主な活動としては、

  1. 2009年9月の大型連休を休ませてもらえるように必死に抗議する。
  2. 2009年9月の大型連休に何をしようか考える。

この二つに限る。1の例としては壮大なデモストライキ、通常の従業員の三倍働いて来る大型連休の前に仕事を終わらせる方法についての講習や、自宅警備員の採用試験に合格するための授業などが行われる。

2としてはひたすら会議室に篭ってああでもない、こうでもないと問答のごとく何をするのか考えるのである。次の奇跡の大型連休はいつになるか分からないのでこうして考えておくのである。実際に2009年9月になってからでは遅いのである。その時になって考えても、良い案が出るとは到底思えない。だからこうして考えておかなくてはならないのである。

今後の展望[編集]

2009年9月が終わったらこの団体はどなってしまうのだろうか。まず、反省会を行うこととなっている。実際に2009年9月に我々は連休を満喫できていたのか改めて確認を行うわけである。そして、次の奇跡的大型連休がくるまでデモ用の武器でも購入して待つこととなる。

なお、計算によれば2009年の次は2015年であるが、サードインパクトが起きるのでなんら問題ない。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「シルバーウィーク対策協議会」の項目を執筆しています。