PC-9800シリーズ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wiki-globe.png
アンサイクロペディアの内容じゃないよう
このページの記述には事実が多いので頭の固いウィキに書くべきです。
とっととばかばかしく編集するか、こっちの方に書いてください。そうでないと誰か怒られちゃうよ。

PC-9800シリーズ(きゅうはち)とはNECが1980年代に投入した
世界初のPC(パーソナルコンピュータ)である。
同社のPC-8800シリーズの義兄弟にあたる。

ほどほどな価格設定、そこそこの性能、そして何より充実した
エロゲーのラインアップをもってパーソナルコンピュータと言える事を示し
NECの主力製品となった。

日本の伝統商法である「洗濯屋ケンちゃん」モデルのPC-88を踏襲し
これまた日本の伝統商法である「二匹めのどじょう」戦略を採択し
エロゲーマーを虜にした事は言うまでもない。
名称の由来については諸説存在するが、88のバカあたりにあやかろうと
ぞろ目である99も検討されたが、日本語的に苦しいに繋がる事から
反感を買い、二乗である9801が採択されたというのが妥当な解釈である。
マイナスの実数同士を掛け合わせるとプラスになるという
強引な説得にも聞こえるが、売れてしまえばそんな事は誰も気にしない。
ちなみに、後にPC-9821/PC98NXなど、「あの素晴らしい愛をもう一度」戦略に打って出るが
市場動向は既に移行しており、より充実したエロゲーを安価に求められる時代となっていたことも
背景となり、事実上全くの空振りに終わった。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「PC-9800シリーズ」の項目を執筆しています。

OS[編集]

計算機には基本システムが必要となるが、エロゲーマーにとってそのような事は
ささいなことにすぎない。
しかしながら、制作サイドはそれではとても困ってしまう事もありBASICが同梱された。(MS-DOSは別売)
結果5インチフロッピー(2HD)構成が標準となり1フロッピーあたり約1.2MBという
驚くべき大容量を確保する事ができるようになった。
ドライブは2機搭載されていたので同時に2.4MBにアクセスできたに留まらず
9セクタ技術という王様のアイデアのような技術がが投下された事もあり現実にアクセスできる容量は
8割る掛ける9=1.35Mとなり、結果的に下半身をごにょごにょしている最中に
ディスク交換の必要が劇的に減少したことは、全日本男性に対する大きな貢献であった。

ドッター(点描家)[編集]

現代では(2013)ではあらゆる点を数百万色を利用して描画する事が可能であるが
当時主にハードウエア的価格からそのようなことは世界最高のスーパーコンピュター作成よりも
壮大な夢に過ぎなかった。
初期モデルでは光の三原色であるR/G/Bを点灯させるかさせないかを決められるに過ぎない物であった。
当然の事ながら、それでは下半身に強力に訴える事が難しい事は明らかである。
必然的に生まれたのが点描家(ドッター)の存在である。
複数の原色を組み合わせ見かけ上滑らかに見せる事のみを目的として誕生した
職業である。そしてその手法は「タイル」と呼ばれた。
AA(アスキーアート)などより遥かに細かく、かつ敏感な部分に訴求力を持つことのできた
彼らではあった。更にそれらタイルにはある程度の規則性があったため圧縮も容易であった。
一画像は単純計算すると32kx3=96kとなりフロッピー屋しか儲からなかったはずであるが
ドッターの努力にによって一枚のフロッピーにより沢山のエロ画像を収蔵できたのである。
ただ、今更その事に触れる事にどれほどの意味があるのかは全く不明でもある。

シャベル(発声)[編集]

武田鉄矢が「しゃべるんです」と言った時、まさかPCがシャベルの代わりになると考えた
ユーザはごくまれであったろう。富士通日立よりは幾分マシかもしれないが
逆にこれによって買い替えを真剣に検討したユーザは多数存在したはずである。
いくらエロゲーに集中して不完全ではあるが音声再生に耳を傾けていても
気を抜いたとたんに武田鉄矢の顔が思い浮かんでしまう訳である。
武田鉄矢氏には何の責任も存在しないが、冠たるエロゲーマシンのCMに起用する事はあるまい。
この失敗に乗じてこれまで参画したがっていた国内大手各社が
どじょうすくいに精を出す事になる。
結果的にNEC含め全社負ける引き金となったとも言えよう。

刑事事件[編集]

そのような素性の真のPC(パーソナルコンピュータ)であったため、刑事事件がいくとなく発生した。
特に、あんぽんたん中学生が万引きしたそれは公安主導で規制の強化がなされ、
現在店頭に並ぶエロゲーには公安の認定シールが貼られる事となった。
当然のことながら開発会社側のコメントは神妙な物であったが
我が意を得たりとし、その後の原動力となったと考えられる。

その後[編集]

PC-98シリーズの名称はその後ノート等にも引き継がれたが、その後DOSに窓の着ぐるみを
着せさせて大成功を納めたMS-Windowsの敵ではなかった。生産終了年は2003年である。
しかしながら大量に売れてしまった上にIBM-PCとの非互換性という負の遺産を未だ抱えており、
オフコン・工場等で未だ現役稼働していると言う非情にアンビバレントな状況を作り出している。
NECによる公式なサポートは無いものの稼働させ続けるため最低限必要となる電池の需要が
逼迫しているのは主にそれらが原因と見られている。
エロゲー機として購入した訳でないその他顧客の根本救済措置は未だ取られていないが、
そのような大人の都合はままある事なので気にしてはいけない。
Windows上で動作する仮想PC-98というのも存在するそうではあるが
そもそもIBM-DOS非互換のPC-98DOSを動かそうと言う
努力賞レベルの物であるそうなので、事情を察してあげるのが大人の配慮と言う物である。


NOW LOADING .... Loading bar blue.gif
PC-9800シリーズの執筆者をロード中です。しばらくお待ちください。
待ちきれない場合は自分で執筆してください。 (Portal:スタブ)