R134

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

R134とは、アメリカ合衆国ジャパン州シモノセキシティに実在する、アメリカ合衆国軍の領空である。

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「R134」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。
ナゾの空域R134

概要[編集]

R134とは、1960年美しい国アイゼンハワー大統領と、当時のジャパン州総督岸信介の間で取り決められた、ジャパン州を米国の一部とこっそりあつかってやってもいいよ条約の締結の裏で、こっそりアメリカ合衆国に永久譲渡されていた、アメリカ合衆国軍専用飛行空域である。

その存在は秘密裏に処理されてきたが、アメリカ合衆国軍が島根のとある島を実効支配している韓国だの沖縄県石垣市のとある島を自国の領土と主張する中国だの、はたまた将軍様のミサイルぶっぱなす国の核開発疑惑などに乗じて、ジャパン州内でへんな航空機を飛ばして威嚇してやるからねっ と、奇妙な飛行物体カミカゼ式自爆テロ実験2012年9月21日から訓練飛行させて、突然公の注目を集めた。住んでいる当の下関市民ですら存在を知らずにびっくり。下関市長も知らないとか?下関出身の安倍晋三氏も知らなかったとか?

しかしその後はCIAの秘密工作員により、マスコミへの緘口令が敷かれ、いっさいの報道から姿を消してしまい、忘れ去られたふりをされている哀れな空域でもある。

このことにより、シモノセキシティは日本国内ではなく影で日本を支配している彼の国領土であることが判明。以降シモノセキシチズンは、アメリカ合衆国への移民手続きを順次行っている。

影響[編集]

下関市アメリカ合衆国併合により、多大な問題が起こると予想されるが、安倍信三氏の地元であること以外に、下関市自体にたいした存在意義が見出せないため、誰も気にしない。 下関市民は合衆国への併合にも、元々右よりで好戦的な土地柄なのでウェルカムである。

しかしこのことにより、「それでなくても高くて食べれないフグに関税がかかるかもしれない」とのデマが飛び交い、フグの取引価格の高騰を招いた。 2013年初せりのフグの価格は1キロ当たり1万8千円と例年より約4千円高を記録。アベノミクス効果と相まって、さらなる高騰が予想され、株よりフグのほうが利益があがると、先物取引の対象となった。

連携[編集]

自衛隊との連携[編集]

この空域の下の海域は、海上自衛隊佐世保地方隊下関基地隊および第43掃海隊のナワバリであり、本来なら日本固有の領海であるが、R134を米軍機が飛行する時は、特にオスプレイが飛行する時は、墜落の危険を早期に察知する海上の警備にあたり、米軍機を支援するが、米軍からの情報が全く皆無であるため、自衛隊はただただ右往左往するだけで、全く役立たずである。その割りに自衛隊の情報は簡単に米軍に漏洩するのが不思議である。

また、海上自衛隊小月航空基地隊の航空機が、同空域を米軍とシェアしているが、米軍機が飛行している間は、小月航空基地隊員は自室に篭ってエロ本を読むレーダーで後方支援をする。けして自室でオナニーなどしてませんっ。ほ、ほんとだからねっ!

海上保安庁との連携[編集]

この空域の下の海上は第七管区海上保安庁門司海上保安部下関海上保安署と警備救難課先崎海上保安部の担当する、本来なら日本固有の領海であるが、R134を米軍機が飛行する時は、特にオスプレイが飛行する時は、墜落の危険を早期に察知する海上の警備にあたり、米軍機を支援するが、米軍からの情報が全く皆無であるため、巡視艇はただただ右往左往するだけで、全く役立たずである。その割りに海上保安庁の情報は簡単に米軍に漏洩するのが不思議である。


北朝鮮との連携[編集]

この空域の下の海上は、伝統的に北朝鮮の実効支配を受けており、ハングルの表記された潜航艇がたびたび目撃されており、拉致密入国の重要拠点である。しかし将軍様の国は、ありがたくも近くにある海上自衛隊佐世保地方隊下関基地隊と、この海域をシェアして下さっている。漂流しているものは全てハングル表記であり、R134沿岸地域では多量の北朝鮮ごみが流れ着く。

自衛隊海上保安庁米軍北朝鮮特殊部隊が同時に作戦行動を展開しているわけであり、ある意味一触即発の状態が常態化している危険海域であるが、そもそも好戦的なシモノセキシチズンは誰も気にしない。というかむしろ楽しんでいる。

その他の米軍訓練空域[編集]

R134という名前から想像するに、日本海もしくは日本海+東シナ海、さらにひろげて日本領空内に、最低限A~R×134以上の、類似した訓練飛行域が存在する可能性があることが判明。「そんなこと聞いてない」と、ジャパン州一般市民の暴動を引き起こす可能性を持つほどの事態であったが、CIAの秘密工作および日本国政府の報道規制により、その可能性を指摘するものは中央情報局に粛清されて死ね!全く皆無である。

しかしオスプレイの自爆攻撃訓練飛行計画によると、日本中になんだか名前も知らない訓練飛行が可能らしい場所がある様子である。日本で最初に空域の名前を教えてくださったアメリカ合衆国様様にお礼を申し上げるべきとも言える。

今後は米軍は順次訓練飛行域をオスプレイの飛行と同時に公表し、現在日本だと勘違いしている地域を、アメリカ合衆国に編入していく予定である。

関連項目[編集]