2100年問題

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事には冗長性が不足しています。
改善には十分なメモリーとブロードバンド回線と大きなディスプレイ母性が必要です。
アンサイクロペディア法
を熟読した上で、分量を増やして下さい。

2100年問題(にせんひゃくねんもんだい)は、2100年2月28日23時59分59秒を過ぎると、コンピュータが誤動作する可能性があるとされた問題。

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「2100年問題」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

経緯[編集]

標準的なRTCの実装ではうるう年かどうかの判断を4の倍数かどうかのみにより判断しているが、グレゴリオ暦では100年に一度はうるう年ではないというルールがある。

1900年はまだコンピュータが存在しなかったし、2000年はさらにもうひとつのルール「400年に一度はうるう年」と重なったため大きな問題は起きなかったが、2100年はコンピュータが初めて100年に一度はうるう年ではないというルールを越えたために生じた問題である。

結果[編集]

本来無いはずの2月29日がコンピュータ上で生じてしまったため、金融系をはじめ多くのも分野で障害が生じ、2000年問題以上に大きな問題となった 。以下に障害の例を示す。

  • 一部の鉄道ダイヤ管理コンピュータの曜日が狂って3月5日(金)に土曜ダイヤとなってしまい、混乱が生じた。
  • 2月29日が入ることにより、各種料金の日割り計算に狂いが出た。
  • 存在しない2月29日が賞味期限の商品が店頭に並び、消費者が混乱するとともに、メーカーの賞味期限チェック体制に批判が集まる。
  • 世界中で盛大なる花火大会が行なわれ人間がみな灰になる
  • PS3、PS4が誤作動(エラー:8001050F)し、PlayStation Networkにログインできなくなる
    • PS3、PS4が動かなくなり、ゲームをする人が少なくなる
    • ゲームのしすぎで目を悪くする人が減る
    • メガネが売れなくなってメガネ店が倒産する
    • 生活に困った店員がノラ猫を捕食する
    • 猫が減ればネズミが増える
    • 桶屋が儲かる
    • 「桶屋が儲けてオールオッケーなんちゃってワロスwwwwwww」

批判[編集]

2000年問題の際の反省がまったく生かされず、対応を後回しにしてきたために被害が大きくなったとして、IT業界全体が大きな批判に晒されることとなった。

関連項目[編集]

NOW LOADING .... Loading bar blue.gif
2100年問題の執筆者をロード中です。しばらくお待ちください。
待ちきれない場合は自分で執筆してください。 (Portal:スタブ)