Google教

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
PeerReview.png
査読依頼

この記事は査読を求められています。
どうかこの記事を読んで、必要であれば{{Fix}}などの修正系テンプレートを貼り、
問題なければこのテンプレートを剥がして
編集内容の要約欄ノートページに査読結果を書いてあげて下さい。
このテンプレートは Google教徒 BlueSky-2020 (トーク) 2021年10月7日 (木) 14:51 (JST) によって貼り付けられました。

Stop crap.png クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「Google教」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

Google教(ぐーぐるきょう)は、Googleやその本社、及びGoogleが開発・展開するサービスやソフトなど、Googleにまつわる全てのものを崇める宗教団体である。

概要[編集]

「Google」という全知全能の神や、Googleからの啓示を受けて会社を興したラリー・ペイジセルゲイ・ブリン、そして二人が生み出したものなど、Googleに関連する全てを崇拝する宗教。民衆の間で自然発生した宗教であるため、教祖らしい教祖は存在しない。

Googleで知り得るものごとこそがこの世の全てである、という検索至上主義を掲げており、一部の過激派は「Googleで調べても出てこなかったものは、全て虚構である」と主張している。 つまり検索に出てくればアンサイクロペディアでも真実となる。

GoogleとともにGAFA(またはGAFAM)としてひと括りにされがちなAmazon.comFacebookAppleMicrosoftといったその他の宗教団体とは、敵対しつつも相互に連携しながら共存の道を歩んでいる。

歴史[編集]

Google教の成立について、正確なことは判明していないが、少なくともGoogleのサービス開始後に誕生したことは明らかであり、よって比較的新しい宗教である。

2015年にGoogle本社が「アルファベット」と名称を変更した際、Google教も「アルファベット教」に改名するべきか、信者間で議論が成された。最終的には「我々はGoogleを崇拝しているのであって、AからZの26文字は崇拝対象ではない」という結論に落ち着いたことから改名はされなかった。

教え[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「邪悪になるな」の項目を執筆しています。

Google教の教えの根本は「邪悪になるな (Don't be evil)」という考えであり、これは「邪悪でさえなければ何をやったっていい」という意味である。しかし、その考え自体が邪悪であるという自己矛盾に陥りかねないため、その教えは2018年なかったことにされた。

近年の基本理念は「Googleの製品を使用すべし」という至って単純な囲い込み紛いのものであり、その他にも細々した戒律がある。以下はその一部であるが、Googleが日々新しい製品を発表するのに合わせて戒律も追加されるので、最新のものであるとは限らないことに注意。

  • 検索エンジンは勿論Googleを使用しなくてはならない。但し、検索結果にYahoo!Bingのサイトが出てきた場合は、それに従っても構わない。
  • スマートフォンGoogle Pixelが望ましいが、金銭的余裕が無い場合はAndroid搭載機なら何でも良い。ただしファーウェイテメーはダメだ
  • ノートパソコンChromebookが望ましいが、OSシェア1位のWindowsに逆らうのはGoogle教徒でも難しいので、WindowsでGoogle製アプリを使うなどの妥協は認められる。
  • そのかわり、どんなに会社がMicrosoft Officeで統一しようとしても、gdocgsheetgslidesの各拡張子を使って対抗しなければならない。クビになったときのことは知らない。
  • メモ帳アプリはGoogle製のkeepメモを使わなくてはならない。パソコンを使う場合はウェブ版を用いるべし。
  • テレビAndroid TVが望ましいが、金銭的余裕が無い場合はChromecastを繋ぐだけでも良い。
  • Googleアシスタントは、Googleが生み出した製品の中でも極めて神聖なものであるから、「オッケーグーグル」などと気安く呼んではならず、「よろしいでしょうか、Google先生」と訊ねなくてはならない。
  • Googleブックスは、全ての著作物を消費者に還元する革命的なものであるから、思う存分利用すべし。著作権なんて知らない。
  • 好きな数字を訊かれた際は「グーゴルグーゴルプレックスです」と答えなくてはならない。
  • GoogleのCMで紹介された店や景勝地などは全て聖地であるから、聖地巡礼しなくてはならない。それがどんなに遠い外国や深海宇宙であるとしても。
  • Googleが題材となっている胡散臭いビジネス書や、「Googleの入社試験」といったタイトルの奇妙奇天烈な問題集は全部読まなくてはならない。
  • Doodleのコンテンツは全て暗記し、ミニゲームは全てクリアしなければならない。
  • 斜め一回転といったイースターエッグは全て見つけ、暗記しなくてはならない。
  • リンゴは悪しき果実だが、寧ろ積極的に、滅ぼす勢いで食べるべきである。
  • 1日1回以上、Googleの本社に向かって頭を下げ、祈りを捧げなくてはならない。また、一生のうち1回は、Google本社を巡礼しなければならない。
  • 株を買う際は、勿論ながら、Googleに関する物を買わなければならない。
  • GoogleアカウントのBANは、それ即ち破門を意味する。BANされるのはそれ相応の理由によるものなので、例え信者であろうと容赦はしない。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]

Google-girl trimmed.jpg このGoogle教はGoogle検索結果が0件です。検索結果を増やすようにして下さるサイト作成者を求めています。 (Portal:スタブ)