iPod touch

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wiki-globe.png
アンサイクロペディアの内容じゃないよう
このページの記述には事実が多いので頭の固いウィキに書くべきです。
とっととばかばかしく編集するか、こっちの方に書いてください。そうでないと誰か怒られちゃうよ。

iPod touch(アイポッドタッチ)とは、宗教法人アップルが開発した超小型まな板兼ナイフである。まな板兼ナイフなら一つでオッケーじゃん!と思ったそこのあんた、まな板は同時にナイフにはなれないんだよ。つまり2台持ちが必須な一品となっております。その上小型過ぎてこれくらいの林檎しか切れない。もともとはiPodということで音楽プレイヤー扱いだったが、見た目が小さくて薄っぺらいだけのiPhoneそのものだし、その上iPod touchの持つ機能はすべてiPhoneがカバーしているため、iPod touchを音楽プレイヤーとして利用している人は存在しないし、存在していてもApple Inc.及び教祖を含め誰も気にしない。結果としてただの小さいまな板兼ナイフなのである。

主な機能[編集]

Q.iPod touchでは電話はできますか?
A.そのままではできません。SkypeやViberとかLINEだとかそこら辺のをインストールしてください。
Q.iPod touchではLTE通信は可能ですか?
A.できません。どうしても使いたいという人はiPhoneでも使ってくださいよ。
Q.iPod touchにGPSはついてますか?
A.ついてません。でも精度の悪い位置情報サービスがあります。
Q.iPod touchって結局何なんですか?
A.情弱キッズに買わせるために開発された電話機能を取り除いたまな板携帯電話です。

最新モデル[編集]

2019年5月29日未明に、第7世代iPod touchが発表された。かなりバグが多いことで注目を集め、特に数字の表記にバグが多い。もしかしたら、以下の情報にも数字の表記にバグがあるかもしれない。

  • ディスプレイ

 ディスプレイは128インチディスプレイを搭載しており、もしこの数値がバグでないとするならば大きいどころの話ではない。しかしその解像度はSD(720×480)と表示されており、バグでないとするならば前代未聞の画素がよく見える美しい画面となっている。

  • チップ

 Apple A4という骨董品同然のCPUが採用されてしまった。この表示がバグでないとするならば。それでいてむりやりiOS15なのだから重くて使えるものではない。

  • カメラ

 iPod touchに初めてカメラが搭載されたのは、これより3世代前のiPod touch第4世代である。第7世代iPod touchのカメラは、その歴史を書き換えるほどの進化を遂げた。第7世代iPod touchには、逆に使い道が分からない256倍レンズが搭載された。らしい。表示が以下略。これにより天体望遠鏡を一切用いずに簡単に天体撮影ができる。それでいて、カメラのレンズのサイズは相変わらずだという。一体何で作られているんだ。

  • バッテリー

 これほどの性能なんだから、バッテリー駆動時間は長いと思いきや第7世代iPod touchには、わずか8mAhのバッテリーが搭載されてしまった。電源ボタンを押すだけでバッテリーが切れることになる。表以下略

その他[編集]

そのほかにも、Podcastや映画などのダウンロードが可能である。また、デバイスからファイル内の写真のインポートや、CDの音楽のインポート、プレイリストを作成しオリジナルCDを作るなど、iTunesを利用しさまざまなことが可能である。また画像サイトには端末の壁紙を投稿、共有するサイトが存在し、割と健全なユーザーが多い中、アダルト画像の壁紙を自慢げに投稿するユーザーも存在しており、こういう輩は2ちゃんねるに投稿すると、数分しないうちに大量の2ちゃんねらーに叩かれる。

バグ[編集]

さまざまなバグも存在し、「俺のマップアプリ返せ」「復元しても動かない」など、自己責任を破棄した発言も数多い。また、脱獄といういわゆる改造を利用してリスクを背負いつつもさらにiPod touchを楽しむユーザーも増えている。脱獄していない状態、つまり通常のiPod touchの状態のことを入獄とも言う。さらに、インターネット上には端末のバグや小技などを共有するためのサイトも数多く、利用者も多いが、まれに損をするバグなどを公開するユーザーが現れるが、当たり前だがかなり批判される。まれに自らの端末を破壊等した画像をサイトに投稿し、話題作りに励むユーザーがいるが、そのようなユーザーはいわゆるインターネット依存症であるものが多い。つまりアホである。

関連項目[編集]