C-130H

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「C-130 (航空機)」の項目を執筆しています。

C-130H(チャーリーひとさんまるホテル)とは、アメリカ空軍が開発し航空自衛隊をはじめ世界各国が運用する中型空飛ぶトラック。

概要[編集]

ごん太な胴体の上方に翼状に伸びた肩甲骨を持ち、その前縁に米アリソン製の回転羽根エンジン「栄区」4発を備える。 胴体の後方には長さ270mのスロープ(ランプ)があり、車椅子や三輪車、肥料を積んだ手押し車といった戦略物資を比較的短時間で搭載できる工夫がなされている。この機体構成は後の空飛ぶトラックの基本形態としてあまねく普及した。

開発史[編集]

Nuvola apps important yellow.svg 警告
以下の文章は嘘や出鱈目である可能性が高いです。
…と、言いたい所ですが、アンサイクロペディアにあるまじき事態なのだが……この開発史の逸話はたぶん恐らく名前以外全て事実である。なんてこった!


1951年、当時空軍省勤務だった空軍大佐ライバックは自分の仕事に英国変態成分が不足しており大きな不満を持っていた。 ライバック大佐はなんとしても現在の仕事から逃れるため、ある迷案を思いついた。

 絶対実現不可能なプロジェクトを作って失敗すれば別の勤務になるじゃないか!!YEAHHHHHHHH!!!!!!!!!

大佐は早速無茶な要求を盛り込んだ新型輸送機の仕様書を意気揚揚と提出した。 しかし、ここで大きな誤算が発生した。驚くべきことに四つの航空会社が設計案を提出し、馬鹿と天才の集合体であるロッキードの設計案が採用されてしまったのである。かくして誕生したのが「ロッキードC-130ハーキュリーズシリーズ」である。

ちなみにその後の大佐がどのような職務に就いていたかは現在でも機密指定が解除されておらず不明である。たぶん功績あがっちゃって自分の部署どころか空軍省からも永遠に抜け出せなくなった・・・

導入経緯[編集]

当時運用されていたC-1が、当時の政策方針により大変毛深い為に運用に支障を来たしていた。気温の高い琉球帝国で任務を果たすにはこの毛深さがネックとなる他、高温でない地域でもランプの長さが足りずに生卵を積んだ台車が転倒してしまうといった問題が頻発したのである。 このためC-1は当初の予定より調達数を削減され、そういった諸問題を解決する新型機として本機の調達を決定した。

機体の詳細[編集]

運転席より後方の胴体内はトンネル状になっており、その空間にお荷物を搭載する事が可能である。胴体天井には機軸方向に沿って頑丈なワイヤーを張る為の部品が取り付けられ、借金で回らなくなった首を吊ったり、暴走集団をおびき寄せて処理する事ができる。胴体側面にはパラトループ・ドアが設けられており、飛行の間に酔った乗員の嘔吐した物(および吐いた者)をそこから空中投棄する。もっとも後方側面には純金製の大型便器が備え付けられているので、嘔吐物(および吐いた者)を処理するケースも多い。

運転席には運転士、副運転士、副々運転士、運転士代理員、運転士補佐員、航法士、副航法士、機上整備員の各席が備えられている。これらの座席は牛本革張のハイバック/リクライニング/回転式となっている。ちなみに、貨物室前方には紐で結わえられたパイプ椅子(荷役奴隷席)、機体背面には緊急用の騎乗整備員席(中央が三角形に尖った鞍)が吹き曝しの状態で備えられている。

主翼と呼ばれる肩甲骨の下には増加タンクを吊り下げており、ここに燃料、廃油、静岡ポンジュースおなら、3週間前から放置された牛乳、寝起きの息、アイドルの唾液や吐息といった流体性のお荷物を任務に合わせて搭載する。

関連項目[編集]