Fallout

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「Falloutシリーズ」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「Fallout」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「Fallout」の記事を執筆しています。

Fallout(ふぉーるあうと)とは、1960年代アメリカで複数のパルプ・マガジンに並行して連載されたSF作品。後日ゲーム化されている。一見娯楽作品だが、当時の政治を皮肉った内容が多く完全な和訳版は出版されていない。

概要[編集]

1960年代は冷戦体制が深刻化したいわゆる「危機の時代」であり、これは1969年にデタント[1]の流れが来るまで悪化の一途を辿っていた。特に問題とされたのは、核を巡る米ソ対立に中国が割って入ってきた事である。一度の攻撃が世界を滅ぼす全面戦争につながる状況で、毛沢東が「全面戦争に中国は耐えうる。人類の半分が死んでも問題ない、どうせ人口比率を考えれば大半が中国人になるだろう」と全面核戦争容認論を唱えた[要出典]事が米ソのタカ派/開戦論者を多いに刺激し、終末時計をのっぴきならない刻限まで進めてしまった。

戦争こそ日常であり平和である[2]アメリカと言えど、内地にまで被害が及ぶ全面核戦争は困る。程々に対立しながら結論を引き延ばし、長期的視点を持たない共産主義者共が自滅するまで冷戦体制を維持していかなければならないのである。その為アメリカ政府は娯楽業界も含めてメディアへ開戦自重論を支持するように働きかけたのだが、そこはやはり大人にならない永遠の若者国家アメリカ。言われたことは絶対素直には聞かないのがアメリカンスピリット。紆余曲折を経て毛沢東への当て擦りとして「アメリカも全面核戦争に耐えうる」というテーマの近未来SF小説『Fallout』が生まれ、同時に複数の雑誌で連載されるスマッシュヒットとなったのである。

内容[編集]

さすがに今そのとき全面核戦争に至ったという話では当局が黙っていないので、時間軸は22~23世紀頃とし「全面核戦争後のアメリカ」を描いている。そこかしこに戦争の爪痕が残り、地は裂け海は干上がっているが、人間その他生物たちは意外な程元気だった。大きなが群れをなしていたりネズミのようなゴキブリのようなラッドローチなる新種がいたりと生物多様性は健在だし、最近の若い人に心配されるバイタリティーにも満ち溢れ、陽気なDJによるポップなラジオも流れている。1950年代から60年代の文化が殆ど残っており、物資は少ないが知恵と愛国心で文化文明を維持するアメリカ人の姿が明るく描かれているのが特徴である。なかには放射性変異している連中[3]もいるが、これも当時「適度な放射性物質は健康に良い」とされていた事[4]から、「放射性物質のパワーで過酷な環境に対応出来るようになった」と全面核戦争を前向きに捉えた結果である。

しかしアメリカ娯楽作品の常で風刺時事ネタがかなり多く、ちょっと時間が経ってから読むと通じない部分もありリアルタイム読者で無ければ真価は分かりにくい。後年のゲーム版も同様で、特に日本語ローカライズ版では糠味噌をブチまけるお笑い武器「ヌカ・ランチャー」が追加されたりタロン中隊がタロン株式会社になっていたりとよくわからない変更箇所が多く、原作を知る読者からは高い評価を得られていない。

脚注[編集]

  1. ^ 緊張緩和。
  2. ^ 戦争している間のアメリカ本土は基本平和。むしろ戦う相手がいなくなると内乱が起きやすくなる。
  3. ^ 地下鉄構内で光っていたりする。
  4. ^ ラジウム入りジュースが健康飲料として売られ、当時の億万長者エベン・バイヤースが若さを維持するため毎日飲んでいる事もPRとして盛んに喧伝された。。

関連項目[編集]

歴史の渦に巻き込まれる! この項目「Fallout」は、歴史に関連した書きかけ項目から歴史に残る記事進化しなければならない。
歴史は今作られている!君の名をこの記事(の履歴)に刻むのだ。 (Portal:スタブ)