MiG-31

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情錆びないユーモアが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「MiG-31」の項目を執筆しています。
天かける漆黒のイカ翼であるMiG-31
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「もう一つのMiG-31」の項目を執筆しています。

MiG-31(ミグさんじゅういち、ロシア語:МиГ-31 ミーク・トリッツァチ・アヂン)とは、ソビエト連邦が極秘に開発したイカ高性能ステルス戦闘機である。一般的にはMiG-25フォックスバットの改良型として知られているが、それはKGBによる偽の情報で、殆どの軍事オタは騙されている。パニックをさけるためにNATOが『フォックスハウンド』と言うコードネームをつけたが、本当の情報を握っていたCIAは『ファイヤーフォックス』というコードネームをつけた。また、本記事では改良型のGAF-1 イカヴィルコラク及びF-200 イフリートについても言及する。

開発背景[編集]

1976年におきたベレンコ中尉亡命事件やその11日後におきたVTOL亡命事件などにより優れていたソ連の戦闘機の技術や情報が西側諸国に流出したのを受け、ミコヤン設計局(以下MiG)は新型戦闘機の開発を進めていた。その結果最高速度マッハ5、優れたステルス性に加え、パイロットが考えるだけで機関砲やミサイルの発射が可能なそれまでの戦闘機を遥かに凌ぐ性能を持ったイカ戦闘機が完成、極秘裏に飛行テストが行われていた。

ファイヤーフォックス奪取事件[編集]

1982年CIAはスパイからMiG-31の情報を入手。元軍人のクリント・イーストウッドミッチェル・ガントをソ連に潜入させ、それを盗み出す計画を立てた。当初彼はベトナム戦争のPTSDで潜入後の工作活動ができるかどうか心配されていたが見事に成功。試作機1号を奪取する事に成功した。 その後北極にてアメリカ軍の潜水艦から給油を受け、本国への帰還中試作機2号と交戦。壮絶なドッグファイトの後見事それを撃墜し、帰還に成功。またしてもソ連の新型イカ戦闘機の情報は漏洩した。

F-X計画関係者による情報の抹消[編集]

当時アメリカ軍に配備されているさなかのF-15の開発メーカーマクドネル・ダグラス社はMiG-31の情報によって他社による新型戦闘機の開発によって発注数を下げられるのを危惧し、同じ立ち位置にいたロッキード・マーティン社やグラマン社などとともに盗み出したMiG-31の解体および関連書類の抹消と偽装を行った。その影にはソ連共産党幹部からの多額の賄賂が流れたと言われている。しかし、ロッキード社はMiG-31の情報を隠し持っており、F-22の開発の際の参考にしたと言われている

GAF-1への技術利用[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「GAF-1 ヴィルコラク」の項目を執筆しています。

入手経路は不明であるが、1990年代に旧東欧諸国のコミュニティを母体とするテロ組織ヴァラヒアが抹消されたはずのMiG-31の情報を入手し、それをもとに新型戦闘機の開発に着手していた。ヴァラヒアはアメリカのオリビエリ・ライフ・インシュアランス社を中心に大手企業が参加していたゴールデンアクス計画と共謀しそのMiG-31の情報を差し出し、膨大な援助を受けていた。その後A-10をマッハ4並みの速さに改造できる技術を持っているゴールデンアクス計画はMiG-31の改良型のGAF-1 イカヴィルコラクを完成させる。

GAF-1の実戦使用[編集]

2012年に起きた世界争乱においてゴールデンアクス計画はサンフランシスコでの戦闘の際、GAF-1を4杯実戦投入させた。操縦していたのはかつてアメリカの民間軍事会社からヴァラヒアへ、さらにそこからゴールデンアクス計画に寝返ったオレオ金目当ての傭兵4人である。そのときにゴールデンアクス計画軍の掃討をしていたある民間軍事会社の戦闘機部隊と交戦。GAF-1は全機撃墜され、さらにゴールデンアクス計画の情報はすべて消され、MiG-31の情報は完全に抹消された。後に主人公(笑)の乗機となるが、機動性は皆無に等しく、オンライン対戦ではイカ臭い格好悪い、人狼ってチート(笑)などと表され、滅多に使われることはない。 ちなみにこの機体を実戦で使用するためには、アルファベットがひっくり返ったキリル文字を自在に使いこなし、露和辞典ないし露英辞典を丸暗記し、トルストイ「戦争と平和」(全4巻)の原著を逆立ちしながら1日2回音読しても頭がゲシュタルト崩壊しないパイロットを見つける必要がある。

アスラン王国における実戦使用[編集]

上記のGAF-1とは別に、中東アスラン王国の外人部隊「エリア88」が、MiG-31の発展型と思われる戦闘機F-200 イフリートを使用していたという情報がある。何でもマッコイじいさんがソ連に残されていたMiG-31の3号機をちょろまかして改造した物らしい。だが、MiG-31に3号機があったという情報は上記のもの以外には無く、エリア88の戦いを描いた新谷かおるの漫画にも、同機は一切登場していないので、F-200の存在自体が都市伝説であるとも取れる。

特徴と性能[編集]

ステーキとドーナツばかり食べている無能な帝国主義のアメリカ軍には開発できない様々なテクノロジーを搭載していた。その性能は世界間の軍事バランスを崩すほどである。

機体構造[編集]

いつも酒ばかり飲んで働かないため、シベ〇アにある秘密研究所に数百人の科学者を閉じ込めて研究したレーダー波吸収素材(RAM)の技術により、NATOの艦船に搭載してるレーダーにはほとんど映らないほどの性能がある。 レーダー反射面積はF-22の約1/10とされる。機体の形状によってステルス性を追求する必要が無くなったため、スーパークルーズ(超音速巡航)をより低出力で実現することを重視してスマートなイカのような形状となっている。MiG-31は並の戦闘機並みの耐弾性だが、GAF-1は空対空ミサイルを立て続けに16発食らっても撃墜されなかった記録がある。

アビオニクス[編集]

操縦者の思考に反応しミサイルや機銃の発射ができる。それによって発射までのタイムラグをなくし、敵より早く撃ち落とす事ができる。ただし「ハリウッドなまりのロシア語」以外の言語では反応しない短所(場合によっては長所になりうる)がある。ロ、ロシア語で考えるんだ。 また、レーダーの検知能力は非常に高く、PAK FA程度のステルス能力の戦闘機であれば高確率(この戦いが終わったら明日、彼女にプロポーズをするんだ。と言っている死亡フラグの立った方が犠牲になる確率)で検知可能である。 MiG-31はアメリカのミサイル万能論に対抗し、ふんわりフレアを搭載。GAF-1はサンダーボール赤外線欺曝弾とアクティブ防御システム、カラーボール、弾除けのお守りも搭載。もちろんイカ墨も10リットルはくことができる。でもドラえもんの「ひらりマント」にはかなわない。

機動性と格闘能力[編集]

MiG-31はマッハ5、GAF-1はマッハ4まで出せる性能を持つ。MiG-31はやや速度に特化していたため平均的であったが、GAF-1はSu-27を遥かに超える機動性を誇り、ありとあらゆる誘導ミサイルの誘導性をなくす上に機銃をもかわす変態機動を行う事ができ、紙飛行機以上に不安定な飛行が可能である。高速性能と、その場で180度ターンできるほどの高い旋回性能を実現した。固定武装としてM61A2機関砲(弾数99999発)を装備しており、近距離の格闘能力は世界最強(ザンギエフと同じ程度)と目されている。

ミサイル (AMM)[編集]

専用ミサイルAMM(Air-to-Multitarget-Missile)が開発された。このミサイルは対空ミサイルと対地ミサイルと対艦ミサイルの全ての能力を併せ持つ欲張りなあなたを満足させるような特殊ミサイルである。これはコスト削減のため、従来は別であった各用途のミサイルの設計を統一した結果である。誘導方式はアクティブレーダー方式を採用しており、撃ちっ放し(ファイア・アンド・フォーゲット)が可能であるが、特徴の異なる航空目標・地上目標・艦船目標をどのように見分けているのかについては機密となっている。(こっくりさんで決めているというCIAの情報もある)また、GAF-1に搭載された燃料気化爆弾の一種の長距離衝撃波弾頭ミサイルもレサス共和国からの技術をもとに完成させた。

戦果[編集]

飽和攻撃能力が大いに期待されたが、132発搭載するために行ったAMMの小型化が仇となり、ミサイル燃料を充分に詰めずに射程がたったの1,500mとなってしまった。そのため、飽和攻撃を行う前に、目視で敵に発見された。 格闘能力については、現代航空戦において近距離の格闘戦が発生する余地は無く、全くの無意味に終わった。ただし、アクティブ防御システムのおかげで数10km彼方から飛んで来るミサイルを交わすまでもないことにだけは役立った。もっとも、ダメージを食らうと機能が低下する欠点が実戦で判明。操縦者は機動性をフルに使う事でミサイルをかわしたが、上記の回避機動はライバル機とも言われたノースオーシア・グランダーI.G.社のADF-01のTLSに対して無効である事が判明し次々と撃墜される事態が発生した。

MiG-31とGAF-1について、関係者の発言[編集]

「イカす機体だ。」
機体性能 について、ミッチェル・ガント
「私の提示した額を覚えているか?400億だ、400ビ・リ・オ・ン!」
GAF-1の価格 について、アンドレ・オリビエリ
「このイカ機体は最高だよ!他のどれよりも旨い速い!」
機体性能 について、トーリャ・キリアコフ
「この地上最強の武器を使ってどちらが強いのか答え合わせをしようじゃなイカ!←鬼畜レーザー兵器によりぼろ負け」
敵のADF-01と対峙したとき について、ミロシュ・スレイマニ

関連項目[編集]


Hammer and sickle.png この項目「MiG-31」はまだ書きかけということを認める。ソビエトロシアでは、この項目があなたを加筆する!! (Portal:スタブ)