THE 鑑識官

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

THE 鑑識官』(ざ・かんしきかん)はD3パブリッシャーより発売されたSIMPLEシリーズのアドベンチャーゲームである。同社が販売する安価で良質なゲームとして人気がある。同じSIMPLEシリーズから発売されたゲーム『THE 推理』は、本ゲームと世界観を共有する設定となっており、一部キャラクターは両ゲームに登場している。一作目はプレイステーション2用ソフトとして、続編はニンテンドーDS用ソフトとして発売された。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「THE 鑑識官」の項目を執筆しています。

安くて面白いぜ~ [編集]

SIMPLEシリーズの特徴であるおもろくて安いのコンセプトは本ゲームでも健在である。主人公である女性鑑識員が事件現場に赴き、適当にウロウロしているとなぜか証拠品と出くわし、それらを鑑識本部に持ち帰り各々の証拠品を各々の担当者に鑑定させるというのがゲームの基本的な流れである。つまり、この主人公は鑑識員を自称しながら、実は自分では何も鑑識していないようにも見えるが、それは錯覚である。またこのゲームに登場する犯人は基本的にずぼらな者が多く、素人同然の鑑識員に易々と発見されるような証拠品を数多く残してしまうのである。誰が見ても見つかったらまずいモノを全く隠そうともせず、堂々と現場に置きっぱにしている。そんな長閑な犯罪者ばかりなのである。 また、ゲームの都合上、主人公は鑑識員の職分をはるかに超えた行為、シナリオによっては刑事のように捜査することもあるが、別に気にしないでほしい。どーせゲームの話なんだから。

THE豪華な声優?[編集]

なんか安い製作費の割には良い声優使ってるじゃん…とおもったが、ほとんど知らないような声優も混じっている。異常にランクに開きがあるように思えるのは何故だ?と思った暇人が調べたところ、すべての声優が同じ事務所に所属していることが判明した(ゲーム制作時)。つまり、大人の事情というやつである。でも、平均的に見ていい声優である。でも、あの人を猫にする必要があるのか? 

登場人物[編集]

  • 江波識子
主人公である女性鑑識員。至極真面目な鑑識員であり、美人女性キャラでありながら清々しいほどお色気シーンは全くない。でも人気がある。おそらく普段身につけている鑑識員の制服がゲームでは珍しく、所謂制服マニアの人気が高いのであろう。お色気シーンが見たければこのゲームを扱った同人誌に期待のこと。声の担当は木村亜希子
  • 江波査之介
主人公にとりついた幽霊。主人公の先祖に当たる。生前は江戸時代の同心。幽霊なので人間の目には映らないはずだが、主人公だけには見えるし、声も聞こえる。主人公の捜査のアシストをする。特に書いてて面白いネタが浮かばなかった。声は誰でもいいじゃん!
  • 鑑太
なぜか江波一族にまとわりつく猫。ものすごく長命ですでに妖怪化している。人語を解し人と会話ができる。神秘的な存在で不思議な能力で主人公の捜査を助ける。でもって、声の担当は大原めぐみである。それがすべてである。
  • 指宿シモーヌ
指紋の分析を得意とするスタイル抜群の女性。お色気満点のキャラだがお色気シーンは皆無。頑なな製作者の良心が恨めしい。フランス人・タイ人・日本人の先祖をもつ。同人作家の良い仕事に期待したい。声の担当は鈴木菜穂子
  • 江波徹子
南東京市警察署の所長で主人公江波識子の叔母にあたる妙齢の女性。『THE 推理』にも登場した。極一部にいる妙齢好きに人気があり、本ゲームに登場したエプロン姿は大評判となった。ぜひ同人誌でものすごいことになってほしい。声の担当は斎賀みつきではないらしい。
  • 寒川怜
江波徹子の部下で敏腕女性刑事。スタイル抜群。なんか主人公に協力して事件捜査をしているがそんなことはどうでもいい。もちろんお色気シーンは登場せず、いつもお固い服装。だが、それがいい。同人誌ではエライことになってほしいのだが…。声の担当は誰だっけ?
  • その他有象無象の輩
枯れ木も山の賑わいとばかりに色々出ているが、どうでもいい。どうしても知りたければゲームをやっとくれ。

関連項目[編集]