398円

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

398円(さんびゃくきゅうじゅうはちえん、さんきゅっぱ)とは、スーパーなどでよく見かける謎の価格である。

[編集]

その商品自体は400円ぐらいのものなのに、わざわざ398円として販売する意味が分からない。398円というのは微妙な価格設定である。

よって、この価格設定になったのはいくつかの理由があると思わざるを得ない。

理由[編集]

ここからは、そのいくつかの理由を記していく。

錯覚[編集]

398円とすることで、300円台と購入者に認識させることにより、実際よりも安く感じるという錯覚のひとつを利用している。

よって、398円の商品が多いスーパーは、こすっからいスーパーである。

感謝の言葉[編集]

「いつもスーパーに来てくれて、サンキューや」ということで、398円になった。

よって、398円の商品が多いスーパーは、礼儀がしっかりしているスーパーである。

なぜか感謝の言葉が関西弁なのは、気にしたら負け

小銭[編集]

スーパーも、おつりを支払わなければならないので、小銭をたくさんもらいたい。

なので、小銭をたくさんもらえるように端数を多くして、398円になった。

よって、398円の商品が多いスーパーは、小銭が足りないスーパーである。

しかし、500円か1000円で払われるのがオチで、小銭は減る一方である。

画的[編集]

400円だと、0が二つ並ぶので、ちょっと間抜けな感じになってしまう。

399円でも、9が二つ並ぶので、間抜けである。

398円ならば、同じ数字が二つ並ばないので、カッコいい

よって、398円の商品が多いスーパーは、美的センスが有り余るスーパーである。

言葉的[編集]

400円は、よんひゃくえん。399円は、崩してもさんきゅっきゅー。なんかかっこ悪い。

398円ならばさんきゅっぱー。言いやすいし、覚えやすい!!

よって、398円の商品が多いスーパーは、言葉のセンスが有り余るスーパーである。

フリーメイソン的[編集]

フリーメイソンが隠しがちな数字、666

6×6×6=216であるが、216=3×9×8でもある。

よって、398円の商品が多いスーパーは、フリーメイソンに属すスーパーである。

893的[編集]

398。ひっくり返せば、893

よって、398円の商品が多いスーパーは、893によるスーパーである。

156的[編集]

hydeの身長+hydeの身長+herro =156+156+86 =398

よって、398円の商品が多いスーパーは、店長の身長が156cm。

あれ的[編集]

あれこれのときそれだから、あれは398円である。

よって、398円のあれが多いあれは、それである。

関連項目[編集]


身長 この項目「398円」は、内容が足りません土井さんの身長のように。この記事をhydeも羨むように成長させてあげてください。お願いします。 (Portal:スタブ)