HUNTER BLADE

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「HUNTER BLADE」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

HUNTER BLADE(ハンターブレード)とは、アジアのコピー機中国日本の人気ゲームであるモンスターハンターをリスペクトして作ったゲーム。

概要[編集]

諸外国の良質なゲームに押されがちで売上の低迷する中国のゲーム業界では、ナウなヤングからオルドなジェントルマンまで幅広い年代のユーザーが楽しめるゲームを作ることが急務となっていた。中国には独創という文化がないため、必然的に既に人気の出ているゲームをインスパイアする形になる。当時の中国ゲーム業界ではポケットモンスタースーパーマリオゼルダの伝説といった人気作品を多数輩出している任天堂のゲームをインスパイアするべきとの声が多かったが、若年層にしか人気が出ないのではないかという危惧もあり、実現しなかったと言われている

そこで次に彼らが目をつけたのがネットゲームの最高傑作ともいえる、「モンスターハンターフロンティア(MHF)」であった。このゲームは仲間とともにモンスターを狩り、手に入れた素材で強力な武器を生産してプレイヤーの操るキャラクターを強くしていくという単純明快なものでありながら、強力なモンスターを狩ることを目的とした一定のやりこみ要素も含まれている点が評価された。多大な時間と労力を費やすような廃人要素が少なかった点も好感を持たれたようである。

かくして、中国のゲームクリエイター達に目をつけられたモンスターハンターはシステムもグラフィックも何もかもをほぼ100%に近い形でインスパイアされた。そして出来上がったのが、モンスターハンターの再来と呼ばれるほど本物と区別がつかないHUNTER BLADEである。

制作に携わった人間は誰もがこのゲームの大成功を信じて疑わなかったが、発売後、肝心の中国人ユーザーからは何故か「拙い」「遅い」「見た目も悪い」などと批判が相次いだ。人気ゲームを完璧に再現したはずのゲームがこのように酷評されたことは、中国ゲーム業界七不思議の一つとして語り継がれている。

日本での反応[編集]

モンハンユーザーは語る

HUNTER BLADEの情報が日本に入ってくると、インターネット上の掲示板には瞬く間に質問や意見回答があふれた。特に過敏に反応したのは400万人にも上るといわれているモンスターハンターのユーザーであり、彼らが「モンハンを穢すな派」と「むしろやってみたい派」に別れたことで議論が活発になったと考えられている。ここではこのゲームについて全国各地から送られてきた質問と回答の一部を公表する。

Q.キャッチコピーの「狩猪完成」を見てお茶を吹き出しました。
ちなみにそのキャッチコピーは日本語では盗作完成と言う意味です。
Q.ハンターブレードは何処で手に入るのですか?
A.あ…ごめんなさい それ来月からなんですよ。
Q.この作品を簡単に表現すると?
A.「すばらしい……最高のゲームだと思わんかね?」(32歳・大佐
Q.モンハンパクられると困るのですが
A.パクリジャナイアル。オリジナルアルヨ!
Q.怪物猎人偷走了达罗这是什么?
A.ここは日本です。日本語で話してください
Q.ところでこれを見てくれこいつをどう思う?
A.「!?」byザザミご本人

結論[編集]

中国よ……おまえそれでいいのか?

関連項目[編集]


この項目「HUNTER BLADE」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)