JR神戸線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
兵庫駅の電光掲示板
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「JR神戸線」の項目を執筆しています。

JR神戸線(ジェイアールこうべせん)とは、東端とその隣以外は兵庫県にある、大阪駅から神戸駅を経て姫路駅までのJR西日本の路線である。ちなみに、姫路駅以西は正しくはJR神戸線には含まれないが、ここを走る電車の一部が播州赤穂駅もしくは上郡駅まで乗り入れるので、ここではその区間も含めて説明する。

概要[編集]

JR神戸線とはJR誕生後の愛称であって、正式な路線名ではない。しかし、路線の区間から推察すると、JRが画策する真の営業戦略を把握するのは容易である。つまり、姫路までが真に重要な基幹路線であって、姫路より先、つまり姫新線播但線アボーンネットワークの一部としてダイヤを漸減させ、やがては…という長期計画を読み取ることができる。

列車種別[編集]

車両は山陽本線の項目を見て欲しい。

新快速芦屋市西明石を除き、本当の主要駅にしか停車しない。これは、琵琶湖線とは決定的な違いである。また、[1]新大阪から姫路までは新幹線を使ったほうが半分の時間で着くが、庶民は誰も気にしない。ちなみに快速は、長田区以外の領土には最低でも1駅ずつ停車する。

路線[編集]

大阪~神戸[編集]

この区間は阪急神戸本線阪神本線との競争になる。新快速を使う方が断然早いが、心持ち高い。しかも阪急や阪神の特急と違い、西宮には新快速が止まらない。尼崎と人口10万人以下の芦屋には止まるくせに。最近、阪和線よりグモが多発している。

大阪を出て再び淀川を渡り、最初に着くのは兵庫県尼崎市尼崎駅。この駅は旧称を神崎駅といい、開業時は市街地から離れた農村のど真ん中にあった。これはほぼ同時期に開業した西宮市の西宮駅、神戸市東灘区の住吉駅にしても同様であるが、阪神間をただ結ぶことしか考えていなかった残滓である。結果、明治の終わりごろに開業した阪神本線城下町として栄えた尼崎の市街地を通り、乗客をかっさらっていくことになった。JR尼崎駅が発展するようになるのは、JR東西線の開通した1997年以降であるといえるだろう。尼崎市は大阪市に隣接しており、本来の所属である兵庫県よりも大阪府に近いといえる地域である。大日本帝国時代は実際に大阪市は阪神間の諸都市を植民地としており、「大大阪」と呼ばれていた。それが戦後になって衰退し、独立を達成することが出来たのは、後述する阪急王国神戸市の功績である。

立花駅は尼崎の市役所のそばにある。隣接する西宮市の甲子園口駅と同様、昭和期に沿線開発が行われたことで、吹田・須磨間電車運転開始に伴い駅が設置された。しかしこれらの沿線開発は勝手になされたものではなく、東海道本線の北を通る阪急電鉄の総帥で、阪急王国の初代国王となった小林一三、およびそれに協力した者の手で成し遂げられたものであった。そのためこの辺りで、国鉄→JRの乗客には怨嗟の声が頭に響いてくる可能性がある。

武庫川を渡って、尼崎市との対立や南北分裂と様々な抗争の話がよく聞かれる西宮市に入り、前述した甲子園の名を阪神に便乗して付けただけで実態に即していない甲子園口駅を過ぎると、西宮駅に到着する。しかし、昨今になって乗客数が増加しているとはいえ、寂しい雰囲気が漂う。それもそのはず、近隣に阪神本線の西宮駅、阪急神戸本線西宮北口駅があり、大昔に乗客を奪われたままになっているためである。十数年前までは阪神間で最も乗客数が少ない駅に陥っていた。近年では某議員のせいか、同駅を通る際に突然号泣し出す客もいる。

大阪を出てしばらく南北に離れて走っていた3社の路線は、ここ西宮から先はほとんど密着し並走して神戸を目指すことになるが、西宮のこの辺りは3社線が特に近接するため(昨今では阪神が阪急王国に併合された事もあって)、JRは南満州鉄道のごとく両側を敵に挟まれた一帯を走行する事になる。近年JRは、香櫨園駅夙川駅・阪神西宮駅が近接するこの地にさくら夙川駅を開設した。これは、沿線のゲリラに投降と日本への帰属を呼びかけていると解釈できなくもない。

隣接する芦屋市はさほど大規模の所ではないが、芦屋駅は1957年に西ノ宮駅(当時)と激闘の末、快速停車を勝ち取ったことで3社並走の中で大きな優位性を得ることになる。そのまま平成になると新快速の停車駅になり、並走する両社の駅(阪神芦屋駅と阪急芦屋川駅)を完全に圧倒し、JRにおける阪神間の中核駅及び市の中核駅に成長した。この点、客を取られているのを見ていただけの西ノ宮→西宮とは対照的である。市民は北側地域(六麓荘町など)を中心に極めて自尊心が強く、芦屋言葉なる独自の関西弁を生み出したことでも知られている。

芦屋駅を出るとすぐ神戸市である。東西方向にしか発展性を見出せなかった苦境をここから察しつつも、甲南山手駅のような新駅が生まれているところに、その発展の勢いを感じることが出来る。この一帯は1938年に大水害、1945年には空襲、そして1995年には阪神・淡路大震災と災難続きであったが、俗に「不死鳥」・「不死身巨大ロボット」と呼ばれている通り、その苦境を常にばねにして発展を続けさせることが出来た地域といえる。神戸市のこのしたたかさこそ、同市を京都市大阪市と並ぶ関西地方の一大都市に成長させ、大阪市から阪神間各都市の植民統治を解除させることに成功させた原動力と見ることも出来るであろう。

神戸市内に突入すると六甲山摩耶山を眺めながら、電車は東灘区灘区と横断していく。摂津本山駅は阪急岡本駅との乗換駅。住吉駅は、神鉄六甲駅阪急六甲駅六甲道駅いずれにも接続しない六甲ライナーが接続する。ここで降りる人の半分くらいは乗換客ではないかという有様だが、その割に改札は一つしかないので不便極まりない。六甲ライナーに乗りたい方は魚崎駅の利用を推奨。住吉駅を出ると、六甲道駅までたまに普通と快速がかけっこをし、鉄オタがよく集まる摩耶駅灘駅を過ぎ去り、春日野道駅に手を振っていると迫真の新神戸駅が見え、神戸市中央区にある現在の神戸ターミナルである三ノ宮駅に到着する。

三ノ宮駅は、周辺の阪急・阪神・地下鉄の駅が「三宮」を名乗ろうとも、「西ノ宮」が「西宮」に改称しようとも、断固として「ノ」の字を入れることに固執している貴重な頑固オヤジ的存在である。元は現在の元町駅付近にあり、高架化に際して移行してきたものなのだが、駅名だけは明治以来かたくなに守り通している。

そのまま電車は神戸の市街を神戸市営地下鉄神戸高速鉄道と並走しながら神戸駅へ向かう。神戸駅は震災でも駅舎が崩壊しなかったほど頑丈な構造であったが、戦後に近隣にあった繁華街の新開地が寂れ、三宮に商業地が統一されたおかげで、乗降客数は三ノ宮より少ない。

一応、ここ神戸駅で長い長い東海道本線は終点と言われているが、国鉄になる前の山陽鉄道時代より大阪・京都まで直通運転を行っていたこともあり、終着駅のイメージは全く感じられない。

神戸~明石[編集]

ここから先は山陽本線である。ふざけたJR神戸線という通称のおかげで、境であることはいつか完全に忘れられるかもしれない。一般人は列車の行き先表示から西明石駅とか思ってしまっている症状もある。ご注意

この区間は神戸高速鉄道山陽電鉄本線との競争になるが、そちらを使うのとJRの普通電車を使うのとを比べても所要時間はほぼ同じ、しかも前者のほうが運賃は高い。迷わずJRを使いましょう。ちなみに須磨~明石間では、瀬戸内海淡路島明石海峡大橋がよく見える。須磨~塩屋間に至っては海沿いを走る。だが、新快速は神戸から明石まで10駅もノンストップなので、一瞬でここを飛ばしてしまう。 ここで運転見合わせが起きるとJRは大騒ぎするがね庶民は「別に山電使うからいいわ。」と誰も気にしない

明石~姫路[編集]

山陽電鉄は神戸線と線路の離れるここから海岸線で本気モードに入る。一方、こちらは何故か少し内陸へ走っていく。当初は明石海峡を渡れない艦船の襲撃予防と考えられていたが、最近の研究によりこの辺りにネタの駅を量産するためだったことが判明した。

姫路~相生~播州赤穂・上郡[編集]

厳密にはもうJR神戸線ではない。だが、姫路で終点ではない電車があるので、蛇足だが説明する。ここまで来ると、それまで本当の主要駅にしか停車しなかった新快速が突然各駅停車に変わる。多くは姫路の3つ隣の干されにいくためだ。相生から西は、近年の改正により90%の電車が浪士の街まで入るようになった。しかし、乗客減少で2016年から昼間の新快速がすべて姫路で強制終了してしまった。山陽本線へ行く10%以下の列車も2つ隣の上郡で完全に終点である。昼間走る相生 - 上郡の区間列車は数年以内に廃止される予定である。上郡から走る智頭急行の文句は誰も気にしない。

関連項目[編集]

東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「JR神戸線」は、延伸の案が出ています。延伸して下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)
  1. ^ とあるひかり号に至っては、姫路から大阪までの所要時間がほぼ同じ(新大阪での乗り換え含みではあるが)であるどころか、姫路を同時に出るにも関わらず西明石で新快速に抜かされる