Princess Holiday 〜転がるりんご亭千夜一夜〜

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

Princess Holiday 〜転がるりんご亭千夜一夜〜(プリホリ-アラビアンナイト)とは、オーガストが地球の将来の危うさに気付いて世界の人々に将来を真面目に考えてくれるようにとのことで作られたエロゲーである。視覚文化を支える要素である萌え幼馴染特殊相対性理論超光速航法などそこらへんのガキンチョには理解できない高度な論理に基づいて体系化した物語でもあり、何故かプレイしてしまった厨房には酷評されているが成人には高く評価されているという珍しいゲームである。

概要[編集]

このゲームはオーガストのゲームである。前作バイナリィ・ポットが駄作でどうしようもないエロゲーになってしまったのでスタッフが一奮起し、オーガストが一躍日本を代表するエロゲ会社になるための礎を築き上げた。

あらすじ[編集]

人類は原爆などを使った世界的な戦争に陥った挙句石油を掘り尽し、文化は著しく衰退して西暦0年ごろのイエス・キリストが生まれた頃のような状態になってしまっていた。そんな中一つの都道府県であるシンフォニア王国(人口5万人)に住んでいた主人公はNEET生活から脱出するため放浪の旅に出て、帰ってきてみると周りのおにゃのこがいろいろと成長していてアーン♥♥な関係になるという話である。余談だが魔法使いが存在していることから、D.C.II 〜ダ・カーポII〜より後のことは確実で、2060年以降の話と思われる。

登場人物[編集]

メインな方々[編集]

野外エッチ中の主人公(右)。
クリフ・クラウド
主人公。NEET生活から抜け出すためにリュートを抱えて世界を旅していた。現在は「転がるりんご亭」でお仕事中。誰かと結婚したわけではないだろうが、左手に指輪が付いていて、取れない。一時期は土木工事もやっていたようで、屋根の修理はお茶の子さいさい。何故か時間をかけているが、単純に怠慢なだけだと思われる。剣術が長けていたがお気に入りの剣をドブに落として無くしてしまって嫌気がさしたので今は剣を捨てている。野外プレイが好みの模様。マジになると光の速さで移動できる。
レティシア・ラ・ミュウ・シンフォニア(レティシア・アップル)声優:鳥居花音
おそらくメインヒロイン。レティシア・アップルという名前は偽名で、近くに捨てられていたアップルコンピュータから。シンフォニア王国のお姫様だが何故か逃亡した。城の中ではぴー等が行われていたことに嫌気がさした模様。一応言っておくが当の本人は一応お姫様なのでレイプされていたわけではない。一説には城に響く喘ぎ声がなんだかわからず、怖くなって脱出したとも。社会勉強という口実のもと主人公と一つになるために「転がるりんご亭」に住み込みで働いている。
シルフィ・クラウド
主人公の一つ下の妹。義妹だと思っていてアーン♥♥したら実妹だと知り絶望する。実家である教会の見習いシスターで、両親が布教という名の二人仲良く淫乱旅に出てしまったので現在は一人で教会を切り盛りしている。信仰深い。オウム真理教じゃないようなので一安心である。かなりクリフを慕っているので、気は昔からあったのだろう。酒は飲めるから登場人物は18歳以上にも見えるが、文化が衰退して18歳以下は酒を飲めないなどという法律など存在しないため、実際のところよくわからない。お察し下さい
エレノア・フォートワース
林檎姫を護衛する王宮騎士。クリフとシルフィとは幼馴染。剣術の腕は一級品だが、料理の腕はお察し下さい。実家が仕立て屋と言うところから裁縫が上手で、裁縫道具で幾度となく主人公に攻撃する危険な女。いつも鎧を着けていることから鎧マニアと思われる。
レイチェル・ハーベスト 声優:北都南
酒場「転がるりんご亭」の看板娘。先祖代々万引き常習犯で、グッチなどの高級ブランド品をよく狙っている。使わないので結局道端に捨てている。不法投棄の常習犯でもある。貴族や王家というものが大嫌いだがツンデレという噂も。レティシアとうまくやっているから結構ありえる。大雑把な性格で、主人公を痛めつけることに生き甲斐を感じている。相当のSなのは間違いない。そのSっぷりは常連客からも人気であり、脚で踏みつけられたいと思っている客も多い。たまにメガネっ娘に変身する。歌は相当音痴で、主人公が死に掛けた。酒の飲みすぎで脳が若干やられているのが原因。
ラピス・メルクリウス・フレイア
エロゲに定番の魔女っ娘。年を取らないのもまた定番。雷を落としたり空を飛んだりできる。芳乃さくらの進化系。人間観察が趣味で湖で毎日行っている。猫のピアと一緒に暮らしていることから魔女っ娘に猫や犬は必需らしい。実はピアがラピスを操っている黒幕。色恋沙汰には疎く、知識はあるものの遠出はしたことがなく経験不足。いろいろと。ボートで遠出したときはあまりの衝撃に気絶した。ラピスたんというあだ名が定着していることからこの時代、萌え文化は一般大衆化している模様。
ディアナ・ペシュカ・ホリー・エリンギ
エリンギが好物。影が薄すぎるキャラ。アマチュア哲学者。コンシューマ版より攻略可能となった。

サブな方々[編集]

ウェン・モーガン
主人公の相棒。ウホッな関係なのかもしれない。曲芸商法を商売の頂点と見ているらしく、せこい商売や胡散臭い商売ばかりしている。
ハワード・ハーベス
「転がるりんご亭」のマスターでレイチェルの父親。エロゲ定番の奥さんは5年前に他界している設定。昔は優秀な剣士だったため、ガキンチョの頃のエレノアとクリフに剣術を教えていた。そのためクリフからは一応師匠と呼ばれている。
ウォーゼル・ハイゼン・ド・シンフォニア
シンフォニア王国の王様。かなりのイイ男。娘と同じく城を抜け出すのが趣味。なので妻は平民。あまりにも王様っぽくないので影武者との説も。
マトナゥ・ダダ・マッシュルーム
貴族だが、典型的なヘタレ。マジックマッシュルームが好きとの話も。顔が既に死んでいる。
シャドームーン
王都シンフォニアに出没する義賊。ブランド品ばかりを狙う。貧困層に配っている(というか捨てている)ので人気がある。女性らしいが、詳しいことはわからない。ムーンライトながらとの関係は…あるのかもしれない。

難解なシナリオ[編集]

このゲームには先述した通り特殊相対性理論など大人の話が多数関わってくる。そのくせ何にも説明や解説がないので青い方々や勉強をろくにしていない人にはまるで理解できない。エロゲもある程度の知識が必要である。

いくつかの疑問点[編集]

いくつか、説明が難しい設定がある。結局のところ大人の事情であり誰も気にしないことであるが、一応載せておく。

  • 西暦0年とほぼ同等の技術しかないのにアイスが売っている。 - 2060年以降なのだから、何かしらの技術があるのだろう。
  • 服にゴムが使われているのに大人向けのゴムが無い - コンドームは文化の衰退と共に忘れ去られたものと思われる。

将来への風刺[編集]

このゲームは世界に対して将来の危険性を警告するのが目的である。原爆戦争によって世界がどうなるのか、石油の掘りすぎでどうなるのかということを警告している。

関連項目[編集]


Ronjeremy mario.jpg このゲーム「Princess Holiday 〜転がるりんご亭千夜一夜〜」には、致命的なバグ・不具合が含まれています。このままでは発売できませんし、仮に発売しても非難の嵐となるでしょう。発売を延期してでもデバッグに参加して下さる開発者を求めています。 (Portal:スタブ)