IPod nano

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「iPod nano」の項目を執筆しています。
「研究対象にしなければ!」
IPod nano について、どっかの研究所
「何かよく分からんが、音が聞こえないじゃん」
IPod nano について、消費者
「仕様です」
IPod nano について、アップル

iPod nano(読み:ウイルスレベルiPod)は、宗教団体アップルが開発したナノサイズの携帯音楽プレイヤーである。

詳細[編集]

林檎社がiPodをさらに小型化したいという思想により、2006年ぐらいに発売。

開発には電子顕微鏡とナノロボットが使われた。ちなみにその大きさは縦7nm、横14nm。(推定)

しかし、操作には電子顕微鏡を使用して付属のApple Pencil nanoで慎重に画面をタッチする必要がある。一歩間違えるとグシャッと潰れてしまう。さらに普通の規格の外部接続機器がほとんど使えないという粗悪っぷり。

反響[編集]

あまりの小ささから(音も小さい)、一部の信者が買っただけで終わった。敗因としては、小さすぎて操作に高い電子顕微鏡が必要なことと、最新のテクノロジーを使用しているため非常に高価だったことが挙げられる。そしてAppleの利益を文字通りナノに落とした。

ちなみに林檎社はこれ以前にもミリ単位のiPod「iPod mini」を発売していた。それの成功で調子に乗ってしまったのだろう。Appleはぼったくr粛清されました

メリット[編集]

  • 保管場所はかなり小さくて済む。
  • ロマンがある。
  • 生物兵器に使える。

デメリット[編集]

  • 小さいためすぐに無くす。
  • 画面が極小サイズのため動画が非常に見にくい。
  • 小さいため体が異物として捉え病気になってしまう。

その後と現状[編集]

コレクターが欲しがっている品ではぶっちぎりの一位であり、値段はさらに上昇した。しかし保管が極めて難しいという欠点があったため、価値が暴落した。

iPod nanoの価格の暴落を発端とする史上最悪の大不況は、特にIT産業関連の失業者を世界中に何億人と生み出す事態となった。

そのため、現在ではAmazonで平均価格1900円という破格の値段で買える。

Q&A[編集]

Q:iPod nanoでネットはできますか?

A:できません。使いたい人はiPod touchをどうぞ。

Q:iPod nanoで動画は再生出来ますか?

A:できません。...と思いきや、動画に対応しちゃいました。そう、第4世代ならね。

Q:GPSはついていますか?

A:ありません。使いたいのなら哀フォンを使えばいい話。

Q:保管にはどうすればいい?

A:専用ケースに電子顕微鏡とピンセットで慎重に入れてください。

Q:iPod nanoて結局何?

A:最新のテクノロジーをふんだんに使った無知な人々にとりあえず買わせるための電子機器です。

スペック[編集]

容量
1GB(最大)
サイズ
縦:7nm、横:14nm、奥行き:4nm
参考までにウイルスの大きさは100nmほど。
価格
日本円で89800円。

関連項目[編集]

Ipodsazae.gif この記事は林檎教信者による林檎の齧りかけです。よりエレガントな齧り痕にするためにもっと齧ってください。あなたの歯が秀逸な記事を生み出します。 (Portal:スタブ)