A-Train

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Bouncypotato.gif
この記事「A-Train」は何故か「A列車で行こう」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「A-train」の項目を執筆しています。

A-Train(ええとれいん)は、鉄道建設に使用される万能車両で、日本では日立製作所が国産化している。

A-Trainの語源[編集]

Advanced(ハッテン)・Animety(アニヲタ)・Ability(非インポ)・Aluminum(ボケの発生源)・Abuse(荒らし)・Affiliate(うぜえ)・A-cup(お察し下さい)などのAをとったとされている。このどれを示すものかは定かではない。

欧米での活躍[編集]

もともと18世紀に製造された初めてのA列車は、大統領を1年以内に西海岸に送り届ける目的で、インディアンの強制連行や囚人労働で枕木一本ごとに人柱ひとつといわれた某鉄道会社のためのものであった。

この初期のA列車は、夜間の工事はできずトンネルの掘削も不可能だった。またA列車は非常に高価であり、その建造費用を支払ったら鉄道会社には10万ドルの資金しか残らなかったといわれている。

実際は強引な株取引により多量の資金を確保して、みごと1年以内に大陸横断鉄道を完成させた。しかし、この間の不正取引や違法な会計操作、当時の大統領との癒着などが明らかとなり、大疑獄事件に発展し当時の社長が逮捕されている。

満員の乗客が乗った列車が乗客ごと解体撤去されるなどの惨事も、相次いで発生したといわれる。

日本における鉄道ブーム[編集]

その後、第一次大戦後は電気鉄道の時代となり、日本でも無数の鉄道が開通した。

しかし当時の土木技術は未完成のものであり、急峻な山岳地帯を多く持つ日本国内では、大規模な鉄道建設には非常な困難が伴った。

西部鉄道によるさいたま開発[編集]

広大なさいたまを支配下においていた西部鉄道は、さいたま西部の開発を急いでおり、A列車を国産化することで迅速な鉄道建設を目指した。

最大の設計目標は、秩父多摩と隔てる山岳地帯・正丸峠の突破であった。

このためには長大トンネルを必要とし、蒸気動力を利用したオリジナルのA列車は、検閲により削除 動力に変更され、煤煙も出さず慰安所も強制連行も必要としないクリーンな土木工事を提供した。

国産版A列車の主な特徴[編集]

  • 軽量アルミボディ。軸重制限の厳しい日本の鉄道では、アルミを型から搾り出して製造した軽量ボディが非常に効果を発揮している。
  • 自立型二足歩行の採用。二足歩行は日本人のロマンである。
  • 制御システムにフリーウェアの大幅採用。軟弱地盤の多い日本で、ぐにゅ汚染を憂慮する声もあったが、コスト削減に大いに役立った。開発過程で一部のファームウェアにGPL違反が見つかったが、ただちに謝罪と賠償を行っている。

各社での採用事例[編集]

  • 西部20000系 - 西部鉄道が採用。二足歩行形態に変形可能であり、作業効率がオリジナルのA列車に比べて向上した。
  • TX1000系、2000系 - さらに萌える外観を目指して、デザインをサンライズに委託しアキバエクスプレスの語源となった。
  • 東葉2000系 - 沿線のナリバンや地主の抵抗を排除するため、西部NRA並みの重武装をしている。このための費用増大から、同社路線の運賃は法外に高額で、東葉高額鉄道と呼ばれるありさまとなった。
  • 英仏海峡線高速鉄道 - 英仏海峡をまたぐCTRL+ALT+DEL各線の車両として受注を獲得している。基本構造は日本型A-Trainとほぼ同様だが、高速性能アップのためヒカリアンの一部コンポーネントを流用している。

以下スタブ

関連項目[編集]


東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「A-Train」は、延伸の案が出ています。延伸して下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)