FTANNS 51時間テレビ 「愛は銀河を救う」

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

FTANNS 51時間テレビ 「愛は銀河を救う」(ふたんずごじゅういちじかんてれび「あいはぎんがをすくう」)とは、フジ東京日本テレビ朝日の制作により、FTANNSネットワークで年に1回放送している長時間番組。

成り立ち[編集]

元々、フジテレビが『27時間テレビ』を、日本テレビが『24時間テレビ』を放送していたが、2013年のフジ東京日本テレビ朝日発足時に、スタッフ同士の会議で「テレビ局が合併するのだから、特別番組も足し算27時間+24時間)で合併させよう」ということで始まった番組である(ただし、日本テレビの『24時間テレビ』の実際の放送時間は26時間半だったため、この番組も実際の放送時間は53時間半となる)。

内容・視聴率[編集]

あまりに放送時間が長すぎる(実に2日と少し、まるまるテレビを占拠する)ため、毎年最初の約20時間は、明石家さんまが同じネタをしている始末である。そのため、その時間の視聴率は極めて低い(平均1.0%)。

しかし、その後の1時間は出演者全員が集合し、スポーツ中継(「ちびっこわんぱく相撲」が恒例)を放送する。この時だけは高視聴率(最高の年で43.1%を記録)である。

その後残りの約30時間は、やはり明石家さんまが同じネタをするため、これもまた視聴率が低い(平均3.7%)。

しかし例年瞬間最高視聴率を叩きだすのが、番組終了30秒前に、総合司会の笑福亭鶴瓶あれしたときである。最高の年で100%を記録した(それ以前の視聴率はやはり低い)。

反響など[編集]

以上のような内容から、毎回放映後に「内容を見直せ」「もっとまともにできないのか」「富士東京日本電視台朝日ニ告グ。所謂娯楽ヲ以テ如何ナル番組ヲ放送スル行為ハ、天皇陛下ハジメ全日本国民ニ対スル…(中略)…でしょうが、これからもがんばってください。」「ちびっこ達の取り組みに感動した」「お金貸して」「姿慎めよ」「触んなボケェ!!」「Hydeの身長は156cm」「おじちゃーん、カルメ焼き1つくださーい」「こんばんは、ジョン·カビラです!!」「宮根綾子[1]の生年月日教えて」「まりちゃんズつボイノリオを呼んで『尾崎家の祖母(おざきんちのババア)』と『金太の大冒険』を生演奏させろ!」、「荻島正己がどんな生い立ちを辿ったのか詳しく教えて!」といった苦情・批判・要望等が絶えない。

これに対し、当番組のチーフプロデューサーは愛のムチと受けとめ、「これらの企画は、みんなぼくのおじいちゃんが遺していった大切な宝物。その遺志を受け継ぎ、今のこの時代に実現させるためにやっているんです。」と涙ながらに語っている。ちなみに彼の祖父はご健在である。

なお、旧·日本テレビ『24時間テレビ』スタッフの一部は、原点回帰の意味合いも込めて、かつての『24時間テレビ』を踏襲したエクストリーム·スポーツの番組『エクストリーム·24時間テレビ』も立ち上げている。

元TBS系スタッフの間では、『オールスター感謝祭』を復活させようという動きがあるが、ローション相撲で怪我をした芸人が「おメェらにやらせる特番は無ぇ」と怒り、FTANNS系列局の約99.5%を破壊した[2]ためにこの企画はボツとなっている。

注釈[編集]

  1. ^ 宮根誠司の母親
  2. ^ この騒動の後残ったのは、北海道札幌文化放送テレビ琉球沖縄朝日放送テレビの駐車場のみ

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「24時間テレビ 「愛は地球を救う」」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「27時間テレビ」の項目を執筆しています。
この項目「FTANNS 51時間テレビ 「愛は銀河を救う」」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)