BSE

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

BSE(Bovine Spongiform Encephalopathy、牛海綿状脳症)は、天然のスポンジを生産するために、に意図的に罹患させる病気である。

概要[編集]

工業的に量産されているスポンジの97.3%は、石油を原料とするプラスチック製である[1]。このペースで石油を消費し続けた場合、約40年ほどで石油が枯渇してしまうと予測されている。

その現状を打破すべく開発されたのが、食用として飼育されている牛の中でも捨ててしまう部分であるを用いたスポンジであった。

1986年メシマズの国で始めて生産されると、瞬く間に世界中で流行[2]し、日本でもごく少数ながら生産されるようになった。製造の際にはプリオンと呼ばれるタンパク質で出来た物質を用いるとされているが、実は正確な製造法は解明されていない。

手軽にスポンジを生産出来るだけあって、BSEは瞬く間に世界に広がり、2001年9月10日には千葉県に上陸、日本進出を果たした。2003年にはアメリカ合衆国に上陸し、大きな話題となった。以降も少量ながらスポンジの生産が行われている。

危険性[編集]

良いこと尽くめのように思われるBSEスポンジだが、欠点もある。それはヒトも感染するという点である。1993年にイギリスの少女が感染して以降、BSEは瞬く間に世界に広がり、2020年現在で、変異型のクロイツフェルト・ヤコブ病と合わせて19万人近くが罹患している。人間が感染した場合も脳がスポンジ状になるため、患者が死亡した場合は、勿体無いので脳のみを取り出し、製品として販売している[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ 因みに残りの2%はヘチマ、0.7%は山崎製パンスポンジケーキである。
  2. ^ 色々な意味で。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「牛海綿状脳症」の項目を執筆しています。


この項目「BSE」は、記事というより味無し酢豚です。この味無し酢豚に味付けしてください。貴方なりに美味しくしてください。お願いします。 (Portal:スタブ)