M字開脚

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

半保護

このM字開脚のぺーじは、いっぱい いたずらされちゃったので、
すうじのなまえのこいちねんせいのこは へんこうできないことに なってます。

ちゃんとなまえがついて おおきくなったら へんこうできるようになるよ。

どうして こうなっちゃったかは、のーとここをみれば わかるかもしれないよ。

Icon-not-under18.png この項目には、18歳未満には有害な記述が含まれています。

下の毛がまだ生えていない等の理由で情報入手に法的制約のある方は、お母さんに見つからぬよう背後の気配に細心の注意を払いつつ閲覧してください。アンサイクロペディアの連中は、そんな面倒臭い検閲を行っておりません

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「M字開脚」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「M字開脚」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「M字開脚」の記事を執筆しています。

M字開脚(えむじかいきゃく)とは、人間の性的関心を利用して視線を誘導する事で隙を作る、格闘技のテクニックの一つ。

概要

M字開脚は対戦相手へのダメージを狙う為の技ではなく、隙を作って次の動作へと繋げる為に使われる。相撲で言うところの猫騙しに近く、やはり素人でも真似をしやすいのでプロアマ問わず広く行われている。猫騙しは両手を叩き合わせて爆音と衝撃波で怯ませて機先を制するが、M字開脚の場合は膝を立てた状態から脚を拡げて股間に視線を集中させる。座って行う場合は体育座りから脚を拡げたようになり、また仰向けになって行う場合は膝を持ち上げるようにしてから同じように拡げる。なんにせよ正対した場合には英文字の「M」を描いて見える事から、M字開脚の名前が付いた。

視線が股間に向いて警戒が緩んだ際に蹴りあげたり、腕の力で跳び跳ねて首を挟み込みフランケン・シュタイナーに繋げるなど発展性も高く、アイデア次第で流れをひっくり返しうる「隠れた大技」とも言える。使用者としては、総合格闘技「ハッスル」所属の女格闘家インリンオブジョイトイが有名であるが、他にも様々な格闘技や創作物で披露されている。中でも週刊少年チャンピオン掲載の漫画作品「覚悟のススメ」で主人公・葉隠 覚悟が突然M字開脚して敵の目を釘付けにしてから[1]靴に仕込んだ爆薬で攻撃するシーンは特に良く知られている[要出典]

原理

脚を拡げることで、容易に視線を吸い寄せる。そこから様々なコンボへ派生していく。

脚を拡げた姿に強く反応するのは、人間に特有の現象とされている[2]。これは人間の性的関心が他の生物と大きく異なる為である。そもそも性別を持つ動物の多くは発情期以外には外性器に興味を示さないが、人間は幼児期から外性器へ強い興味を持ち発育の段階で更に強化されていく[3]。こうなる理由として提示されているものとして説得力があるのは、二足歩行により視界と外性器の距離が大きく開いたからだという説である。

多くの四足歩行生物は外性器の位置と眼球部の配置により、後方へ回り込むだけで常に他個体の外性器が視界に入る。しかし二足歩行に特化した人間の視野では、腰部より下にある外性器を視認するのは難しい。また常時二足歩行を可能にする為太股が発達し、更に外性器の視界が困難になっていった。その為右画像のように脚を拡げて外性器の視認を容易くする行為は、相手への求愛や信愛を示す動作として無意識に捉えられ、視線を強く誘導する効果を持つようになったのである。それは時代が流れて人類が下着を穿いて外性器を隠すようになっても、本能的な好奇心として現在まで残り続けている。

異性の場合はもちろん性的欲求を刺激されて視線をむけるのだが、同性の場合は性的発達の段階を自分の外性器と比較する事で優位に立とうとするマウンティングの効果もある[4]。男性同士であれば「包茎か否か」「全長や形状はどうか」を比較し、女性同士の場合は「色素沈着の有無」「陰唇のはみ出し具合の度合い」などを比較するとされている。

脚注

  1. ^ モニターで見ていた姉・葉隠 散も「なんだか知らんが、とにかく良し!!」と弟を称賛している。
  2. ^ 学術誌「GON!」にて「猿は本当に死ぬまでオナニーし続けるのか」という実験を行った際、脚を拡げて性器を晒したにも関わらず猿は関心を示さなかったというデータが残っている。 
  3. ^ 幼児の発育過程には、男女を問わず「性器弄り」を盛んに行う段階がある。自分だけでなく他人の性器まで弄り、身体構造に関する興味を深めている時期とされる。
  4. ^ 同性愛者の場合は性的欲求が優先される。

関連項目