Nintendo Switch

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「Nintendo Switch」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「Nintendo Switch」の項目を執筆してくれています。

Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)とは、任天堂が29,980円[1]という破格で2017年3月3日から売っている据置型ゲーム機であるが、本体はタブレットのほうである。キャッチコピーは、「いつでも、どこでも、誰とでも[2]

概要[編集]

コードネームはNX(んx)。Wii Uを少し変えた手抜き製品の様だが、レジナルド氏[誰?]は「Nintendo Switchは境界なくゲームを切り開き、ゲーマーが自分の好きなように自由にプレイすることが可能である」と紹介し、君島達己氏は「『NX』は『ニンテンドー3DS』や『Wii U』の後継機ではない」と発言し、失敗した作品との関係性を消そうとしている。

Nintendo Switch本体を『Nintendo Switchドッグ』というに差し込んでテレビに繋げるという一手間を踏まないと据置型ゲーム機として遊べない。

NintendoWare Bezel Engineという謎エンジンでソフトを開発している。

耐久性はファミコンディスクシステムレベルで、一度落とすとすぐ壊れるという風に設計されている。戦場でも生き抜いたゲームボーイとは正反対。

さらに、コントローラースティックは少し弄ると反応がおかしくなる。これは新しいコントローラーを消費者に買わせて儲ける商売なのである。

Nintendo Switchは低性能なゲーム機で、人気ゲームは簡単に落ち、簡単に最下位になることができる[3]

容量は、32GB。フォートナイトが15GB、2Kが20GBなのですぐなくなる。これもSDカードを買わせる商売なのである。

ハードウェア[編集]

本体[編集]

Nintendo-Switch-wJoyCons-BlRd-Standing-FL.jpg
Nintendo-Switch-Pro-Controller-FL.jpg

Nintendo Switchの本体とは、このタブレットの方で、ゲーム機としては珍しいタイプ。NVIDIAと任天堂が協力開発して、低性能デバイスを作ることに賛同している。

Joy-Con[編集]

Joy‐Conは『Joy‐Con(L)』と『Joy‐Con(R)』のコンビで、二人いないと活動できない。片方を手に取りみんながコンビを組み、一端末でゲームができる。

HD振動[編集]

「ブー、ブー」と大きな音をならしゲームを妨害させられる。

Nintendo Switchドッグ[編集]

テレビへの出力、体力供給が主な機能となっている。大きなで邪魔。

Nintendo Switch Proコントローラー[編集]

金に余裕があるニート向けの別売りコントローラー。

Nintendo Switch Online[編集]

オンラインサービスはバージョン4から有料になり、PlayStationXboxなどと同じく、これまでの任天堂製ゲーム機とは違い金を巻き上げることをよく考えている。本当のキャッチコピーは「月額でいつでも、月額でどこでも、月額でだれとでも」となる。

別バージョン[編集]

Nintendo Switchには、いろいろな種類がある。

Nintendo Switch[編集]

重くてすぐ壊れるタイプ。

Nintendo Switch Lite[編集]

SwitchのしょぼいVER。Switchもしょぼいので、しょぼさはお察し下さい

Nintendo Switch[編集]

Nintendo Switchの高性能版。2020年には出さなかった[4]。違いはお察し下さい。

主なソフト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ あくまでこれは税抜価格。実際は3万円を超える
  2. ^ どこかで同じようなこと言ってなかった?
  3. ^ 最適化しないゲーム企業も悪いが。
  4. ^ 買い惜しみを防ぐためだが、1年も出さなかったら買い惜しみが出るだろう。

関連項目[編集]