JR東日本E655系電車

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「JR東日本E655系電車」の項目を執筆しています。

E655系電車は、一部のおセレブ様のために製造されたチンチン電車である。

御料車の歴史[編集]

御料車の誕生[編集]

日本は国民主権国家であり、元首や公務員はそれに尽くす奴隷とみなされた。元首には苗字すら与えられない差別的身分であり近年は発狂者まで出る始末である。このため、敬して遠ざけるという意味を込めて元首は京都東京のど真ん中に幽閉され、深い森の中に人目をはばかって隔離された。

これは鉄道による移動の時も同様であり、各地に公務で連行される際には、一見豪華そうなオンボロ客車に押し込められて移動を余儀なくされることとなった。

歴代朕車の系譜[編集]

旧一号御料車は、漆塗り総檜造りの豪華車両であったが、所詮は木造の旧型客車であり、待遇に耐えかねた昭和天皇第二次世界大戦をシャットダウンさせたことで有名であった。

新御料車にあっても、最新技術を駆使して製造されたと公表されているが、内実は10系軽量客車という過去の遺物を用いたものであり、テーブルについだワインや開けようとしたポンポニエールの中身が吹っ飛ぶ壮絶な乗り心地であることはあまり知られていない。それを牽引するのは、老朽機関車であり、東海道本線では40年以上前に特急牽引機の役目を終えたEF58形である。要するに使いまわしというわけだ。

一方で、皇族および皇太子の輸送には、もう少し見た目が今風な電車が用意された。白い車体だがクロ157-1と名づけられた、この貴賓電車は今なお東京総合車両センターに放置プレイされている。

近年の運用状況[編集]

上記のような待遇に耐えかねた今上天皇も、政治的実権はないものの宗教的実権をかさに国鉄総裁を呪い殺すと宮内庁に脅迫勅書を送りつけ、現在まで上記旧型車両については元首の利用はまれである。

西武鉄道近畿日本鉄道は、同社の特急車両を、今上天皇にばれないようわざと重く窓を分厚くして乗りこごちを悪くしたうえで乗用電車として使用しており、JR各社も多くの場合は普通の特急電車を使用するに至った。

しかしルクセンブルク国王など一部のマニアな元首は、日本の鉄ヲタ同様にボロい鉄道車両をわざわざ好んで乗ることで知られるため、外交上の理由から、一号編成も、ときどき運用されている。しかし一号編成に搭載されたテレビは地デジに対応しておらず、総務省からも対応を求められていた。

セキュリティ上の問題[編集]

実際には、たとえ通常の特急車両を使うにしても、警備が沿線に張り付いて警護を行う必要があり、特に海外VIPPERがテロであぼーんした場合は、日本が滅びかねない重大な外交問題となる。西武鉄道は重装甲の付随車をNRAに連結して対処し、他の民鉄でも順次VIPPER仕様車の重装備化を進めた。

E655系の登場[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「具奉車」の項目を執筆しています。

基本設計[編集]

次世代VIPPER用の在来線鉄道車両としてしR束日本が選んだのは、御料車に随行する具奉車(ぐふしゃ)の重武装化であった。 5両が常時随行するが、元首の移動時であるお召し運用以外に、イベント用もしくは海外VIPPERの移動用としても用いられる予定である。


具奉車[編集]

クモロ07-10(MSc) - モロ07-11(MS) - クモロ07-112(MSc) - モロ07-101(MS) - クモロ07-102(MSc)

具奉(グフ)車は、以上の5連で構成され、お召し運用の際は100番台車と0番台車の間に御料車のE655-1を挟んで走行する。

  • 全長:18.2m
  • 総重量:58.5t(MS-07)、59.1t(MSC-07
  • 最大出力:1034KW(全て1M車であり、VVVFインバータ制御による1C4M構成となる。)
  • 製造車両メーカー:ジオニック社
  • 装甲:超硬合金、素材未公開(鉄系であるとされる)

有事の際は二足歩行が可能であり、変形後はザクIIと似たような外観となり御料車をあらゆる攻撃から護衛する。

E655系の世を忍ぶ仮の姿。
日章旗・菊の御紋をつけ、元首移動仕様に。

御料車[編集]

E655-1号一両のみが製造された。

元首用の車両は、主権者である国民と差別するため型式称号が与えられず、元首が逃げないよう防弾ガラスでがっちりガードされ核攻撃以外のいかなる攻撃にも耐えうるとされる。「E」の記号が指し示すとおり電子戦機である。

試運転では衛星軌道上から地上に投げ落とされたが、傷ひとつなかったようである。ただし、実験のため中に入れた犬は検閲により削除であり、狆ではなく土佐犬を使うべきであったとの批判もある。

同様のコンセプトをもつ車両[編集]

  • 新幹線用の御料車は、かつてはスカートにVの字が書かれた、超電磁ロボ併結編成が用いられた。
  • 現在は300系車両の外観をもち有事の際に変形するヒカリアンが御料車に併結されている。
  • この技術は防衛機密の壁に阻まれて長いこと海外には輸出されなかったが、川崎重工とJR東日本により中国へ技術供与された。中国当局は、国産技術である先行者をベースとし、日本の技術も取り入れて、E2系やE10形によく似た機体を開発した。将来の第二次日中戦争において、二足歩行ロボットの格闘戦という男のロマン実現が期待される。
  • E655は国鉄が設計した蒸気機関車。E655-1と外観は似ていないが、外観以外の設計は流用されており、これがバレるのを防ぐため、E655-1は外観以外は公開していない。