Qキー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情メロンパンが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。

Qキーとは、キーボードの中で、最も仕事をしていないとされる文字キー[1]である。そのせいか、Qキーはあったところで誰も気にしないキーの一つとなっている。気にするのはこの記事を見ているあなた位だろう。

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「Qキー」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「キーボード (コンピュータ)」の項目を執筆しています。

日本語での使用[編集]

日常生活はおろか、職場でさえもQキーを使うことは極めて稀である。「クェ」という本来外来語にのみ用いられる表記は、森永製菓社内などの限られた場所でのみで、用いられていると言える。ペコちゃんハウスとかでは絶対に使われない。

アルファベットでの表記の場合は?[編集]

日本語表記に比べれば、まだ使われる方だろう。例えばクイズ番組では「Q.」という文字がよく出る。最近ではエヴァンゲリオンの劇場版か。

しかし、辞書を引けば分かるが「Q」という文字が使われる英単語はほかの文字に比べると圧倒的に少ない[2]。やはり、多用はされないキーだろう。

その他の使用方法[編集]

Windowsのショートカットも殆どなく、Ctrl+Qでクイックタブが使用できる位である。しかし、そんな機能は誰も気にしないと思われる。

他にも、くぁwせdrftgyふじこlp等の断末魔に使う事が出来るが、そんなのあまり関係ない。

これからのQキーに対する使用の改善[編集]

表題のようなことを考えても、真剣に考えるのは栗まんじゅう問題と同じぐらい無駄だろう。そんなことを考えていないで、さっさと早く寝なさい。

絶対に使い道が無いと言い切るのならQキーを壊してしまいなさい。

脚注[編集]

  1. ^ そういえば「X」や「L」キーも使わない。しかしこれらは小文字表記には使われるので、やはりQキーにはかなわない、と言える。
  2. ^ これを見ればよく理解出来るだろう。

関連項目[編集]


この項目「Qキー」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)