Forum:アンサイクロペディアの新しいコンテスト。考えがあります

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
コミュニティ・ポータル > 雑居房 > アンサイクロペディアの新しいコンテスト。考えがあります

ガサガサ....「ふっふふ、ついに私たちの時代が来たわよ」

ウィキペディアは「第五回執筆コンテスト」を絶賛開催中です。ありきたりで詰まんなそうですね。しかし、アンサイクロペディアは...2008年十大バ科ニュース何ですか。それはだから、僕は今までにないコンテストを思いつきました。

  • 共同加筆コンテスト(※重要だからフォントも微妙にでかいです)

説明しよう!このコンテストでは二人以上の執筆者/加筆者が共同で記事を作るのだ!なぜなら、せっかくのWikiなのに、一人だけで完結している記事が多いからだ。1+1=3にも20にもなる化学反応を自らの手で起こすのだ!ガハハハハ。

とりあえず、こんな感じでGO

概要[編集]

期間[編集]

  • 執筆者・審査員募集期間 - 4月1日 から 4月7日 まで
  • 執筆期間 - 4月8日 から 4月21日 まで
  • 審査期間 - 4月22日 から 4月 29日 まで

参加資格[編集]

  • 執筆者・審査員とも、参加はアカウント登録利用者のみとなっております。IPユーザーは参加できません。
  • なんか、反応が薄かったらぼく泣いちゃうかも参加者が5名以下のときは開催中止となります。
  • 期間外の参加表明はやめてください。
  • 参加辞退は執筆期間中でも自由に行えます。せめて音沙汰無しにはしないでください。

出展要件[編集]

  • 当コンテストでは、登録参加者本人によって執筆期間中に新規作成された記事か、登録参加者本人によって執筆期間中に全面改稿を施された記事を出展することができます。全面改稿の場合は、事前に改稿の段取りを組む必要があります。
  • 出展する記事の数はいくつでも構いません。
  • 出展記事は執筆期間中いつでも加筆が可能です。出展者以外でも当該記事の編集は可能ですが、審査は出展者が最後に編集した版を対象とします。
  • 当コンテストへの出展記事でも、どうしようもない記事であった場合は通常通りに削除されてしまいます。また、コンテスト参加を削除抑止の言い訳にはできません。

共同加筆コンテスト専用特別ルール[編集]

  • 執筆参加者(執筆者・加筆者が一つの記事に参加している人数)が二人以上
  • 一つの記事に参加している人数が多いほど、ポイントが加算されます。
  • もちろん、靴下はダメ♪バレないようにね。バレたら記事が失格になっちゃうよ。靴下の使い手本人も。

当然、二人以上参加するので多めに書いてください。

  • 出展する記事は執筆期間終了時点で、5,000バイト以上であること。

審査要件[編集]

  • 審査は、それぞれの記事に対して行われます。執筆者を評価対象としません。
  • 審査は特設ページにて行います。各審査員ともそれぞれの記事ごとに、最大100点・最低0点の評点をつけることができます。
  • 採点を行わなかった審査員がいた場合、全記事にその審査員の評点として100点が加算されます。

特別配点[編集]

  • 執筆者・加筆者が一つの記事に参加している人数(以下、執筆参加者)によって加点がなされます。
  • 二人だと加点ゼロ
  • 三人(通称:2P)だと20点加点
  • 四人(通称:3P)だと40点加点
  • 五人以上(通称:乱交)だと80点加点です
  • 改稿記事はExternal Love時代を超えた愛と判断され、20点加点。ちなみに執筆参加者は加筆者が改稿宣言した後からカウントされるよ。
  • IPは執筆参加者としてカウントされないから、ご注意。

備考[編集]

  • 執筆者が二人以上になるので、役割分担が大変です。特にベテランとベテラン同士の執筆はね。だから、新興利用者が下剋上を起こすチャンス!
  • 役割分担が成功(?)した例→Talk:KFC
  • ちゃんと意思疎通を図らないと、記事がぐちゃぐちゃになります。
  • 書きたいけど、書く気力のない人(例:提案者本人)は大体の方向性だけは決めて、あとは加筆者に任せるという手もある。
  • 例:NRVの魔の手から救済された一部の記事
  • はじめから執筆参加者を見つけるのは大変なので、「メーティング・ルーム(Mating Room)」という場所で相棒を見つけてください。
  • はじめての試みなのでテーマ指定はなし。けど、執筆参加者がほしかったら大体の方向性とか、決めた方がいいね。

だいたいこんな感じで。僕よりネーミングセンスが良い方が居れば、勝手に提案しろよ。ついでに、開催する空間は「Uncyclopedia空間」だから、ここはあくまで討論の場だよ。みにくい?いつものことだ(ぉぃ--ドドンパ 2009年3月25日 (水) 22:19 (JST)

意見・質問[編集]

  • ドドンパさんの利用者ページにこのコンテストの草案があるころから、面白そうな企画だと気にかけておりました。
    話が具体的になりつつあるようなので、気になる点を質問させていただきます。
    これはチーム戦でしょうか?複数名で構成されたチームが一つもしくは、複数の記事を完成させ、その記事を審査するのでしょうか?それともチームなどはなく、参加者が対象記事をどれでも自由に加筆し、参加者皆の手で完成された記事について審査するのでしょうか?--Mitypedia 2009年3月26日 (木) 20:41 (JST)
  • おお、本当に持ってくるとは。
    やりようによっては非常におもしろくなりそうでわくわくしちゃいますが、裏を返せば、一歩間違えると陰湿なアンサイクロペディアンのことですから「こいつと組んだからこうなった」「あの人と組みたかったなあ」などなど、お後がよろしいようで な事態になりかねない危険を孕んでいるような……。そこら辺はどんなふうにお考えでしょうか。
    P.S. "External Love"って「上辺だけの愛」ってことですよね。お気持ちはお察しいたします。Xは引っ込んでろ。--ikeTalk / Contribs 2009年3月26日 (木) 21:17 (JST)
  • まとめて返します。
    記事自体を審査します。チームで評価は致しません。だから、後者です。自由に加筆してください。
    チーム戦にすると、ikeさんがおっしゃるように「こいつ嫌いなんだよ」、「アイツとオレは笑いのツボが違いすぎるんだよ」となるのが、目に見えているんで。だったら....
  • 参加者に気が合う仲間同志勝手にチームでも作ってもらう
  • 一匹狼的な存在になって、勝手に記事を作って加筆してもらうのを待つ
ついでに、チームかけもちOKです。アンサイクロペディアンは、日本人特有の団体協調がない集団ですから、くじ引きとかでチームを作ればとんでもないことになりそうです。なにより俺が一番嫌です
P.S.ふふふふ。俺の英語力を誇示しようと思ったら墓穴を掘ったようだ。余計な詮索しても無駄だ。ただのスペルミスだ。本当だ。--ドドンパ 2009年3月27日 (金) 17:30 (JST)
  • 回答ありがとうございます。チームを構成するわけではないということであれば、一点だけコメントをば。「出展要件」の項を拝見しますと、コンテスト参加者以外の編集は評価の対象にならないと解釈できる一文がありますが、参加者以外の編集も評価の対象にしてもいいのではないでしょうか?というか参加者以外の加筆であっても共同加筆という点には問題ないと思うので、参加表明自体が無意味のような気が…まぁどれぐらいの人が参加意志があるのかを確認するためには必要かもしれませんが。何だか批判的にとれる文章を書いてしまいましたが、べっ別に、コンテストに反対してるわけじゃないんだからね--Mitypedia 2009年3月27日 (金) 20:48 (JST)
  • ドドンパさんお疲れ様です。ぬこ主でございます。
    今回の共同加筆コンテスト、企画的にかなり興味深いですので、個人的に応援しています。
    さて、談合所でも、おはなししましたが、特別配点の件で、ひとつ提案があります。
    「五人以上の加筆+改稿記事の場合」=「80点+20点」で「100点加点」となるようですが、
    「二人で新規記事の共同執筆の場合、加点ゼロ」とのつりあいを考えた場合、比率が高すぎるのではと思いました。
    というわけで、特別配点は比率を下げてもいいような気がしますが、いかがでしょうか?
    -- ぬこ主.gif ぬこ主 2009年3月27日 (金) 23:23 (JST)
  • (Mitypediaさんへ)それもちょっとだけ、脳内をかすめていたように思います。正直、このコンテストのネックは加筆者の計算が難しいんですよね。新規利用者も含めると、加筆者の数を数えるだけで憂鬱になります。それと参加表明以外も含めると靴下さんが大活躍。CUさんはお忙しいのに、さらにお仕事を増やしかねません。計算しやすさと靴下除けの観点から参加表明者以外は含めないと現在考えています。
  • (ぬこ主さんへ)確かに、そうですね。内容は糞なのに特別配点だけで勝っちゃう記事が起こるとも限りません。今気付きましたが審査員の数が明記されていなかった。前回のコンテストの例をみながら、5人が妥当と判断しました。つまり、採点方法は「審査員点×5人+特別配点」の総合得点で決まります。「500点満点+加点」なので、加点合計(「参加人数点+改稿点」)を審査点を全体の一割とします。内訳は...
  • 二人だと加点ゼロ
  • 三人(通称:2P)だと10点加点
  • 四人(通称:3P)だと20点加点
  • 五人以上(通称:乱交)だと40点加点です
  • 改稿記事はEternal Love時代を超えた愛と判断され、10点加点。
  • とりあえず、こんな感じです--ドドンパ 2009年3月28日 (土) 00:12 (JST)
  • (質問)企画立案お疲れ様です。とりあえず、ひとつだけ質問というか確認を(後からまた色々思いつくかも知れませんがw)。
    「執筆参加者(執筆者・加筆者が一つの記事に参加している人数)が二人以上」ということは、「執筆期間終了時点で執筆参加者が1名のみであった記事は、採点の対象とはならない。」ということですよね?--s.fukasawa 2009年3月29日 (日) 01:26 (JST)
  • 共同加筆コンテストで執筆者一人だけの記事を出品したら、ぼくは違う意味で感心します。まぁ、明記されていないので行間読めない人のために明記しておきます。--ドドンパ 2009年3月29日 (日) 01:40 (JST)
  • 横から失礼いたします。
    「執筆期間終了時点で、参加表明している執筆参加者が1名のみとなってしまった記事」。
    実は、このケース、全く無いとも言い切れません。
  1. 以前の記述で「一匹狼的な存在になって、勝手に記事を作って加筆してもらうのを待つ」というものがありましたが、このケースで「意図した待ち人(参加表明している執筆参加者)」が来なかった場合。
  2. 執筆期間中に、参加表明している執筆参加者が二人以上だった時期があるものの、編集の取り消しや、執筆部分の削除等の理由によって、執筆期間終了時点では、二人以上でなくなってしまった場合。
ですので、考慮が必要かと思います。
-- ぬこ主.gif ぬこ主 2009年3月29日 (日) 15:35 (JST)
  • どーぞ、どーぞ。質問はバシバシ募集中です。
  1. 残念ながら、放置プレーされましたね。心中お察しいたしますが、失格です。
  2. それ、全然想定していなかった;;;コンテストの主旨を考えれば、大抵の執筆者は削除せず、加筆か、大幅な改筆をすると考えられます。ある利用者が「改悪(=バイト稼ぎ)」をしても他の利用者が改善さえすれば改悪した人も改善させた人も執筆者としてカウントするつもりです。だから、改悪部分を削除したら(たとえ、執筆者以外の人が取り消しした場合でも)カウントはゼロです。
本音としては起こらないことを祈ってください。--ドドンパ 2009年3月29日 (日) 22:44 (JST)

少し提案です。

先のドドンパさんの回答の中にもありましたように現段階では、加筆者の計算が煩わしくなることが予想されます。また参加者以外の方による大幅かつ良質の加筆後、さらに参加者がそこに加筆をした場合、記事のどの段階を審査するのかなどを考えると、話がややこしくなるかと思われます。そこで、ウィキとしては好ましくありませんが、コンテスト対象になった記事に関しては、参加者以外の編集を終了時まで禁止するなどはどうでしょう?例えば、その旨を記したテンプレートを作成し対象記事に貼付けたりするなどして。もしくは、新規記事に関しては初版を投稿する参加者が自分の利用者ページに初版を投稿し、その利用者ページ上で編集し、審査後、通常空間に移すというのはどうでしょうか?あと、執筆者の計算を楽にするために、一回目の編集時には、要約欄に「参加者名」を記入するなどの取り決めを作ればどうでしょう?

長々と分かりにくい説明になりましたが、こんなアイデアもあるというぐらいにでも参考にしていただければ幸いです--Mitypedia 2009年3月29日 (日) 23:12 (JST)

利用者:ドドンパ/第8回共同加筆コンテストを作成しました。一応、チームを作って他人の介入が及ぶのが嫌なら、「この期間は部外者立入禁止!」と明記させる場所(疑似保護)を作りました。これでMitypediaさんが仰るように、加筆者も数えやすいですし、「こいつが改悪しやがって」と起こる事態は軽減できます。たぶん、こういうことかな?--ドドンパ 2009年3月30日 (月) 00:07 (JST)