Apacheソフトウェア財団

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「Apacheソフトウェア財団」の項目を執筆しています。

Apacheソフトウェア財団(アパッチソフトウェアざいだん、Apache Software Foundation 略称ASF)とは、アメリカに本部を持つ財団である。本職はの養殖であり、それ専業の業者と思われがちだが、実際にはかなりの多角経営を行っている。

事業[編集]

本部[編集]

鯖の養殖
財団のスタート地点である。元々はアメリカ国立の研究所が行っていた事業だが、飽きてほったらかしにされていたものを引き取った。養殖用の建物もぼろぼろの穴だらけだったものをつぎはぎして使い、それが財団の名前の元になったとされているが、現在財団はそれを否定している。
雄猫の養殖
コーヒーが好きな雄を養殖している。コピ・ルアックの元にでもするのだろう。元々は後述するジャカルタ支部の事業だったが、面白そうだからと言う理由で本部が召し上げた。
アリの養殖
働き者で欠点のないアリの養殖を目指しているらしい。言うことを聞かせるのはなかなか大変なようである。これもジャカルタ支部からの召し上げである。
ポイの作成
すくうのは金魚ではなく、曖昧で中途半端な表や文章である。
養殖キットの製造
鯖を泳がせるためのプール、雄猫のおもちゃ用の毛糸玉、飼料を運ぶためのバケツ等、養殖に便利な道具をまとめてキット化している。
わたあめの製造
雲のように大きくてふわふわ。工員はおさるさんで、彼らの給与はわたあめである。動物虐待、労働搾取であるとの批判があるが、本人達は喜色満面でサムズアップしている。

このほかにも様々な事業を展開する。

ジャカルタ支部[編集]

ジャカルタ支部は広大なコーヒー農場の中にあった。コーヒー栽培に役立つ事業を展開していたが、2011年12月21に解散した。 大部分の事業は本部が継承した。 支部の建物は荒廃が進みつつある。

図書館の経営
コーヒー作りに関しての書物が収集されている。中には古文書のようになっていてすでに役立たないものもあれば、新しすぎてやっぱり役立たないものもある。
タービンの作成
コーヒーを原料にして動くタービンを作っている。日々クモの巣をぐるぐるかき回してどうにかしているようである。
おもりの作成
中にはコーヒー豆が詰まっている。ただで配られているので方々で使用されている。

ジャカルタ支部も他に様々な事業を持つ。

また、ジャカルタ支部ほど大きな支部ではないが、支部が他にもいくつかあり、それぞれに事業を展開している。


NOW LOADING .... Loading bar blue.gif
Apacheソフトウェア財団の執筆者をロード中です。しばらくお待ちください。
待ちきれない場合は自分で執筆してください。 (Portal:スタブ)