JAS39 (戦闘機)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Alice Liddell.jpg
修正依頼
この項目は、文章が冗長・まとまりを欠く・エッセイ的である・不適当な翻訳など改善の余地があるため、修正・推敲を広く求めています。
修正の要点 : このページのノートまたは履歴をお読み下さい。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「サーブ 39 グリペン」の項目を執筆しています。

JAS39(ヤスさんきゅう)は、スウェーデンのサーブ社を中心として開発された戦闘機(銭湯じゃねーぞ)。愛称はグリペン (Gripen)。初飛行は1988年

日本ではエロゲー戦闘機、萌える戦闘機として有名である。

自衛隊次期F-Xとして採用される予定だったとか言われるが、F付いてない時点で…。

概念[編集]

販促用イラスト

スウェーデンの引きこもり政策のせいで、独自の戦闘機を開発する事になった為に誕生した戦闘機である。 メインコンセプトは先代のビゲン、初代のドラケンとの同様の性能を含め海外市場にもにらんだ設計を採用している。またネットワークメインの戦いというSF妄想にも対応している。…している。多分。

足の短さがネックだったけどスウェーデンが引きこもりを辞めて、納豆に参加するため空中給油できるようなモデルも出したおかげでこの問題は解消だね。

もちろんサーブ社なだけに、GM系列の世界中のサーブ販売店で販売しようと計画されているが、先代のビゲンが早染め液と勘違いされ、偏見的なイメージを持たれた事や元GMの富士重工が戦闘機販売を失敗したが、グリペンはマスメディアへの広報活動を活発にする事で販売の流動化を図る事を模索されており、現にエロゲの出演も初め、映画にも出演している。

広報活動の他にも、値段も手頃にしてコストパフォーマンスの向上をつとめさす事で、採用国を大幅に増やす事が出来た(わーい)。その後アップデートを重ね、運用開始20年記念モデル「グリペンE」が2016年5月にブラジル限定販売されている。

要求[編集]

  • そこらへんの道から飛べれるようにしてね
  • 先代よりも軽くしてね
  • おやすくね☆
  • 萌え
  • 彗星すごいよ彗星
後になって追加
  • 空中給油できようにしてね。
  • 核ミサイル打てるようにしてね。
難航している理由
  • 100機で束になってかかってもF22 1機にフルボッコにされた。
  • 飛行中にカナードが90℃勃起して墜落した。
  • そもそもフリーセックスの国の飛行機に自衛隊は興味が....あるが...いかんせん古い。
  • 韓国に「どーだ!!」と言っても無視される。
  • 航空自衛隊の格納庫で「グリペンもってこーい!!」という声が聞こえたときは、「スウェーデン製変態戦闘機持ってこい」ではなく、「グリースペン持ってこい」の意であり、変な期待をしてはいけない。

採用国[編集]

外部記事[編集]

この項目「JAS39 (戦闘機)」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)