FREEDOM

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情鉄分が必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「FREEDOM-PROJECT」の項目を執筆しています。

FREEDOM(フレードム、別名23世紀少年、23RD CEntuRy BOys)とは、とてつもなくフリーダムなアニメである。

あらすじ[編集]

地球が崩壊した23世紀、人類は月面移住を余儀なくされていた。そして、ドーム型人工都市EDEN」への移住を余儀なくされていた。 更に、日清カップヌードルを主食とすることを、余儀なくされていた。 又、EDENでは、「地球」というワードが禁句扱いとなっており、「地球」に関する発言をしたものは、瞬時に爆発した。

しかしそんな中、一人の少年・タケルが、何気なく月面脱出を試みるも大失敗、再教育施設(現代で言う刑務所)に送られてしまう。そして、再教育施設の中で、極悪非道の犯罪少年・カズマと出会う。

タケルとカズマは再教育施設内でみっちり可愛がられた後、脱獄、更には地球への脱出を目論んだ計画、通称「FREEDOM SEVENプロジェクト」の実現へと移った。

「地球」と発言したら即爆発という過酷な環境の中、日清カップヌードルを主食としている事からタケルは栄養失調を患う。更に頼みの綱であるカズマは阿片に手を出し、幻覚で一足先に地球へとたどり着いてしまった。自由に体を動かせないタケル、達成感で満たされたカズマ。絶体絶命の中、二人の大脱出劇が始まる。

登場人物[編集]

EDENの住人[編集]

(カッコ内は腕輪のナンバー)

タケル(TK4483R)

本名はカグナヅキ・タケルノミコト。通称「タケちゃん」。 地球という禁句ワードによる爆発を避けるため、丹念に化粧を施してホモセクシュアルを装い、「チーク」という隠語を使って地球についての会話を可能にした。 また、本作品では性的マイノリティーとして描かれているが、実際にはヘテロ・セクシュアル(異性愛者)である。 カップヌードルによる栄養失調を患いながらも、地球への移住の希望を捨てない、芯の強い少年である。


カズマ(KZ4459M)

本名は奈良カズマ。通称「犯罪」。 生まれたときの産声は、「オギャ~ッ!ぶっ殺すぞ~ッ!」だったと言う、極悪非道の少年。 阿片の使用による犯罪から、無期懲役となり、再教育施設に送られる。 再教育施設内でタケルと出会い、共に非行に走る。 作中では、阿片好きの少年として描かれている。


ビスマルク(BS4496M)

本名は、バイス・マクルスウェア・4世。通称「星銃士」。EDEN王族の末裔である。 根っからの機械マニアであり、地球への脱走への鍵となるロケット、タケルの主な移動手段である改造ビークル(現代でいうバイク)のエンジニアとして活躍する。


タイラ(KM4466K)

本名はカエラ。通称「木村」。木村カエラである。 カエラは違法改造を施したビークルによる暴走行為から、再教育施設送りされていたが、 再教育施設内で出会ったカズマとタケルと意気投合、以後「FREEDOM SEVENプロジェクト」のメインメンバーとして活躍する。


ドロワ(MS4401Z)

本名はドロワ・マッシュ。タイラがリーダーを務める暴走グループのメンバー。 腕輪のナンバーからも分かるように、モビルスーツと呼ばれる人型兵器による機動作戦を得意とする。


ゴッシュ(MS4825X)

本名はゴッシュ・ゴッシュ。タイラがリーダーを務める暴走グループのメンバー。 ドロワ同様、モビルスーツによる機動作戦を得意とする。 EDEN内で、住民を管理するためのツールである「腕輪」をはずす作業、通称「大観音開き」に成功した。


アラン(PK7953M)

本名は斉藤和義EDEN市内で最も「地球」に精通している人物である。 EDEN市内に置いて、唯一の民間管理区域「DOM区」の管理者であり、 「FREEDOM SEVENプロジェクト」の中核として活躍する。

地球人[編集]

アオ

フロリダ在住の教師。地球から月に向け、「あの日、あの場所で~2300~」「今年の千秋楽」等と、非常に不可解なメッセージを送っていた人物。 タケル達が地球にやってきた際、生活の拠点となる家の提供、金銭面でのサポート等、タケル達のサポートに徹した。


ブルアース

フロリダ在住の教師。数学を得意分野とする。 アオの不可解な発言には日々頭を悩まされており、苦悩する姿が描かれている。


アンナマリー

フロリダ在住の教師。科学担当。 教師でありながら、ラジオDJも兼業。 アンナマリーのラジオには、隠語による月に対するメッセージが多く含まれており、 後のタケル達にとって特別なものとなる。


リッキー

アオに慕うフロリダ在住の子供。タケルがアオのメッセージの描かれた写真をアオに見せた際に激昂し、 白兵戦にまでもつれ込んだ。


関連項目[編集]