Forum:『秀逸な記事の選考制度』の見直し及びルール化について

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
コミュニティ・ポータル > 雑居房 > 『秀逸な記事の選考制度』の見直し及びルール化について

今回はもっと具体的に行きたいと思います。みにくければすいません。本来は管理者用伝言板に書くべきだと思いますが、広くコミュニティーからの意見を募りたいと思ったのでここに書かせてもらいます。--ドドンパ 2009年1月28日 (水) 20:58 (JST)

本当に見にくくなってしまったので整理しました。以下の議論はikeによって汚染されています。発言の移動、署名追加以外に変更はありませんが、非圧縮状態の生データが見たい方は履歴からどうぞ。--ikeTalk / Contribs 2009年2月17日 (火) 04:21 (JST)

草案[編集]

たぶん今までの議論が成熟しなかったのは、あまりはっきりとした進路が見えなかったら、成立しなかったのだと思います。だから、今回は目に見える形で話を進めたいと思います。もっとも私が言いたい事は大体ノートに書き込んだのでそれを参照とのこと。

日本語版ウィキペディアにある「Wikipedia:秀逸な記事の選考」のパロディを作る。これには最低限以下の事が記されている
1.秀逸な記事の目安-秀逸な記事の大まかな基準について
2.推薦の仕方-推薦者(自薦・他薦は問わない)が推薦理由を記した上で推薦することなど
3.投票の仕方-「Uncyclopedia:投票の方針」に基づく。なるべく理由を付すべき
4.選考の是非-3票以上獲得すれば秀逸になるなど

具体的な内容は以下の通り。

秀逸な記事とは?(※ほぼWikipediaからのコピペ)

なおこれは、秀逸な記事を決めるための絶対的な基準ではない。あくまでも目安として留意してもらいたい。

  • 大多数の人がその面白さについて理解できるように、書かれている。
  • 内容が充実している
  • 完成度が高い、など。

推薦の仕方

  • Uncyclopedia:秀逸な記事の選考で選考される。自薦・他薦は問わず。ログインユーザーなら誰でも可能。ただし、以下の事をしなければならない

推薦の基準

基本的に全ての空間に存在する全ての記事を推薦出来る。ただし、以下の空間に存在するものは推薦出来ない。

  • User名前空間の記事(利用者ページ)
  • ノートページ・会話ページ
  • Undictionary名前空間の記事

以下の記事は推薦出来ない。

  • 最近2か月推薦された記事は、推薦出来ない。
  • {{NRV}}・{{ICU}}・{{Fix}}・{{expansion}}・{{cleanup}}・{{ugly}}・{{削除依頼}}・{{即時削除}}などの、削除系あるいは改稿要求系テンプレートが貼られている記事は推薦出来ない
  • 新規作成されてから2か月以内の記事は推薦出来ない

却下

推薦されてから1週間がたち、反対票が3票以上で賛成票が一票もない場合、選考は自動的に終了され、選考に通過しなかったとみなす。

推薦の取り消し

推薦者は推薦した記事について選考期間終了時まで責任を負う。つまり、推薦を選考期間中に推薦者が勝手に取り下げることはできない。

投票の仕方

Uncyclopedia:投票の方針に従う。投票権もこれに従う。1つの記事について1アカウントは1票持つ。推薦者は投票できない。賛成票・反対票しか認めない。選考期間中は何度でも鞍替えできる。コメントは可能。反対意見はできるだけ、その理由を明記する。

選考の期間

選考期間は推薦が出されてから2週間とする。それ以上は行わない。

選考の是非

以下に挙げた要件を満たした場合、該当記事は秀逸な記事に掲載される。それ以外のものは、選ばれなかったとみなす。

  • 選考期間終了時に管理者の賛成が最低2票以上で反対が皆無の場合
  • 選考期間終了時に賛成票が3票以上、かつ総票の75%以上を占めたとき
  • 管理者票も総票として含まれる。

事後処理

秀逸な記事に選考されるされないにも関わらず以下の事を必ず行う事。

秀逸な記事に選ばれた記事は以下の事をしなければならない

再選考

また、秀逸な記事は再選考することができる。(Uncyclopedia:秀逸な記事の選考で)。ただし、以下のルールが適用される。

  • 投票は「賛成」・「反対」ではなく、「除去」・「現状維持」のどちらか。
  • 除去が3票以上、かつ総票の75%以上を占めたとき、その記事は秀逸な記事から除去される。それ以外は現状維持とみなす。
  • 除去が決定された記事は以下の事後処理が発生する。
  • それ以外のことについては「秀逸な記事の選考」ルールにのっとる。

付記

2009年1月28日 (水) 02:55時点で「秀逸な記事」とされている記事は選考手続きを行ったとみなし、審査はしない。細かい文言についてはもうちょっとアンサイクロペディアらしく砕けた表現に変えたいと思います。以下の事も実行される。

※第一次改訂[1]--ドドンパ 2009年1月31日 (土) 22:22 (JST)

※第二次改訂[2]--ドドンパ 2009年2月4日 (水) 21:41 (JST)

※第三次改訂[3]--ドドンパ 2009年2月14日 (土) 23:56 (JST)

※差分リンク追加--ikeTalk / Contribs 2009年2月17日 (火) 04:21 (JST)

白黒はっきりと[編集]

だらだらと議論しても無駄なような気がするので間髪入れずに白黒つけましょう。少々強引ですが。

この草案は最後の発言から一週間意見がなければUncyclopedia:ルール作りの方法に基づき管理者用伝言板に移され、管理者の反対意見がなければ、または意見がなくても「黙認」とみなし、ただちにUncyclopedia記事空間に移されます。これもノートページで最後の発言から一週間意見がなければただちに投票を開始したいと思います。だから、俺の暴走を止めたかったら意見をココに書いて叩け--ドドンパ 2009年1月28日 (水) 20:58 (JST)

賛成。さくさくやりましょう。問題はこのページがあまり認知されていない点か…--EvoIX 2009年1月30日 (金) 10:32 (JST)
心の友はあなただけです。本当にありがとうございます。このページの反応の鈍さはお方私の予想通りです。気にする必要はありません。--ドドンパ 2009年1月31日 (土) 22:22 (JST)
おそらくこれはきっと日と場所を改めて議論すべき命題であるのかもしれないけれど、Uncyclopedia:秀逸なノートはどうしましょうか。実質誰でも追加できる状態であり、「ふさわしくない」と管理者が判断したら消されるという状況ですが。--ふぇんりる(//) 2009年2月5日 (木) 11:26 (JST)
別議論でお願いします。それに、「秀逸なノート」はどちらかというと内輪ネタ(?)で、個人的には「秀逸なノート」にそこまでの制度を作るだけの重要度はないです。--ドドンパ 2009年2月6日 (金) 00:13 (JST)
ふぇんりるさんへ 秀逸なノートは別議論のほうがいいような気がします。まああんまりガタガタするとここが秀逸なノートに指定されてしまいそうなので変な突っ込みはやめますが。

この制度が可決しても個人的にはひよこ陛下の秀逸テンプレも残して欲しいです。但し名前はぼくのかんがえたおもしろいきじで。つまらないですね。
最後にUncyclopedia:秀逸イントロの未作成項目を(再帰を除いて どうやって作ったらいいかよくわからない)作成したのでここにお知らせします。実はこっちがメインだったりするけど誰も気にしない。--フィクミア 2009年2月5日 (木) 19:34 (JST)

イントロ文作成ありがとうございます。誰も面倒臭がってしなかった作業だったのでw僕も隠れひよこ陛下ファンです。ひよこ陛下は、不可侵にして神聖な存在であるが故、陛下のご尊顔をテンプレから外せば不敬罪で私はくぁwせdrftgyふじこlp

。つまり、{{秀逸}}は存続で体制もそのままです。--ドドンパ 2009年2月6日 (金) 00:13 (JST)

必要票数・投票場所について[編集]

はいはい、本家の事情に詳しい私が来ましたよ。まず、上の草案「選考の是非:選考期間終了時に賛成票が過半数を上回れば、該当記事は秀逸な記事に掲載される。」について一言。あほ。一番大事なところをパロらないでどーする!
ウィキペディアの秀逸な記事の選考では、秀逸認定条件は「賛成票のみ3票以上」となっています。だから変な人が紛れ込んで反対票を投じると、賛成10票:反対1票という状況でも秀逸認定されないのです。それでいつも揉めるのです。参考までにこれとかこれとかこれとか見てください。もっと言えば、ウィキペディアが非常に厳しい制度を運用していることのパロディとして、アンサイクロペディアでは今まで自由すぎる秀逸認定制度だったわけです。だからこちらとしては、投票制度に切り替えるとしても、ウィキペディアの秀逸認定条件をうまくパロディ化しないわけにはいきません。
具体的には、「提案者票を除いて反対票のみ3票以上集まらなかったら即秀逸」という規定で運用できれば一番いいと思うのです。つまり提案者以外に1人でも賛同者がいれば秀逸、議論・投票参加者が少なくても自動的に秀逸ということです。投票をする以上は、少なくとも一見さんが勝手に{{秀逸}}を貼って回るような事態は避けられます。それに投票条件をUncyclopedia:投票の方針にしておけば、継続的に活動する利用者たちの間でそうそう変な投票も行われないでしょうから、それなりに秩序は保たれるものと予想しています。
ですがまだ無秩序になりすぎると危惧されるようならば、発想を変えて、アンサイクロペディアでも「賛成票のみ3票以上集まったら秀逸と認める」ということにしてもいいと思います。そして「反対意見のあらを探しをして徹底的に反論しよう。反対票を投じた人には質問攻めして反対票を撤回させよう。撤回されない反対票は特定票排除の合意を取り付けて無効にしてしまおう。反対票は我らの敵だ。万策を尽くして賛成票のみの状況にしよう!」と書き添えておくのも一興かもしれません(ウィキペディアの秀逸な記事の選考における「特定票排除」への揶揄です)。逆に無秩序になりすぎるかな、まあいいや。いずれにせよ秀逸認定条件については後で詰めればよいですが、上記の草案のままならば反対です。--かぼ 2009年1月31日 (土) 07:37 (JST)

正直、一番大事な部分の意味がいまいち分からなかった(爆弾発言)。
過半数にしたのは
  1. Wikipediaに居るようなスポイラーをある程度駆逐できる
  2. 3票だけで秀逸に選ばれるのも、どーかな?と思ったから
  3. 「3票しか」認めないと下手すると選考が長引きます。私が望む選考はきっちり2週間で決まるようにしたいので。
  4. その場の思いつき
以上の理由です。ですが、Wikipediaのパロディであるアンサイクロペディアは「過半数制」より「3票制」のほうがいいですね。逆に「3票制」の方が議論が白熱してそうですし(良くも悪くも)。そして、歴史が長いWikipediaがそうならある程度その制度が成功している証拠ですし。
よく読むと、推薦するのも投票するのもWikipediaには投稿制限がない。だから、揉めると勝手に推理しています。ならば、こっちはかぼさんが提案したように投票権で武装しましょう。けれども、「3票制」にすると選考期間内に決まるかどうかは正直やってみないとわからない。まぁ、終了時点で賛成票のみ「3票以上」集まれば秀逸。それ以外は認めないとすれば選考がきっちり2週間で終わりますが。どっちにしろ施行してからしばらく、様子を見てしましょう。--ドドンパ 2009年1月31日 (土) 22:22 (JST)
お返事ありがとうございました。「歴史が長いWikipediaがそうならある程度その制度が成功している証拠ですし」というのは同意できませんが(成功していないからパロる)、ドドンパさんご提示の新案ならばWikipediaよりまともな議論ができると思うので支持します。「反対的意見」は取り下げます。ありがとうございました。--かぼ 2009年1月31日 (土) 23:57 (JST)

じゃあいくよー。

  1. 「秀逸な記事」の部分ね。ウィキペディアじゃないんで「(可能なら)図や画像や表などがついている」は記載する必要は無いと思うんですがね。
  2. 同じく「秀逸な記事」の部分。「執筆してある程度時間のたった記事」の縛りが欲しい。ついでに「削除系テンプレがくっついていない事」なども欲しい。いや、そんな自殺志願者は少ないとは思いますけど、予想もつかないナナメ上ちゃんもいるのでねぇ。
  3. 「選考の是非」のところの前半部分と後半部分。ものすっごいわかりにくい書き方をしてます。この書き方をした理由をとりあえず教えてくだしあ。わざとですか?ナメてんですか?そんな僕でも結婚してくれますか?
  4. 同じく「選考の是非」の75%って何で?過半数じゃない理由をおじさんにこっそり教えて下さい。ママには言わないから。なお「きまぐれ」系の回答はダメですたい。

よろぴこ。--ムツケ 2009年2月4日 (水) 01:25 (JST)

挑戦的な反対意見ありがとうございんす。ちなみに向こう見ずで一途な人は俺のタイプです。
  1. 出来たら画像いっぱいな記事もいいかなと思ったまでです。まぁ、別にあってもなくても別にいい文章なので消します(「表」は明らかに要らないが)。
  2. 念には念を入れておきましょう。同意します。世の中と厨房はいつも斜め上を行きますから。「削除系あるいは改稿要求系テンプレートが貼られている記事は推薦出来ない」、「新規作成から2か月以内の記事は推薦出来ない」の条文を挿入します。
  3. 分からなかったお前が悪い。わかったか。他者提案だったのでこの条文は途中から無理やり挿入した文章です。で、不完全燃焼しちゃったんだと思います。もうちょっとグイグイ突っ込んだ文章に仕上げてみます。出来れば、どこが分かりにくいか指摘していただければありがたいです。
  4. おじいちゃん!本当にママには内緒だよ!絶対に言わないでね!ぼくね、隣のお友達おもちゃ盗んだだけなの。だって、ぼくちんにおもちゃなくてね。向こうは立派なおもちゃがあるんだもん。けどね、けどね、僕も悩んだんだよ...(自分で言ってもムカついてきたので、普通口調にします)ただ、そのまま盗んだらここの風土とは合わない。だったら最後も投票制で決めたら楽だなと思い、そうしました。思いついた時はズドンと脳に雷が落ちたようなアイディアだったのだが、今思えば、かなり薄いですね。実質過半数と変わらない。そして、過半数にしたら制度的に危ない。秀逸な記事は選ばれにくくて除去しやすい結果になります(だから、75%です。選ばれにくくて微妙に除去しやすい)。さて、ウィキペディアにおいての事例を照らし合わせてみて、色々考えてみました。(その割には、答えが単純と言ってはダメです)
  • 2週間たって3票以上75%以上が除去票の場合、除去されそれ以外は現状維持
この方が個人的にはしっくりきます。ウィキペディアでの再選考議論の中で納得がいきにくいの結果を出したのが存続1(20%)・保留1(20%)・除去3(60%)だったライフゲームと存続3(50%)・除去3(50%)のイラク。そもそもライフゲームが除去されなかったのはどっちつかずな保留票を認めるウィキペディアの制度が悪いと言い切れます(というか、ウィキペディアの選定制度の根本的問題?)。イラクはまさに半々の結果です。制度上私はこの矛盾は多少起こっても仕方がないと思っていますし、BCDさんのところで回答したように個人的には70%の確率で投票は成立すると考えています。もしイラクのような結果が頻発するようなら...すいません、今のところその対策案は思いつきません。--ドドンパ 2009年2月4日 (水) 21:41 (JST)
ムツケ氏の質問4に関して。本家では2004年9月にある利用者が「75%」の基準を含む再選考の素案を提示し、それがそのままほとんど議論されることなく方針化したようです(2004年頃のウィキペディアは今のアンサイ以上に自由さが残っていたとも言えます)。その後、何度か方針の改定が議論され、75%の条件についても緩和が提案されたりしましたが、結局そのまま残っています。なので隣のお友だちのおもちゃを盗んだだけというのは、アンサイクロペディアでの方針を作る根拠としては弱い。なお、ウィキペディアでは過去に「左右対称ルール」というのが検討されていました。それは「除去票が3票以上かつ75%以上のときは、2週間後に除去。現状維持票が3票以上かつ75%以上のときは2週間後に現状維持のまま議論終了。それ以外のときは3ヶ月間議論を続行し、最終的に多数決で決する」というものです。この場合はコールドゲームの成立要件と同じ扱いで75%を基準にしています。
それから保留票というのは、もともと利用者が少ない頃に「時間はかかるが自分で加筆できそうだからちょっと待っとれ」という理由で投じることを想定していました。今では中立を表明するために保留票を投じる人がいますが、本来の使い方からすれば正しくありません(秀逸な画像の選考などでは、きちんと中立票が規定されています)。
この際なので補足しますが、意外にもウィキペディアにはごく数人が適当に決めたルールというのが多く存在します。そしてまたごく数人の決まったメンバーだけで運用するルールも多い。「秀逸な○○」系(秀逸な記事、秀逸な記事の再選考、秀逸な画像、秀逸な一覧)にしても、わりと適当にルールが作られているせいで、整合性が取れていなかったり穴があるルールばかりです。また大抵はほんの数人で議論しており、参加者が少なすぎて不成立になることもザラです。だから「ウィキペディアからパクったルールだから大丈夫」という考え方は通用しません。ウィキペディアは真似るのではなく揶揄の対象とすべきです。むしろこちらより先にウィキペディアのルールをもうちょっとマシなものに改定したいくらいです。--かぼ 2009年2月5日 (木) 19:03 (JST)
かぼさん援護射撃、ありがとうございます。さて、日本語版のルールがザルな理由がよく分かりました。英語版なら少しは整備されているだろうと思ったら日本語版以上にザルだった。どのような基準で秀逸になるのかは規定されておらず(おそらく不文律)、流し読みした程度では分かりませんでした。それは置いといて、こっちはウィキペディアより立派な(少なくともマシな)制度を設計してまいりたいです。--ドドンパ 2009年2月6日 (金) 00:13 (JST)

草案作成および提案お疲れ様です。草案を拝見して気になった点を少々書かせて頂きます。

  1. 推薦や投票は「どこで」行うのかが記されていない。
    当該記事のノートなのか、Uncyclopedia_talk:秀逸な記事なのか、はたまた雑居房なのか、それとも管理者用伝言板なのか、もしかしてこれらとは別に推薦・投票のためのページを設けるのか――等々。とりあえず、当該記事のノートで行うのが一番楽であり且つこれまでの慣例にもそぐっているかとは思いますが、個人的には、「どこで」行うのかが決まっていればどこでも良いです。なので、他の方から何もご意見が無いようであれば、ドドンパさんに適当に決めて頂いても。
  2. この草案では「Uncyclopedia:秀逸な記事への掲載」のみが審議や投票の対象となっており、「当該記事への{{秀逸}}や{{featured article}}の貼付」や「当該記事のCategory:秀逸な記事へのカテゴライズ」についての取り決めが無い。
    まあ、「Uncyclopedia:秀逸な記事への掲載が可決された記事のみが、{{秀逸}}や{{featured article}}を貼付することができる」とか「Uncyclopedia:秀逸な記事への掲載が可決された記事のみが、Category:秀逸な記事にカテゴライズできる」といったところが現実的かなとは思いますが、個人的には、「テンプレ貼付やカテゴライズについての取り決め」が、異なる解釈の余地がない状態で存在していれば良いです。なので、他の方から何もご意見が無いようであれば、ドドンパさんに適当に決めて頂いても。
  3. この草案は、記事の追加についてしか定めておらず、記事の「除去」についての取り決めが無い。
    まあ普通に考えれば、「秀逸な記事からの除去の提案も、秀逸な記事への推薦と同様の手順をとることとする」あたりで良いのでしょうが、個人的には、「除去についての取り決め」が、異なる解釈の余地がない状態で存在していれば良いです。なので、(以下同文)

とりあえず、以上3点について草案の文中で明記されるならば、おそらく投票移行時には賛成票を投じるのではないかと思います(投票移行前に新たなツッコミを思いついた場合を除く)。いや、決めるなら決めるで、細かいところも一気に草案で示した状態で投票しちゃったほうが、後々楽なんじゃないかなと思いますので。
あ、「この際だから一気に解決させちゃおう」「間髪入れずに白黒つけましょう」というドドンパさんの方針そのものについては賛成です。やはりこういうのは勢いが大事ですしw
以上、自分ではあまり考える気のない利用者からのコメントでした。--s.fukasawa 2009年1月28日 (水) 22:17 (JST)(※「3.この草案は、記事の追加についてしか定めておらず、記事の「除去」についての取り決めが無い。」を追加。--s.fukasawa 2009年1月28日 (水) 22:49 (JST))

新たに推薦・投票のためのページを設けて選考する場合はUncyclopedia:VFHを使用すれば良いと思います。--誰か 2009年1月31日 (土) 21:14 (JST)
提案ありがとうございます。けど、え~と、いまいち使い方が分かりません。それに、私の気まぐれで「多数決」から「3票制」にします。すると、さらに使いでがなくなってしまいました。それにこれは英語版からの輸入したものらしいですが、向こうは「今日の秀逸な記事」みたいにしているので、私が考える選考案とは合致しません。だから、ごめんなさい。(独り言:編集競合してせっかく1時間かけて作った回答が消えかけたじゃないか~~!)--ドドンパ 2009年1月31日 (土) 22:22 (JST)
細かい突っ込みありがとうございます。それぞれ、別個に回答します。
  1. Uncyclopedia:秀逸な記事の選考で選考します(理由:ノートで議論すればおそらく膨大になり、そのほかの議論が見えにくくなってしまうため。そして、Wikipedia準拠)
  2. category:秀逸な記事にカテゴライズされる。また、{{featured article}}を記事の一番下に配置すること。{{秀逸}}テンプレートを記事上部に任意で配置することができる。」以上の文言を「選考の是非」に挿入します。
  3. 除去は同じくUncyclopedia:秀逸な記事の選考で。以下が適用される再選考用の特別ルール。それ専用のページを作るのもアリですが、Wikipediaでは過疎ってると私が勝手に判断。わざわざ過疎っているページも作る必要もないし。
    1. 投票は「賛成」・「反対」ではなく、「除去」・「現状維持」のどちらか。(賛成・反対だと紛らわしい)
    2. 除去3票、75%以上となったとき、その記事を秀逸な記事から除去する。現状維持3票、75%以上となったとき、その記事を秀逸な記事にとどる。それ以外になったら決選投票。過半数でどちらかが決まればOK。
    3. 除去が決定された記事はカテゴリー秀逸な記事から外され、{{featured article}}と{{秀逸}}は除去される。秀逸な記事にも掲載されない。
    4. それ以外のことについては上の「秀逸な記事の選考」ルールにのっとる。--ドドンパ 2009年1月31日 (土) 22:22 (JST)
回答・修正などお疲れ様です。前回の私のツッコミに対する回答・修正については了解致しました。
で、すいません、また細かいツッコミです。なお、「草案」から引用した箇所は斜字体で示しています。
  1. 同時期に推薦できるのは3度までとする」という文言は、これだけだと、次の2通りに解釈されてしまう惧れがあります。
    1人のログインユーザが同時に推薦できる記事数は3件のみである(=複数の人間が異なる記事を推薦することで、同時期に4件以上の投票が行われることについては問題ない)。
    Uncyclopedia:秀逸な記事の選考ページ全体において、同時に投票できる記事数は3件のみである(=同時期に4件以上の投票を並行して行うことはできない(=誰かが一気に3件推薦した場合、他の人はどれかの選考が終わるまで待たないと別の記事が推薦できない))。
    ウィキペディアに倣うということですと、おそらくは前者を想定しておられるのかとは思いますが、一応、もうちょっと明確に書いて頂いたほうが良いように思います。
  2. 選考期間終了時に賛成票のみ3票以上集まれば」という文言は、これだけだと、次の2通りに解釈されてしまう惧れがあります。
    終了時点で、たとえ賛成票が何十票集まっていても、有効な反対票が1票でもあれば、不認定となる。
    終了時点で、賛成票が3票以上集まっていれば、反対票が何十票あっても、認定されたものとみなす。
    ウィキペディアに倣うということですと、おそらくは前者を想定しておられるのかとは思いますが、(以下同文)
  3. 「推薦の仕方」の「ログインユーザーなら誰でも可能。」についても、Uncyclopedia:投票の方針に規定されている投票権を必須にしては如何でしょうか。
    これは、ドドンパさんが、「推薦および再選考の提案については、投票権を必須とすべきではない」とお考えなのでしたら、そのままでも構いません。が、個人的には、推薦や再選考の提案についても、投票権を必須にしておいたほうが良いような気がします。
    例えば、最近この記事に引っ掛かってしまったと思われる方々から、白紙化や削除を求める意見が相次いでいます。もし再選考(除去の提案)について投票権が必須でないとなると、多数の一見の方から、何回も何回も同一の記事に対して再選考の要請が行われるような事態の発生が懸念されます。まあこれは私の杞憂かも知れませんが……。
とりあえず今日思いつくのはこれくらいです(←誰も頼んでない)。参考にしたりしなかったりして頂ければ幸いです。(導入そのものについては賛成寄りなんだから、肯定的意見のほうに書いたほうが良いのかな? まあでもとりあえずコメント欄で。)--s.fukasawa 2009年2月3日 (火) 00:01 (JST)
  1. これは完全に私のミスですね。ウィキペディアにあったのをそのままコピペしただけなのであまりチェックしていなかった。ふっと思ったのですが後者の解釈でもいいですね。一応、靴下さんを無力化させますし、選ぶ方の負担が軽減できます。ただ、推薦したいのにあの厨房が邪魔で推薦出来ない事態が発生するかもしれません。無駄な心配かもしれませんが。
  2. 個人的にはこれは憲法第九条の政府見解並みの超解釈ですね。「賛成票が三票以上、反対票が皆無」の文言を入れておきます。
  3. さて、私もこれは悩みました。推薦者くらい自由にしてもいいと考えていますが、世の中なにが起こるか分かりません。アニメ関連の記事が何回も推薦されたり、ロリ画像のまさかの除去が発生するかもしれません。何回も推薦が出るのを防ぐには、「最近2か月推薦された記事は、再推薦出来ない」等の条項を入れれば、改善できます。2カ月おきに決まった記事が推薦されたら...まさかwww--ドドンパ 2009年2月4日 (水) 00:04 (JST)
お疲れ様です。ここまで了解致しました。特に、2ヶ月制限などは名案だと思います(ある意味投票権より厳しいかも知れないですしw)。あとちょっとだけツッコミを。
  1. 今回の制度化に伴い{{過去秀逸}}は廃止(削除)になるようですが、これに伴って、Category:秀逸だった記事も自動的に廃止ですよね?
  2. {{秀逸になりたがっている記事}}はどうしますか?(存置か廃止か)
--s.fukasawa 2009年2月4日 (水) 22:40 (JST)
なんかあなたの突っ込みが恒例になっていて逆に楽しんでますwww
  1. 当然ですね。Category:秀逸だった記事なんて面白くないと宣言している感じがして悲しいです。
  2. そういえば、ありましたね。そのテンプレwww(もうこれ以上秀逸テンプレがないと願いたい)。それは別に残しても実害はないと思います。位置づけ的には「自称:秀逸テンプレート」または「作者はこのページを秀逸にしたいけど無理だから助けて!テンプレート」ですね。(Category:秀逸になりたい記事の冒頭参照)--ドドンパ 2009年2月6日 (金) 00:13 (JST)

こんばんは、やるやる詐欺です。秀逸な記事は新しく認定されてもメインページ用のテンプレート文章は気付いた人が作成するまで作られないのが現状です。なのでこの際、新しく推薦したい記事がある人はメインページ用の紹介文章を自分で作成し、推薦の際に同時に提示しプレゼンする事を必須条件とするというのはいかがでしょうか? これなら認定後すぐにでもメインページで紹介できますし、自分で面倒見る気もなく書式もロクに知らないような人を審査段階で弾き出すことが出来ます。思いつきの推薦に多数の人間が振り回されるということは格段に減ると思うのですが…--三焦全欠損症 2009年1月31日 (土) 23:19 (JST)

確かに、これでテンプレート文章問題(?)は解決されますし、一応推薦者が記事を読んで推薦した証拠にもなります。私は賛同します。ただ、細かい突っ込みですが逆に投票者が記事を読むかどうか疑問です。投票権でそれなりふるいにかけているから杞憂ですが。--ドドンパ 2009年2月2日 (月) 19:42 (JST)
追伸:Wikipediaのつまみ読みが何かな?と思ったら秀逸な記事の要約文でした。とりあえず、これもUCPに作っておけば否応なしに作らなきゃいけないとの「罪悪感」にさいなまれるからいいのでは?さりげなく、改訂するときに入れておきます。--ドドンパ 2009年2月4日 (水) 00:04 (JST)

この議論・制度について[編集]

ひとまず質問します

  1. 投票制にすることはもう確定しているのですか?
    過去の議論では、「これだけアンサイが大きくなると、仕方ないかなぁ……」と言っているだけでまったく合意が取れていないと思います。今回の投票は今の私撰制は廃棄することが決定済みであることが前提となっているのですが、そういう認識でいいのですか?
  2. {{秀逸}}の文面と投票制は矛盾します。改訂するのですか?
    過去の議論にもありますが、現在の文面はこのテンプが各人で勝手に張り付けることを前提につくられています。投票によって公式なものになるとこの文面ではなんか変です。直すのですか?
  3. {{過去秀逸}}{{秀逸候補}}はどうなるのですか?
    これらは{{秀逸}}が好き勝手に張られていることを前提にこれも造られていると認識しているのですが、秀逸な記事を制度的にするとこれらのテンプの扱いを考える必要があるのですがどうでしょうか?
  4. 「賛成票のみ3票以上」ってどのぐらいの割合で発生すると思いますか?
    いや、これは提案者の認識として知りたいのです。実際に行えば、嫌がらせで反対を入れた時点で否決確定、しかも正式な投票なので無視できないということが間違いなく起こります。そこについてはどのように考えていますか?
  5. 「片方が3票以上かつ75%」ってどのぐらいの割合で発生すると思いますか?
    そんなに起こらないようだったら、最初から必要投票数付きの過半数制にしてしまったほうが運用が楽だと思うのですが。
  6. 議論が2週間経過しても収束しなかった場合はどうなるのですか?
    こんなこと現実に起こるかどうかはわかりませんが、その場合強制終了するのかどうかということははっきりさせたほうがいいかと。
  7. 議題が上がったらどこかメインページかどこかで告知するのですか?
    投票させるとなるとどこかで告知しないと投票しにきてくれません。頻度によっては秀逸選定専門のスペースが必要かもしれませんが、そこら辺はどのように考えてますか?
  8. まずはTemplate:お知らせで告知しませんか?
    目立つところで告知しないで誰も注目してくれないと文句言うのは、おかしいと思いますが?

以上よろしくお願いします。個人的には投票制にちょっと抵抗があります。制度的にはいいと思うのですが、記事が面白いかどうかの議論ほどくだらないことはない(記事がいかにつまらないかの議論は楽)ので、議論によってアンサイの運営に関わるのが嫌になる人がでてきてしまうのではないか、という危惧をしているからです。--BCD 2009年1月31日 (土) 23:30 (JST)

4のみ私が答えさせていただきます(提案者だし)。ウィキペディアに限れば、本当に良い記事ならわりとすんなり「賛成票のみ3票以上」集まります。嫌がらせに近い形で反対票が投じられることもありますが、それはほとんどの場合、それまであまり活動していなかった利用者が投じるものです。本草案では投票者権のハードルをあらかじめ高くしているので、「それまであまり活動していなかった利用者」は排除できると考えています。だから普通に考えればわりとうまくいくはずです。ただしここはアンサイクロペディアです。私のようなユーザーがあえて嫌がらせに反対票を投じないとも限らない。ですがそこは利用者の良心と品格と世論の圧力に委ねるのも一興かと。また、どうしてもうまくいかないときに「特定票排除」という慣習というか不文律があればよいと思っています。上の反対的意見での私のコメントも参照してください。--かぼ 2009年2月2日 (月) 07:51 (JST)
さて、かなり膨大になってしまいました。
  1. もし、投票制に不満があるなら別の方式を提案しても私は一向にかまいません。私撰制が良ければ、それでもいいです。ですが、別方式をしたいなら私がやったようにそれなりの草案を提案して、同時並行で議論して決選投票させればいいと思っています。私撰制を維持したいなら反対してください。
  2. {{秀逸}}の文言は別に投票制と矛盾していると思えません。「書いた本人とひよこ陛下が言うんだから間違いない。」の部分が問題でしょうが、ひよこ陛下は私は勝手に「『アンサイクロペディアの総意』の隠喩」と解釈しています。変えたければ変えてください。私にはどこが問題か分からないので。
  3. {{秀逸候補}}は特に問題ないのでは?推薦者が記事を推薦するための通過儀礼にすれば、利用価値はありますし、最後の「ノートで議論」は「Uncyclopedia:秀逸な記事の選考で議論」に変更すれば、投票制仕様の秀逸候補テンプレの完成です。最後の質問で問題にされている告知もこれで多少は出来ます。{{過去秀逸}}は投票制にすれば確かに面白くありません。もし、俺の記事に貼られたら泣きます。私は削除するべきだと考えています。
  4. 確かに投票条件があっても選定に通過できない可能性が大かも知れません。かと言ってかぼさんの「特定票排除」はあまり同意できません。「嫌がらせ」の判断は難しいですし、たとえ嫌がらせでも他人の言論を踏みにじるような行為は道徳的にあれです。もし、なかなか記事が選考に通過できない事態が起きた場合通過条件を「3票以上かつ総票の75%以上」に緩和すれば問題ないと思いますし、皆さんの同意も得られやすいと考えています。
  5. まだ、起きていないのでなんとも言えません。ですが、私はかなりの確率(70%)で起こるだろうと思っています。投票権という名の制限がありますし、少なくとも「賛成票のみ3票以上」より審議がしやすいと思っています。
  6. BCDさんのいうように記事が面白いかどうかの議論はくだらない。だから、選考期間は2週間と定義しています。草案で2週間以上はしないと明言したつもりです。延長選考するならそれ相当の文言を入れます。
  7. 仮に月一、二回のペースで選考されているとすると、ほぼ毎日お知らせに載っている状態です。正直、いちいち{{お知らせ}}に告知するのもうざったいです。だったら、専用のスペース(Uncyclopedia:秀逸な記事の選考)で、ウィキペディアと同じように選考ページはメインページにちょこんとリンクさせる方式だけで充分。メインページに載るだけでもかなりの人数が参加すると思われますし、新参者でも気づくのは時間の問題でしょう。そして、告知はこの注目度の高いページの冒頭でWikipediaのようにアナウンス専用ボックスを作れば私は十分だと考えています。
  8. 確かにそうです。根回しが足りませんでした。雑居房に投稿するだけでかなりの告知だと思っていたので。
そして、最後ですがあなたの懸念は杞憂です。秀逸な記事の選考に参加しなければいいだけの話です。俺みたいな選考好きな人に運営を任せれりゃいいんです。--ドドンパ 2009年2月4日 (水) 00:04 (JST)
回答ありがとうございます。追加の質問は特にございません。--BCD 2009年2月4日 (水) 00:19 (JST)

管理者票[編集]

パーセンテージの比率などこのシステムがわかりづらいという人に対してとりあえず俺様に動かさせろというのは少々乱暴な気がします。俺自身としては議論練りあげて今よりいいシステムにしてくれた方がいいのですが、どうしても現状で白黒はっきりつけろというならここに書かざるを得ません。
このサイトは風刺とユーモアとパロディのサイトと名乗りながら、一時期はメインページより大きなお友達向けアニメ記事の方が閲覧数が多いという対外的には管理局の白い冥王Wiki状態になっていたことがあります。他のWikimediaに比べて流行ネタが簡単に膨大になりやすい当サイトでは、数で簡単にごり押しできると部外者に勘違いされかねないシステムを走らせるのはちょっと危なっかしいです。
正直パーセンテージ云々はわかりにくい上にパワーゲームになります。オタクが大挙して押し寄せて提示してくる冗長記事の議論にどれだけ疲弊させられるのかを考えるだけでもうんざりです。個人的にはどれだけ組織票集めようが期限までに管理者票が一票も入らなければ即棄却、管理者票があれば少数のスポイラーがどれだけ暴れようが認定、とかの方がクレーマー相手にグダグダやってるウィキペディア批判にもなりアンサイらしくていいような気もしますが…
最終的に秀逸記事の管理の責任を負うのは他でもない管理者なのですから、実際の運営を担う側にある程度の選択決定権を持たせてもいいと思うのですが… 現状の管理者は権益より労役の方が多すぎです。--三焦全欠損症 2009年2月6日 (金) 18:22 (JST)

ちょっと認識の違いがあったので訂正しますが、視野狭窄に陥った人間相手の説得工作は非常に非常にめんどくさいです。反対票皆無が必須条件なんて勘弁して下さい。
あと、折角作ったUncyclopedia:秀逸イントロですが内部の処理が大きめです。貧弱なサーバー事情を考えるとUncyclopedia:秀逸な記事にリンクを貼りメインページには直接置かない方がいいかと思います。
それと、{{過去秀逸}}ですが今のウィキペディアではノートページに貼られていた様な気もします。どこかでまとめてみるのもいいかもしれません。--三焦全欠損症 2009年2月6日 (金) 18:49 (JST)
一応、脳の面積が狭い大きなお友達が「投票/推薦」するのに今の草案でもたくさんのトラップがあります。
  1. 投票権(累積50回投稿しなきゃならない)
  2. 新規作成されてから2か月以内の記事は推薦出来ない (流行ネタをある程度はじく)
  3. 最近2か月推薦された記事は、推薦出来ない。(一回出されるのは仕方がないにしても多分、2ヶ月経ったら熱は冷めるというか覚えてない。)
  4. 削除系あるいは改稿要求系テンプレートが貼られている記事は推薦出来ない
つまり、数でごり押しは不可能です(少なくとも自分はそう思っています)。投稿50回以上の厨房はそういないと思います。
拒否権ですか...まるで安保理ですね。しかし、管理者も人間であることも考慮しなければなりません。たとえば、3票以上の賛成があって反対票がない状態で管理者が拒否権を発動されたらめっちゃ困ります(安保理で言うなら「イスラエルを責めたいのにアメリカに拒否権を発動されて責められない」等々)。というか、拒否権を作れば逆に管理者の勢力争いが起きるかもしれません。杞憂ですが。
このトラップを切りぬける厨房がいたらとまだ心配しているなら...うむ...たしかにそうかもしれない。しばらく試運用という形で選考制度を行って、うまくいかなかったら、「3票以上かつ総票の75%以上」に緩和する案もあります。ちなみに今日、参考となる選考制度のアイディアが浮かんだのでこれでもみてください。いろいろ問題がありそうで制度自体ややこしい気がして個人的には好きではありません。
採点制
  • それぞれ0~10点採点してもらう。(投票権を持つ人が)
  • 平均点が8点以上なら秀逸に選定
  • フィギュアスケートみたいに最高点と最低点を除外したものを平均して平均点を計算する。(これで、トラップをかいくぐった厨房を一定の効果ではじく)
  • 5人以上の採点が必要。
  • 人によって点数の付け方が違うので個人差を緩和する為「点数の明確な定義」を作ること(9~10点は「完璧」など)
  • お遊びとしてコンテスト優勝作品は平均点+0.5点とか。
--ドドンパ 2009年2月6日 (金) 22:22 (JST)
拒否権じゃありません。十数名いる管理人の中で誰一人として賛同出来ないようなネタを持ち込まれた際の対処法です。賛成票の中に管理者票が必要なことを明文化しておけば、変なの持ち込みそうな人たちがいても多分管理者の誰もが賛同しないよ?と忠告することでクールダウンを図るという目論見があります。--三焦全欠損症 2009年2月6日 (金) 22:46 (JST)
えーと、つまりどういう制度?大体まとめるとこうか?
  • スポイラーが居ても管理者票があれば秀逸に認定
  • スポイラーの賛成が多数得られても管理者票がなければ秀逸な記事に認定されない
一応突っ込みどころ満載です。(あえて、厨房視点で)
  • スポイラーやクレーマーは誰が決めるの?どういう根拠で決めるの?言動で?ただ反対しているから?正直、これは簡単じゃありません。どうせなら、提案したあなたにスポイラーのリストとなぜブラックリストに入っているのか明記したうえで作成してください。(もちろん、嘘です)
  • まず、スポイラーって何?厨房=スポイラーかクレーマー?これが曖昧だったから、ここで厨房をなかなか排除できなかったのでは?
  • もし、スポイラーがスポイラーじゃなかったと判明したら?決めた人は責任を取るの?
  • 反対票が何票あれば、管理者の票が優越されるの?反対票が2票あったら管理者一票は無効?具体的にお願いします。
  • 管理者票ってどういう定義?その前に管理者の気が向いたら管理者票、一般票を使い分けるのですか?権利乱用の可能性は?
以上思いついた限りの突っ込みです。もうちょっと具体的に提案してください。僕にはこの制度の利点も概要が全く見えません。
余談ですが、失敗するのが怖いから事前に起こる起こらない議論をやるより、実際にやってみて問題点を見つけてから議論を行う方が建設的です。私だって、賛成3票以上オンリーなんて失敗すると心の底のどこかで思っています。制度の骨格が見えてきたので2ヶ月間くらいは試運用という形で選考制度を行って、うまくいかなかったら、三焦全欠損症さんの案を採用するなり改良を加えた方がいいと思っています。--ドドンパ 2009年2月6日 (金) 23:52 (JST)
(秀逸イントロについて)分かりました。Uncyclopedia:秀逸イントロのメインページからの直リンクは辞めます。虚弱体質なサーバーなので。
{{過去秀逸}}の件ですが、Wikipediaの過去秀逸の一例としてこれこれこれ。見ていると悲しいです。まず、残す意味はあるのでしょうか。私にはないと思います。(どうしても、まとめたいなら、「歴史的文章」に入れるとか、残す理由を明記)--ドドンパ 2009年2月7日 (土) 00:21 (JST)
ちょっと意外な人から意外な意見が出ているような気もしますが、「管理者票が入らないとダメ」に賛成です。1票だと変態管理者ひとりの票で通っちゃうので(「秀逸な記事」は一般的な内容のものでないと困るので)2, 3票くらい欲しいですね。ただ、管理者って出てこないときは本当に出てこないので、逆に言えば制度上2, 3票が限度でしょうね……。なお、このコメントは「反対的意見」ではありません。場所的な理由でここに書いただけです。--ikeTalk / Contribs 2009年2月7日 (土) 09:27 (JST)
賛成者が二人なら少し考えましょう。
クダクダと厨房を相手するのが嫌なら全員一致から再選考と同じように基準を75%に引き下げます。これなら、厨房を無視しても記事がちゃんと秀逸な記事に選ばれるシチュエーションが生まれます。仮に投票基準で生き残る反抗房が2人居たとして、そいつらを無視するために賛成に必要な数は6人。6人集まるかどうかは微妙ですが、反抗房が二人いることなんてそんなにないと個人的に思っています。
そして、管理者票については...「管理者の賛成が最低2票以上で反対が皆無の場合」選考に通過したとみなします。変態管理者が一人いればアウトですが、そもそもそいつを管理者にさせた管理者どもが悪い。これらを草案に後で入れておきます。というか、これって管理者のお仕事をさらに増やすような...まぁ私は管理者ではないから別にいいけど。--ドドンパ 2009年2月11日 (水) 21:11 (JST)
上の提案を草案に盛り込みました。問題は管理者票を総票として含むかどうかですが、私は含むと明記しました(必要票が5票になってしまうので)。文句あればかかってこいw--ドドンパ 2009年2月15日 (日) 00:25 (JST)

草案改訂報告[編集]

さて、自分で自分の草案を吟味してみた。Wikipediaから大事そうなものをほぼ輸入。以下が追加されたもの。

  1. (「却下」条項追加)推薦されてから1週間がたち反対票のみの場合、選考は自動的に終了され、選考に通過しなかったとみなす。(選考のスピード化を目的とする)
  2. (「推薦の取り消し」条項追加)推薦者は推薦した記事について選考期間終了時まで責任を負う。つまり、推薦を選考期間中に推薦者が勝手に取り下げることはできない。(理由:推薦しまくる坊やを気休め程度に魔除け)
  3. (「推薦の仕方 」条項に追加)同時期に推薦できるのは3度までとする。(推薦しまくる輩を防止)
  4. Uncyclopedia:投票の方針に従う。投票権もこれに従う。一つの記事について一アカウントは一票持つ。推薦者は投票できない。選考期間中は何度でも鞍替えできる。(「投票の仕方」に追加)(理由:一アカウント一票についてですが、Wikipediaにはこれを守っていない輩が居るようなので追加)
  5. 秀逸な記事の定義には「なおこれは、秀逸な記事を決めるための絶対的な基準ではない。あくまでも目安として留意してもらいたい。」の文言を追加(理由:上のままだと「ロリ画像」とか「ニヒリズム」は内容が充実していないとの理由で外されてしまいますwww)

文句がある場合引き続き、「白黒はっきりと」に書いてください。--ドドンパ 2009年1月31日 (土) 22:22 (JST)


さて、以上の意見を踏まえて第二次改訂をしました。変更は以下の通り。

  • 「秀逸な記事とは」の「(可能なら)図や画像や表などがついている」を削除
  • 「推薦の仕方」に「その記事のテンプレート文を作成すること」と「{{秀逸候補}}を推薦記事に貼ること」を挿入(テンプレ文は後で勝手に投票者が精査するのもいいですね)
  • 「推薦の仕方」の同時推薦部分の明確化。Uncyclopedia:秀逸な記事の選考で同時に選考できるの数を5記事に増やす(理由:ソックパペットの無効化。一アカウント3記事だと個人的にソックパペットが発生する可能性が大と判断しました。それに同時に審査できるのが3記事だけでは「選考したいのに選考できない」事態が発生し、それを避けるため。杞憂ですが。)
  • 「推薦の基準」の追加
  • 分かりにくい「選考の是非」を「再選考」と「事後処理」に分割。これでも分かりにくいと言われたら...誰かお願いしますorz
  • 「選考の是非」の明確化。
  • 「事後処理」に秀逸な記事に選ばれなかった場合を追加。また、過去の選考の置き場所を明記。
  • テンプレート文についての文言を追加。
  • 「再選考」部分は「除去が3票以上で総票の75%以上となったとき、その記事は秀逸な記事から除去される。それ以外は現状維持とみなす。」に変更。
  • 「付記」で色々言及。

後、細かい文言は色々マイナーチェンジしています。履歴で確認してください。文句あれば、引き続き「白黒はっきりと」で--ドドンパ 2009年2月4日 (水) 21:41 (JST)

ついでに(各名前空間の記事について)[編集]

すみません、便乗させていただきます。
この際、アンブックス・バ科ニュース・アンディクショナリー・アンチューンズのコンテンツもすべて網羅した、統一的なUncyclopedia:Best ofにしませんか。

「秀逸な記事」というのは"featured content"であって、"content"というからには種々の記事が含まれてしかるべきです。Uncyclopedia:秀逸なノートができたころから思案していました。どう考えても、「ノート」よりは「記事」を集約・表彰するのが先ですよね。前掲の英語版ページを見ていただければ、名前空間で記事を差別する意味がないのは理解していただけると思います。ほかの名前空間を対象にしたところで選考システムにはほとんど影響ないので、単純にそうするべきか否かや、この名前空間(アンディクショナリーとか)は除外したほうがいいのでは、などなど、みなさんの意見をお寄せください。--ikeTalk / Contribs 2009年2月7日 (土) 09:27 (JST)

(コメント(賛成寄り))通常記事空間以外の記事についても「秀逸な記事」の対象とすることに賛成致します。そういえば、そもそも現行制度でも他の名前空間の記事を掲載することは禁止されていないですよねw
というわけで、今回の改定と同時に、名前空間についての規定を新たに設けては如何でしょうか。
  1. 「『秀逸な記事』に推薦できるのは、全ての名前空間の、あらゆる記事である。」
  2. 「『秀逸な記事』に推薦できるのは、「User名前空間の記事(利用者ページ)」以外の、全ての名前空間の、あらゆる記事である。」
  3. 「『秀逸な記事』に推薦できるのは、「User名前空間の記事(利用者ページ)」と「ノートページ・会話ページ」以外の、全ての名前空間の、あらゆる記事である。」
  4. 「『秀逸な記事』に推薦できるのは、「User名前空間の記事(利用者ページ)」・「ノートページ・会話ページ」・「Undictionary名前空間の記事」以外の、全ての名前空間の、あらゆる記事である。」
具体的に思いつくのは、これくらいですかね。個人的には4番あたりが良いかなと思いますが。如何でしょう。--s.fukasawa 2009年2月7日 (土) 21:32 (JST)
そうっすね。どうせなら、UnNewsとかUnBooksの公式選考所を作れば質向上と活性化が図れていいですね。私は3でもいい気がします。問題はUncyclopedia:秀逸なUnNews(もしくはUnNews空間?)みたいに新しいページを作るべきか否か。UnBooksみたいに対象記事が少なくてそれ専用のページを作ると寂しくなるかもしれませんが、まぁどうせ増えるから専用のページを作るべきだと俺は考えます。ちなみに、蛇足ですが英語版Uncyclopediaにあった「Writer of the Year」とか「Uncyclopedian of the Year」もここで作れますか?正直、利用者だって表彰されたい。ついでに「Foolitzer Prize(フーリツァー賞)」もwww(ここから先はikeさんへの業務連絡⇒ここを整理しようとしたら私の署名がバラバラになりますが、どうしましょう。一応、自分の署名をコピペ...ってダメかwwwあ~どうしよう。まず、日付順に整理しますか?)--ドドンパ 2009年2月8日 (日) 00:34 (JST)
ウィキペディアには秀逸な画像の推薦秀逸な一覧の選考というページもあります。とっても賑わっていますね。さすが数千名のアクティブユーザをかかえるウィキペディアです。数十名のアクティブユーザでやりくりするアンサイクロペディアならば、もっと賑わうことでしょう。--かぼ 2009年2月11日 (水) 12:11 (JST)
アイロニーたっぷりなコメントありがとうございます。とっても勉強になりました。まぁ、たとえその「秀逸な○○」が過疎っても私は「存在自体に意味がある」と思ってるので。まぁ、過疎っている秀逸な「○○空間」は従来の「私撰制」にするなり、柔軟に対応すればいい。それがさらに過疎化を促進するような気がするが。別に「『秀逸な記事』の選考制度がこうなら、こうであるべき」なんて必要ないからね。ikeさんの提案を草案の付記に何気なく入れておきます。--ドドンパ 2009年2月11日 (水) 21:11 (JST)
秀逸な画像っていうのも本当は導入したいものですが。現状、時事性がある、あるいは新しいファイルでないとTemplate:新着画像に載らないので、Uncyclopedia:絵ごころに載らない(載せられない)すばらしい画像がどうしても出てきちゃうんですよね……。うまくUncyclopedia:絵ごころのシステムを更新・統合するか、両立させるかでそんな場所が作れるといいんですけれど。ちなみに、私はただ画像:Olympic_Flame_Defense_Force.pngが本当に惜しくて惜しくてしようがないのでこういう提案をしています。--ikeTalk / Contribs 2009年2月13日 (金) 21:44 (JST)

(インデント戻し)ikeさんの提案を盛り込みました。ちなみに、画像については保留しました。画像:Olympic_Flame_Defense_Force.pngは個人的に紹介するなりしてください。さらなる意見お願いします。--ドドンパ 2009年2月15日 (日) 00:25 (JST)

序章は終わった(コメント/提案)[編集]

序章は終わった。そろそろ本章の幕を開けようではないか。扉の向こうにはアンサイクロペディアの栄光と名声が聞こえてくる。それを開けようではないか。

:もういい加減に仮施行して運用したいんだけど。提案とか突っ込みは出し尽くした感があるし、もうないと思う。そういうことで、試運用という形で2,3ヶ月の間、暫定的に行いながら選考制度を改善していく方向で。賛同していける方、反対な方、優柔不断な方もどーぞ。--ドドンパ 2009年2月15日 (日) 00:25 (JST)

(賛成)みんなが勝手なこと言っている中で、ドドンパさんはうまくそれらの意見を採り入れていったと思います。完璧な草案が出来るまで続けるとなるとあと3年くらいかかりそうなので、とりあえず仮施行して問題点を洗い出してみましょうか。--かぼ 2009年2月16日 (月) 01:43 (JST)
(賛成)様子を見てたら、どんどん複雑化していくので心配しました。とりあえずここからはサクサクやりまっしょい。--EvoIX 2009年2月16日 (月) 18:25 (JST)
(賛成)自分で肥大化の一端を担っておきながら、このForumを読み返すのが大分大変になってきましたので、仮施行に賛成すると共に、制度自体への私のツッコミは1例目の選考が開始されるまでは休ませて頂くことを、お約束致します(←重要)。また、これは、1例目の選考が開始された瞬間にツッコミを再開するという意味ではありません(←これも重要)。--s.fukasawa 2009年2月16日 (月) 20:11 (JST)
(賛成)とにかく始めましょう。「だめならやめる」という日本の政治家ができないことをやってやりましょう。--BCD 2009年2月16日 (月) 22:43 (JST)
(賛成)みっつだけ。ひとつ、草案の「にも関わらず」その他誤字・おかしな部分の修正や大意に影響しない変更は仮導入後に勝手にやってOKですよね? ふたつ、制度導入初期は暫定措置として一度に審議できる記事の数を無制限にすることを提案します(5記事以上になったときから発動し、5記事以下になってから2週間で終了なんてどうでしょう)。その時の空気にもよりますが想定される「通常時」を上回る数の申請があるかもしれません。みっつ、いつの間にか議論締められちゃったけど、管理者票について、「2票以上必要」はいいんですが「反対票があってはいけない」というのは……。三焦さんもおっしゃってますがこれは拒否権の規定ではないので、この規定を削除するか、「管理者の賛成票が管理者の反対票を上回っている」といったふうに緩和すべきだと思います。 P.S. とりあえず議論の整理を終えたつもりです。トピックが複数の会話にまたがってしまっているためお世辞にも見通しがいいとは言えない結果になってしまいましたが、若干は良くなったかと……。見にくかったらまた適当にいじってください。疲れた……。空気も読まずに一人だけ長々書いてすみません。--ikeTalk / Contribs 2009年2月17日 (火) 04:21 (JST)

反対意見がなく逆に驚いております。ドドンパです。され、大体のイメージを掴んでもらうために一応、Uncyclopedia:秀逸な記事の選考を作りました。意外と疲れた。さて、みなさんこのフォーラムを立ち去ってUncyclopedia_talk:秀逸な記事の選考へ移動。(正式な投票ではなく、あくまでコミュニティーの顔色をうかがうために、提案したつもりなのであしからず)--ドドンパ 2009年2月20日 (金) 00:14 (JST)

補足[編集]

過去ログ化のついでに、このページの数箇所で使用されていた「Uncyclopedia‐ノート:」名前空間のページへのリンクについて、全て「Uncyclopedia_talk:」名前空間へのページへのリンクへと変更させて頂きました。一応、ご報告致します。--s.fukasawa 2009年5月29日 (金) 20:34 (JST)