Fortnite

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「Fortnite」の項目を執筆しています。
ロゴ

もしかして: Fortnight

Fortnite(フォートニテ)とは、Epic Games2017年に公開した木材や硬いなどをツルハシで自然界から盗み、その素材から世界一ショボい建物を作り縄張りを争うことを目的としたオープンワールド型サバイバルシューティングゲームである。Pubgcraft、Forklift、forkknifeなどとも言われる。

概要[編集]

Epic Gamesは新しいUnreal Tournamentを開催することに飽き、子供から金を巻き上げるためにPeople Can Flyという日本では無名な企業と協力し、L4DMinecraftなどを合体させ、ポップな絵柄に改変させた「これで本当に世界を救えるの?」というチームを組んでNPC殺し合いをするためだけのゲームとして2011年から開発され2017年に公開されたが、すぐに大爆死したのでPUBGの流行に便乗をすると売れると確信したEpic Gamesがさらに「バトルロイヤル」というモードを急遽公開した。その政策は見事に成功し、子供から金を巻き上げることに成功した。無料と謳っているが全世界のクソガキ父親クレジットカードを盗んで買ったV-Bucks(Fortniteの通貨システム。ブイバカスと読む)にお金を使うところまで読んでいるのである。

シーズン7くらいからほぼMinecraftのような「クリエイティブ」というモードも追加された。日本でのレーティングは15才以上対象であるのに、主に幼稚園児に人気があり5歳児が摂取する新たなドラッグとして注目されて社会問題となっている。ホモにも人気だとか。 チャプター2シーズン6からクラフトとかいうほぼMinecraft要素がさらに増えた。

最近Youtubeではチャプター1の動画をあげて、「チャプター1に戻ってみた!」などとタイトルをつけて投稿し、タイトル詐欺して視聴回数を増やすことが投稿者の間で流行っている。

プレイ[編集]

Fortniteは非常に非現実的(Unreal)なゲームで、人形のキャラクターを走らせるとウサイン・ボルトより速い速度で走っていき、ジャンプするととても高い位置までに飛ぶことができるのである。さらに、ポーションと呼ばれるとてもでかいゼリーのような回復アイテムを飲ませると一瞬で飲むことができたり、非常にシュールなゲームプレイが体験できるのである。

モード一覧[編集]

世界を救え[編集]

この人達と世界を救う

People Can Flyというポーランドの会社とEpic Gamesが協力して開発し、4000円で発売された最初のFortnite。本当に6年かけてつくったのか分からない。謎のによって人口の98%が消滅し、ハスクという人間から変異したゾンビのようなものを殺しまくるPvEモード。選べるキャラクターは兵士忍者など、普通のキャラクターが無い。人口の98%が消滅して過疎なので買う意味はない。

バトルロイヤル[編集]

おそらく最も人気のあるモード。PUBGの真似をして作り、様々な機種で発売をすることによってPUBGから顧客を奪い取っている。PUBGとのポップな絵柄という点以外の最大の違いはアイテムボックスが謎のからクソ武器まで共通の所である。(Minecraft)「シーズン」というシステムを導入し適当にストーリーを付けることで話が成り立っている。課金で強くなるシステムが無いはずなのに、初期スキンでバトルロイヤルモードのチーム戦をやるとバカにされる。

クリエイティブ[編集]

自由にワールドが作れるモード。他と違い特にこれと言ったストーリーはない。友達を呼んで戦うこともできる。つまり家をショボくしたMinecraftである。バトルロイヤルモードとくっ付いている。

事件[編集]

Fortniteにはいろいろな事件がある。まさにバトル・ロワイアル

PUBG類似問題[編集]

2018年にPUBG Corpはパクリだとして訴えたが、Epic Gamesはテンセントの傘下で、PUBG Corpはテンセントと開発連携を結んでいるので裁判の内容がとても理解できない。結局裁判は取り下げしたらしい。

Apple、Google問題[編集]

App StoreGoogle Playには課金された値段の30%が取られるシステムがあり、それを回避しようと2020年にEpic GamesがEpic Direct Paymentという金儲けのためだけの支払いシステムを導入し、AppleGoogleを怒らせたのでApp StoreとGoogle Playストアで販売が停止された。自業自得なのにEpic GamesがAppleの有名なCMの1984をパクって作った風刺動画を公開し、そして裁判を訴えた。AppleはApp Storeにある全てのUnreal Engineを使用しているアプリ(ウイニングイレブン、PUBG MOBILEなど)を削除するという嘘の脅迫をしていたとか。1年も経っているのにまだ解決していない。

コーラル・キャッスル問題[編集]

コーラル・キャッスルをパクって作ったようなマップエリアがあり、名前はそのまま「コーラル・キャッスル」。2020年に権利者のCoral Castle Museumに見つかり普通に訴えられた。その時期はAppleが訴えた直後である。偶然とは思えないが…

このように、Fortniteはいろいろな企業を敵に回している。しかし、ほとんどEpic Gamesのお金の力を使って裁判を終わらしている。

同性愛との関係[編集]

詳細は「en:Fortnite and homosexuality」を参照

Fortniteと同性愛関連性の有無、原因、影響については、生物学の分野で大きな議論の対象となっていて、多くの科学的研究が、Fortniteの消費と同性愛の間に統計的に有意な相関関係が存在すると主張している。一方、他の研究ではこの関連性は控えめにされており、Fortniteプレイヤーは他の人々よりも同性愛者である可能性が高いという仮説が立てられている。この関連性の研究は新しく急速に発展しているテーマであり、Fortniteと同性愛の関連性の仮説が有効であるかどうかについては、まだ科学的なコンセンサスは得られていない。

SNS[編集]

Twitterなどに大会の結果を意味もないのに公開する量産化のガキが増えている。さらに意味もない喧嘩が毎日起こるらしい。 TwitterのFortnite界隈では絶対にフォロバしない主義らしい。 また、公式のTwitterのツイートのリプ欄にすぐメンションをする。とても迷惑である。

関連項目[編集]

Ronjeremy mario.jpg このゲーム「Fortnite」には、致命的なバグ・不具合が含まれています。このままでは発売できませんし、仮に発売しても非難の嵐となるでしょう。発売を延期してでもデバッグに参加して下さる開発者を求めています。 (Portal:スタブ)