Swift

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「Swift (プログラミング言語)」の項目を執筆しています。

Swiftとは、林檎製のオブジェクトである。

特徴[編集]

Cより実行が遅く[1]、コードはCほどではないが長いことを特徴とする。また、モダンと言われているが、一見したモダン感はswiftより古いはずのRubyの方が強い。ではどこがモダンなのかというと、プログラム内で感情表現をすることを可能にした点である。特に、競プロなどにおいては感嘆符(!)を多用することによって競技への熱意を示すことができ[2]、また利用者に入力を要求するときなどには疑問符(?)を用いて遠慮がちであることを示すことができる。 また、型の多様性に富んでおり、型変換を異常なほどに多用する必要があることも重要な特徴である。

「オブジェクトである」とはどういうことか[編集]

Swiftは発表される時に「C言語の荷物のないObjective-C」と言われている。よってswiftはObjective-CからCを取り除いたものであるため、「objective」である。それはつまり「オブジェクトのようなもの」ということなのでswiftとはオブジェクトである。

サンプルコード[編集]

標準入力からスペース区切りで2つ数字を取得し足して出力する[編集]

swiftの特徴がよく現われる問題である。

let a=(readLine())! //readLineはOptionalstring型、aはString型であり、すでに型変換が行われている。
let b=a.split(separator:" ") //bは[Substring]型である。[String]型ではないので注意。
print(Int(String(b[0]))!+Int(String(b[1]))!) //Substring型からString型→Optionalint型→Int型として計算。

さらにprint関数は自動でString型に変えるため、7回型を変えている。また、!は3回つかわれている。なおこのコードは全く冗長にはしていない、ごく普通なコードである。

脚注[編集]

  1. ^ Wikipediaを見ると、「モダン、安全、高速、インタラクティブ」と書いてあるものの高速についてはスルーされている。Wikipediaがそのような対応をとるほどであるからよっぽどである。
  2. ^ しかしAndroid製のKotlinの方がその傾向も強く、こうなってくると本当にSwiftは不要である。


Ipodsazae.gif この記事は林檎教信者による林檎の齧りかけです。よりエレガントな齧り痕にするためにもっと齧ってください。あなたの歯が秀逸な記事を生み出します。 (Portal:スタブ)