F-3 (戦闘機)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事は右に寄り過ぎています。
ここが真ん中です。
Tennnouninnka.jpg
畏クモ天皇陛下ハ御自ラ全臣民ノ爲ニ
本項ノ全内容ヲ天覽遊ハサレタリ
Naval Ensign of Japan.svg 大本營認可
本項ノ全文章及全内容ハ完全ニ正シキ事實トシテ大本營ニ依リ認可セラレタリ
全臣民ノ爲ニ畏クモ現人神タル天皇陛下ハ御自ラ本項ニ御目ヲ通サレ給ヘリ
此ノ項目ノ内容ヲ疑フハ現人神タル天皇陛下ヲ疑フト同義ニシテ
誤リタル思想ヲ持ツトセラルヽ場合ハ政治犯思想犯トシテ内亂罪ノ對象トス
田村ゆかり2 small.jpg
来年のことを言うと鬼が笑う。
このページはいずれ生まれるであろう人物、いずれ設立されるであろう団体、いずれおきるであろう事件について取り扱っています。
故に多くの禁則事項を含むかもしれません。
このF-3は一応馬鹿にはなっていますが、文章構成など変なところがたくさんあります。
早くりっぱな馬鹿にしちゃってください。
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「F-3」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

三菱・F-3(みつびし・えふすりー)とは、三菱・MRJの成功で羽振りが良くなった三菱航空機が開発した初の純国産戦闘機である。

概要[編集]

F-3は航空自衛隊で運用されていたF-15J/DJおよびF-2A/Bを置き換える目的で邀撃機タイプのA型(細かい)、邀撃機複座タイプのB型(ジコチュー)、支援戦闘機タイプのO型(おおざっぱ)、支援戦闘機タイプのAB型(つかみどころがない)が開発された。

2010年代に開発された先進技術実証機「心神 (航空機)」(ATD-X)の拡大発展型として開発され、新規にかかった開発費用はF-2支援戦闘機の2分の1程度で開発されたが、キルレシオで見ればらぷたんイカ娘(飛行型)らいとにんぐたんぱくふぁたんとほぼ互角、殲-20は余裕で撃退できる。

なお、ASF-X 震電IIとのコンペティションにこの機体を導入する結果となったが、震電IIはその高い運動・攻撃・離陸・着陸性能から2034年から海上自衛隊航空母艦[[いずも型護衛艦|いずも]で使用されることとなった。

初期段階においてはF-15J/DJの置き換えのみを検討していたが、ついでに作ってしまえと思い至った防衛大臣が無理やりF-2A/Bの置き換えタイプも開発させた。

A/B型[編集]

F-3A/B型は「第5.5世代ジェット戦闘機」を謳い、ステルス性能・攻撃性能・生存性能・バラエティ性能・環境性能では世界随一の性能を誇る。ただし、機内でビーフストロガノフを作ることはできない。

ステルス性能[編集]

設計士の機転により、ガメラレーダにさえ映らないぐらいフェムトメートル単位での設計が行われた。だが、そんなにマグロな世界での生産が可能なのは日本人だけなので、例えモンキモデルでないものを輸出したとしても他国にはまねのできない仕上がりになっている。

攻撃性能[編集]

旧日本軍パイロットが得意としたマーシャルプランカウンターマニューヴァのしやすさ世界一を目指して開発されたが、しばしば太陽の光に紛れて敵に襲い掛かる技が一般的となっている。

生存性能[編集]

これまでの戦闘機に採用されてきたいわゆる「頑張れ飯」にいろいろと追加したりした上にエロ本を標準搭載したことで、早く国に帰りたいと隊員を焦らせる一方で、電池式GPSを座席に大量に装着し、電池が切れると順番にべつのGPSに入れ替わっているマジックをかけた。(東芝製)

バラエティ性能[編集]

操縦席にあるタッチパネル(iPadを流用している)でいつでもYoutubeを見ることができ、たとえ戦闘中でも自宅でめちゃイケを見ながらエースコンバットをやっている時のような軽くフリーな感じで戦闘に励むことができ、緊張によるミスを軽減することに成功している。

環境性能[編集]

卜ヨ夕自動車本田技研工業といった環境先進企業の環境技術をフル活用した。なお、トヨタ自動車はハイブリッドカーの開発の際に培ったCD値の提言の分野でも協力している。

O/AB型[編集]

初期段階ではC/D型と呼ばれていたが、防衛大臣のユーモアによってO/AB型に無理やり変更された。爆撃機としての性能はおろかA/B型と大差ない戦闘能力を誇り、四次元空間を使ったキッチンが採用されビーフストロガノフを作ることも可能である。カラーリングは洋上迷彩・陸上迷彩・航空迷彩の3種類である。

操作系[編集]

iPadを3枚搭載することで専用インターフェースの開発を避けコストを削減し、操縦桿もHORI社製「エースコンバット5 フライトスティック2」を採用してコストを削減し、後部座席ではSONY純正プレイステーション3用コントローラの採用によってこちらもコストを削減したうえで、新たなる装置になれなければいけない隊員の負担を軽減しており、「自宅警備員から自国警備員へ」を実践し、被雇用者の削減にも一役買っている。

インテリア[編集]

シートには「それが、両手で引いてもだめなんです…」とならないように設計された「Sofa? No, Massage SOFA☆」でおなじみのパナソニック製(市場価格35万円)脱出機構の無いただのマッサージソファを50万円かけて搭載している。

輸出[編集]

なんだかんだて輸出禁止が解除されスペックダウンバージョンのF-3IN(蘭印),F-3I(印)F-3O(豪)仕様などが開発され、500機以上が生産されるややセラー機となった。

三菱航空機は韓国政府に対してもセールスを行ったが、「韓国は国産戦闘機で充分ニダ」ということで購入を拒否した。

愛称[編集]

栄光、初鷹などの愛称を着けたがいまいち浸透しないというトラウマのあった航空自衛隊が久々に付けた相性が「龍電,Ryuden」である。非公式に大日本帝国海軍零式艦上戦闘機にちなんでA6M-IIIと呼ばれることもある。

仕様です[編集]

諸元
乗員: 1名(F-3A) / 2名(F-3B)
ペイロード: 8,450kg
全長: 約18m
全高: 約5m
翼幅: 約13m
翼面積: 約45m²
空虚重量: 約12t
最大離陸重量: 約30t
動力: イヒ F8-1 ターボファンエンジン ドライ推力: 約8000kgf × 1
アフターバーナー使用時推力: 13000kgf × 1
性能
最大速度: マッハ2.0-2.5
フェリー飛行時航続距離: 約5千km
戦闘行動半径: 500海里
武装
固定武装: JM61A1「バルカン」20mm機関砲×2:装弾数1024発
田代砲(脱着式)
陽電子砲(脱着式)
ツインイオンキャノン(脱着式)
メガ粒子砲(脱着式)
ビームライフル(BOWA・XBR-M-82-05H、脱着式)
ザクマシンガン(ZMP-50B、脱着式)
バルカンがあるため必要ないのではないかと議論されたがZMP-47Dと比較検討の末搭載。
爆弾
Mk.82 500lb通常爆弾:無誘導
てつはう
12式トラジディー鳥糞
しぶがき
愛の爆弾
ミサイル
既存の自衛隊ミサイルすべて
既存の自衛隊竹槍すべて

関連項目[編集]