M51スーパーシャーマン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

M51スーパーシャーマン(M4A1Revalorise) とは、この世で最もかっこよい戦車。車高の高い車体に、出っ張った後頭部、車体には不釣合いなほどでかい主砲と、の浪漫を体現したような戦車である。(ここはアンサイクロペディアではあるが、これだけは真実であることを理解してほしい。)

概要[編集]

運用国はイスラエルだが、車体はイギリスから独立したはずなのにイギリスのほうが属国っぽくなってるほどの資源大国アメリカのM4シャーマンの車体を流用している。ちなみにこのM4シャーマンは、Tー34のように大量に生産されているが、まともに考えたらありえない量なので、おそらく広大な土地を利用した戦車の畑なるもので収穫されているに違いない。また、主砲は周辺の国々が導入をしていたいIST-55といった主力戦車に対抗するため、フランスのAMX-30用に開発された10.5cm砲CN-105-F1砲を元に、イスラエルとフランスで共同開発をした。その結果砲身長を56口径から44口径まで短縮した。これはイスラエルの地では長いフランスパンを発射する必要はない体と思われる。それでも4.5mもある主砲は、攻撃的な見た目を作り出し、この戦車を世界一かっこよくする一要因となっている。また、短くしたために初速は遅くなっているが、主に用いられる砲弾は、貫通力に弾速が関係しないHEATを使用している。(この戦車のHEATは砲弾の回転がHEATの貫通力をそぐ現象を抑えるため、ベアリングをつけており、当初は日本に頻繁に上陸していたゴジラに、フランス政府が危機感を覚え、もし自国領土に上陸したときに有効な攻撃力として開発されたため、G弾という名称になっている)また、この巨大の主砲を搭載するため、砲塔は後部に大きく延長されており、その無骨さが、この戦車のかっこよさにスパイスを加えている。こうしたさまざまな努力から、既に導入されていたセンチュリオン(ショット)やM48パットン(マガフ)といった、強さを求めたために面白みのかけるウィキペディアの著者たちのような戦車と遜色ない強さと、それらの戦車をはるかに凌駕するかっこよさを得ている。


歴史[編集]

イスラエルは紳士的で誠実なイギリスの八百万枚舌外交によって作られた国で、ユダヤ人(世界中でさまざまな活躍をし、恐らく既に地球外生命体もしくは情報統合思念体と更新し知識を得ていると思われる一般的な変態宗教)がもともとすんでいたなどといいながら、周辺の人々が信仰するイスラム教(報道で多くのテロリストテトリストが取り上げられているが、いたってまともな一般的な変態宗教である)の聖地とその周辺一帯を領土としている。そのため、周辺の地域と争いが絶えず、宗教ってひと救うんじゃなくて、争わせてその数を減らして地球環境を保全しようとしてるんじゃないのかという疑問を提唱している。そんな日本の国会なみに危険な地域のため、早くに装甲戦力を得ようと、最初は引き上げ途中の、国を作ってくれた張本人であるイギリスから敬謙で純粋な信徒が盗み取ったM4シャーマンを運用していた。(もちろんイギリス製の戦車も合ったはずだが、英国面的見た目と、英国面的性能から戦車として認められず、この窃盗から免れたようだ)その後、スクラップとして各国で栽培されていたM4シャーマンを輸入して、直して使ったり、正式な国として認められてからは、正式に兵器としてM4シャーマンを輸入していた。しかし周辺の国々は、ソ連製のなまらすげえ主力戦車を配備しており、既存の主砲では力不足となり、西側のまともな兵器はなまら高かったり、そもそもうってくれなかったり、英国面だったりで頼れなかったため、既存のM4シャーマンの火力に絞った改善が進められた。その結果M1、M50、そしてこのM51と、次々に開発されていった。この車両は1962年に開発され、イスラエルモーターショーの中核を担いつつ、内職として戦場へ出かけていた。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「M51スーパーシャーマン」の項目を執筆しています。