GMO

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「GMO」の項目を執筆しています。
遺伝子組み換え株式会社
Genetically Modified Organism kabushiki kaisha (GMO K.K.)
種類 株式会社
略称 GMO
本社所在地 東京都渋谷区桜丘町26-1
セ□リアンタワー (Cer○lean Tower)
設立 1991年5月24日
業種 遺伝子組み換え
事業内容 遺伝子組み換え事業、遺伝子組み換え広告・メディア事業、遺伝子組み換え金融事業
代表者 くまポンのパパ (代表取締役会長兼社長)
外部リンク gmo.jp

GMO株式会社(Genetically Modified Organism kabushiki kaisha, GMO K.K.: 遺伝子組み換え株式会社)とは日本民主主義人民共和国における大手IT(Idenshi-kumikae Technology: 遺伝子組み換えテクノロジー)企業の一つである。

言うまでもない遺伝子組み換えテクノロジーとは、IT(インチキ・テクノロジー)の拡大解釈された使用方法の一つであり、後述する社是・社風に示す、社内外の人民をはじめ、全世界の人民を遺伝子組み換えすることを通じて人類進化に寄与する一連の総合技術を指す。ちなみに、後述の社風に示すが、戦前・戦中の軍国主義・体育会系思想が色濃く、それに対する先端・先鋭的イメージの強いインターネットや情報技術(インフォメーション・テクノロジー)とは真逆の関係にあるとことは言うまでもない

社是[編集]

日本民主主義人民共和国全人民をはじめ、全世界の人民を遺伝子組み換えすることによって高位の存在に昇華させることを目指している。 近年の世界的な新型コロナウイルス感染症拡大問題に対して、GMO(遺伝子組み換え)と新型コロナウイルスとの関係についての記事等にもある通り、前述の遺伝子組み換えテクノロジーをもって、これを克服すべく積極的にさまざまな取り組みを行なっている。上記GIF画像は表向き「キープディスタンス」を彷彿させるが、その実、遺伝子組み換えに伴う遺伝子の分解・操作・再構築等の一連の過程のうち、導入過程部分に相当する「分解」を象徴していることは言うまでもない

社風[編集]

GMO式キープディスタンス

時折、専務(本部長兼任)が部下である部長らを呼び揃え、公然での叱責・罵詈雑言を浴びせる等の公開激励(これをアメと定義する)により主従・上下関係を平社員らに知らしめる。

また、前述の部長らを筆頭に中間管理職者らが日常的に平社員への公然での叱責・罵詈雑言は勿論、殴る蹴る等の可愛がり、さらに平社員個人の私物への損壊行為(イタズラ書きや焼壊)等といった広範な公開激励(前述同様、アメ)を与える。

一方で、業務上失態等に対しては24時間365日稼働させられる福利矯正施設(通称「あなたのもの[1])に送り込む執行措置が取られる(これをムチと定義する)といった、アメとムチを巧みに使い分ける業界屈指の超絶体育会系トップダウン喜働組織である[2]

また、これらの一連の取り組みは、当社従業員(平社員並びに中間管理職員)を用いた遺伝子組み換えテクノロジーの適用性を測る臨床実験とも言われている。特に、良くも悪くも適用要対象者には、俗に(ある遺伝子名になぞらえ)NRVのレッテルが貼られ、徹底的なまでの遺伝子組み換えが施される。

そして、それらの結果を用いて随時、社内で多くの遺伝子組み換えテクノロジー勉強会を開催している。

反GMO運動[編集]

反GMOデモの様子

非人道的・非道義的な遺伝子組み換えテクノロジーが隣国である大和民国をはじめ、諸外国から非難されている。例えば、遺伝子組み換えテクノロジーの浸透が顕著な米国では科学ドキュメンタリー映画「GMO OMG/邦題: パパ、遺伝子組み換えってなぁに?」(予告編)が2013年に公開されたことが挙げられる。

また、日本民主主義人民共和国国内からも「GMOをぶっ壊す」をスローガンに掲げる非合法政党「GMOから人民を守る党(G人)」が台頭してきているが、当社並びに日本民主主義人民共和国政府当局が取締りを強化している。

参考/外部リンク[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「GMOインターネット」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「遺伝子組換え生物」の項目を執筆しています。

脚注[編集]

  1. ^ ここで言う「あなた」とは勿論社長こと「将軍様」のことである
  2. ^ 当社元社員で脱北・亡命者である再初版執筆者談。他にも「本国や他国の軍人・軍属、兵役経験者を中間管理職に積極的に登用するといった、軍隊式組織作りが徹底されている」等の証言もある